東京の庭園9選!都心で森林浴が楽しめる、意外と知られていない東京の庭園の魅力を紹介

  • 1564 |

みなさんは東京にある庭園へ足を運んだことはありますか?東京には、歴史的価値の高い庭園が多くあります。どの庭園も都会の喧騒を忘れて癒されることができる緑豊かな庭園ばかり。特に「新宿御苑」では、その立地から考えつかないほど穏やかな時間が流れています。そのほかにも、江戸の二大庭園と称されていた「六義園」や「小石川後楽園」など、一歩足を踏み入れれば東京にいることを忘れてしまうかのような落ち着いた時間を過ごせる庭園ばかりです。ここでは、東京の庭園についてご紹介します。

新宿御苑

Taichiro Ueki

新宿駅から徒歩10分ほどの場所にある、都会のオアシス「新宿御苑」。広大な敷地を有しており、春には1,100本の桜が咲き乱れ、夏には美しい緑、秋には紅葉など、四季を通して自然の織りなす美しい色彩が堪能できます。新宿にありながら、静かでゆったりとした時間が流れる新宿御苑で、都会の喧騒を忘れてみてはいかがですか。

六義園

T M

東京都文京にある六義園は、江戸時代に小石川後楽園と共に江戸の二大庭園と称されていました。都内随一の紅葉名所として知られており、その美しさをひと目見ようと毎年秋になると多くの人が訪れます。そのほか紫陽花や桜も有名で、四季折々の美しい表情が見られる庭園です。

小石川後楽園

hiroaki maeda

東京都文京区にある小石川後楽園は、同じく文京区の六義園とともに江戸の二大庭園に数えられていた都立庭園です。国の特別史跡及び特別名勝に指定されているこの美しい庭園は、築山泉水回遊式の日本庭園となっています。園内には四季折々の花が咲き、都会の真ん中にいながらも、静かで穏やかな時間が流れています。東京都内屈指のパワースポットとしても人気で、通年多くの人が訪れる癒やしの庭園です。

旧古河庭園

Takayuki Miki (三木貴幸)

旧古河庭園は、東京都北区にある都立公園です。園内には見事な西洋庭園と日本庭園があり、その庭園の美しさは国内屈指ともいわれています。特に、日本庭園には水を使わずに山水の景観を表現した枯滝や、10数mの高さから水が落ちている大滝、緑に囲まれた茶室などがあり、見事な風情を演出しています。都心にいながらも山の中にいるかのような気分が味わえる見事な日本庭園と、異国情緒溢れる西洋庭園を、どちらも体感できる旧古河庭園は都内屈指の庭園です。

清澄庭園

Jacob Ehnmark

東京都江東区にある「清澄庭園」は、泉水や築山、枯山水などを主体とした「回遊式林泉庭園」です。この庭園の要とも言える池には、水辺に建てられた数寄屋造りの建物や樹々が姿を映し、美麗な景色を作り上げています。そのほかにも、区立図書館や公園広場、児童公園なども併設されている、癒やしと憩いの庭園です。

皇居東御苑

Toshihiro Gamo

皇居の東側に位置する「皇居東御苑」は、広さ21ヘクタールを誇る広大な庭園です。苑内には、約280本の桜があり、春になると一斉に美しい花を咲かせます。そのほかにも、「旧江戸城天守台跡」や検問所として使われていた「百人番所」などの貴重な史跡などがあるため、国内外から連日多くの観光客が訪れるスポットです。

浜離宮恩賜庭園

hiyang.on.flickr

東京都中央区にある「浜離宮恩賜庭園」は、都内で唯一海水から水をひく海水の池「潮入りの池」がある庭園です。園内には、春になるとナノハナが美しい花を咲かせる花畑や、800株の牡丹が花を咲かせるボタン園があります。そのほか、土曜・日曜・祝日にはボランティアによる無料の庭園ガイドが開催されており、浜離宮恩賜庭園について詳しく学ぶことができます。

旧芝離宮恩賜庭園

Zengame

東京都港区にある「旧芝離宮恩賜庭園」は、江戸初期に大名庭園といわれた庭園のひとつです。園内の庭園様式は回遊式泉水庭園となっています。特に雄大な池と名石で作られた数々の石組みが特徴的です。主な見どころとしては、4月になると一斉に花をつける「藤棚」や、砂浜を模して作られた「州浜」、石組みによって水が流れる滝を表現した「枯滝」、小田原から運び入れられたとされる火山石などで形成された山「根布川山」など。都会に居ながらにして自然を感じる事ができる魅力的な庭園です。

旧安田庭園

Takayuki Miki (三木貴幸)

旧安田庭園は、両国国技館のすぐ側にある大名庭園の一つです。現在は庭園の中からスカイツリーを臨むことができるスポットとして人気になりました。日本庭園の緑豊かな小道を散策し、鳥のさえずりを聞くのも醍醐味のひとつです。

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ