北海道で絶景を楽しめる湖15選!北海道観光に外せない絶景の湖を最寄空港別にまとめました

  • 3468 |

北海道でオススメの湖を厳選してご紹介します。
北海道といえば、自然が生み出す絶景の宝庫。特に広大な大地の中で生み出された湖は、北海道ならではの大パノラマの絶景を楽しむことができます。
全国的にも有名な湖が数多くある北海道には、「霧の摩周湖」と歌になるほど有名な「摩周湖」、特別天然記念物のマリモが生息する「阿寒湖」、知床八景の一つに数えられる「知床五湖」、幻想的だとして近年注目度が急上昇中の「神の子池」などがあります。
雄大な自然が広がる北海道の湖を、アクセスが良い最寄空港別にご紹介します。

札幌からのアクセス抜群!新千歳空港から行ける湖5選!

新千歳空港から行けるオススメの湖を5つ紹介します。道央エリアといわれるこの辺りには、バードウォッチングが人気のウトナイ湖や、神秘的な景観に目を奪われてしまう神仙沼など、素晴らしい湖がたくさんあります。また札幌へのアクセスも良いので、自然と街、両方楽しんでみるのもオススメです。

洞爺湖

acidlemon

昭和新山、有珠山から近い洞爺湖。火山が多いことで温泉が多く、洞爺湖畔周辺には温泉街が立ち並びます。夏場には、湖内から打ち上げられる水上花火を温泉につかりながら観賞することができます。
桟橋からは遊覧船が運航しており、中央に浮かぶ中島は、エゾシカが生息している人気スポットとなっています。

支笏湖

Hiroyuki Takeda

激しい火山活動により約4万年前に誕生した支笏湖は、全国でも有数の透明度を誇る湖です。湖畔には、湖を楽しみながら宿泊できる施設が点在するほか、支笏湖ビジターセンターといった、湖周辺の自然を紹介する施設もあります。また冬には、ライトアップされた氷像が立ち並ぶ「氷濤祭り」が開催され、幻想的な雰囲気を見に多くの観光客が足を運ぶ人気のスポットです。

ウトナイ湖

nimame

ウトナイ湖は動植物の宝庫で、野鳥の楽園ともいわれおり、これまでに250種を超える鳥類が確認されています。バードウオッチングや自然散策などが人気のスポットで、自然や野鳥とのふれあいがしたい方にはオススメの湖です。

倶多楽湖

http://blogs.yahoo.co.jp/​

倶多楽湖は、全国の湖泉で水質NO.1になったことがあるほど、水が美しいことで知られている湖。国内でもトップクラスの透明度を誇り、その吸い込まれそうなほど美しい湖には多くのファンがいます。期間限定でボートの貸し出しをしており、釣りを楽しむことができます。周辺には登別温泉街があるので、湖を観光した後は温泉に立ち寄ってみるのもおすすめです。

神仙沼

http://ramblingonmyhokkaido.blog112.fc2.com/​

神々や仙人の住むような沼だということからその名がつけられたと伝わる「神仙沼」。岸辺には水草が茂り、水面には周囲を囲むアカエゾマツが写りこみます。自然の中で静寂に包まれたその景観は、名前のとおり神秘的です。洞爺湖の周辺に位置する人気の観光スポットで、紅葉の季節にはハイキングを楽しむ人達で賑わいま

流氷の街網走へ!女満別空港から行けるオススメの湖7選!

女満別空港から行けるオススメの湖を7つご紹介します。道東エリアといわれるこの辺りには、「霧の摩周湖」でおなじみの摩周湖や、幻想的な景観が人気の神の子池、知床八景の一つである知床五湖など、有名な湖が盛りだくさん!網走市内へのアクセスも良いので、冬に訪れた際には、ワカサギ釣りや流氷観光など、網走を楽しんでみるのもオススメです。

摩周湖

Tzuhsun Hsu

世界でも有数の透明度を誇り、コバルトブルーの湖面が美しい摩周湖。摩周湖周辺は特殊な気象環境であることが知られ、霧に包まれた神秘的な姿が有名です。また、摩周湖には摩周第一、第三、裏摩周展望台、3つの展望台があります。それぞれの展望台から望むことができる別々の摩周湖の表情は、どれもとても美しいと評判です。湖内に唯一浮かぶカムイシュ島は、アイヌ語で「神となった老婆」という意味をもち、湖の見所の1つとなっています。

神の子池

Tzuhsun Hsu

原生林に囲まれ、ひっそりとたたずむ神の子池。コバルトブルーの池の底では、地上からでも分かるくらいに大量の湧水が吹き出しています。
青い水の中には、化石のように倒木が沈んでいます。水の中でも長い間腐らずいる倒木は、何ともいえない不思議な美しさを放ちます。そのような、幻想的な景観を見に訪れる観光客は年々増え、近年では北海道内でも注目されるスポットの1つです。

サロマ湖

http://blogs.yahoo.co.jp/​

琵琶湖、霞ヶ浦につぎ日本で3番目の大きさを誇るサロマ湖。北海道内で最も大きな湖です。
その美しさから「サロマンブルー」と呼ばれ、訪れる人々を魅了してやみません。また、観光でぜひ足を運びたいのが「サロマ湖展望台」。サロマ湖、オホーツク海、知床半島までを見渡すことができます。北海道でも滅多に見られないような大パノラマの景色を見ることができるサロマ湖は、道東エリアでも屈指の人気観光スポットです。

屈斜路湖

Tzuhsun Hsu

屈斜路湖はカルデラ湖としては日本最大、世界でも有数の規模を誇ります。夏場は、ヨットやウィンドサーフィンなどのウォータースポーツも盛んで、リゾート地としても賑わいます。それに対し冬場は全面凍結しますが、毎年400~500羽もの白鳥が休息地として訪れます。野鳥の姿を間近に見ることができる愛鳥家に人気のある湖です。
美幌峠から見下ろす屈斜路湖は息を呑むほどの美しいと評判です。

知床五湖

Tzuhsun Hsu

知床五湖は5つの湖から構成されており、知床八景の一つにも数えられる程の有名な観光地です。知床連山や、豊かな原生林を水面に写す様は、見た人の心を離さないほどの絶景といえます。また多くの動植物たちを観察できるほか、展望台からは第一湖と知床連山の大パノラマが見渡せ、北海道の雄大な自然を堪能できるでしょう。

網走湖

Hajime NAKANO

自然豊かな網走湖は、湖岸一帯にハンノキ、ヤチダモ、ミズナラなどの天然の広葉樹が茂り、春には湿地帯で、ミズバショウの群落が顔をのぞかせます。対して冬は全面結氷し、ワカサギ釣りの釣り人で賑わうほか、周辺にはかの有名な「網走刑務所」や、流氷観光船があったりと、オススメスポットが盛りだくさんです。

能取湖

http://blog.goo.ne.jp/​

能取湖は、北海道網走市にある湖です。サンゴ草の群生地として有名で、9月中旬から10月上旬頃まで、赤色に埋め尽くされるアッケシソウを楽しむことが出来ます。湖畔では、潮干狩りをすることもでき、自然のままの真っ赤な絨毯と、水面に映し出される美しい秋の空は圧巻です。

釧路湿原の絶景もあわせて見たい!釧路空港から行ける湖2選

釧路空港から行けるオススメの湖を2つご紹介します。特別天然記念物のマリモが生息する阿寒湖や、北海道三大秘湖の一つとされるオンネトーなど、興味深い湖が多いこのエリア。周辺には温泉街があり、湖を観光した後で気軽に立ち寄れるのも嬉しいポイントとなっています。また釧路空港からは、日本最大の湿原である釧路湿原へのアクセスも良く、自然の雄大さを肌で感じられるのもオススメです。

阿寒湖

Dick Thomas Johnson

特別天然記念物のマリモで有名な阿寒湖は、深い原生林に囲まれた美しいカルデラ湖です。数々のアイヌの伝説の舞台として知られ、アイヌの文化を知ることができるアイヌコタンには大勢の観光客が訪れています。湖畔には雄大な自然を望む温泉宿があるので、泊まりがけでゆったりと阿寒湖観光を楽しむのもおすすめです。冬には、全面結氷した氷上で行う、釣りやスノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、阿寒湖氷上フェスティバル・冬華火などのイベントも開催されます。

オンネトー

houroumono

オンネトーはオコタンペ湖、東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つとされ、湖面は時間、季節により刻々と色を変えることから「五色沼」の別名もあります。天気の良い日には、雌阿寒岳と雄阿寒岳両方を見ることができ、周辺にはオンネトーの滝、雌阿寒温泉郷があったりと、阿寒周辺観光では外せないスポットとなっています。


北海道の大自然を堪能!とかち帯広空港から行くオススメの湖!

とかち帯広空港から行けるオススメの湖、然別湖をご紹介します。然別湖は大雪山国立公園内に位置し、ミヤベイワナが生息するなど、大自然が多く残っている人気の湖です。とかち帯広空港からのアクセスも良く、道中には大雪山系の山々を一望できる十勝牧場があったり、朝ドラ「マッサン」の冒頭シーンでも使用された白樺並木があったりと、人気の観光スポットがいっぱいです。

然別湖

houroumono

然別湖は大雪山国立公園内位置し、北海道では最も標高の高い場所にある湖です。周囲は13.8km、最大深度は108mであり冬季間は結氷します。湖には、「弁天島」と呼ばれる小さな鳥居が立つ島があり、原始林が生い茂る山々に囲まれ、ミヤベイワナが生息するなど、大自然が多く残っている湖です。

ページTOPへ

「北海道」周辺の関連記事

このページのTOPへ