糸魚川 観光情報まとめ!行く前に知っておきたい情報を徹底紹介

  • 2580 |

糸魚川の観光情報をまとめてご紹介します。日本初の「ユネスコ世界ジオパーク」認定の「糸魚川ジオパーク」など、荘厳な自然の絶景を始めとして、グルメ、お祭り、宿、お土産情報など、糸魚川観光を観光する前に知っておきたい情報が盛りだくさん!糸魚川観光の前にぜひチェックしてみてください!

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会

まずは糸魚川について知ろう!

糸魚川ってどんなとこ?

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

糸魚川市は、新潟県の最北端に位置する町です。日本海に面していて、数多くの絶景スポットを有することでも知られています。また糸魚川の魅力はそれだけではありません。日本で初めて「ユネスコ世界ジオパーク」に認められた「糸魚川ジオパーク」も、ここ糸魚川市にあります。糸魚川にしかない、貴重な自然に触れながら観光を楽しむことができます。

ジオパークとは?

ジオパークとは、その地域の自然や文化や、その地域にしかない貴重な地質を守ることを目的として作られた仕組み。その地域の魅力を保存し、そして多くの人の知って訪れてもらうことを目的としていて、国際的な機関によって認定されます。2015年時点で世界中の120ヶ所、日本では8ヶ所がジオパーク認定地域となっています。

糸魚川ジオパークの見どころとは?

日本で最初に世界ジオパークに認定された糸魚川ジオパーク。糸魚川市内にある24ヶ所のジオサイトによって形成されています。糸魚川海岸に打ち上げられる翡翠に関するジオサイト、フォッサマグナに関するジオサイト、美しい自然を保っている山間地のジオサイトの3つの種類から成り立っています。

糸魚川のグルメ・名物・郷土料理

糸魚川観光ガイド フォトライブラリー

糸魚川は笹寿司が有名です。その他にも、日本海で水揚げされる新鮮な海の幸やそれらを使った寿司や刺し身、ジオ丼(海鮮丼)などがオススメ。また、B級グルメのブラック焼きそばも外せません。その他、マキノ式飴、かまぼこ、手焼きせんべい、ゆべしなど、お土産にもぴったりな地元グルメが盛りだくさんです。

糸魚川の旅館・ホテル

糸魚川観光ガイド / 温泉・宿

糸魚川のホテル・旅館・民宿の中でも特にオススメの宿が以下の宿です。極上の時間を過ごせるリゾート感あふれる高級ホテルから、気軽に泊まれる格安民宿まで様々。目的や予算に合わせてお気に入りの宿を見つけましょう。

  • ホテルルートイン糸魚川
  • 柵口温泉 権現荘
  • ホテル国富アネックス
  • 笹倉温泉 龍雲荘
  • ホテル國富(くにとみ) 翠泉閣
  • 親不知観光ホテル
  • うみてらす名立ホテル光鱗
  • 民宿 和、焼山温泉 清風館
  • ホテル糸魚川インター

糸魚川のイベント・お祭りと開催時期

糸魚川観光ガイド フォトライブラリー

糸魚川はユニークなお祭りやイベントが盛りだくさん。せっかく観光で訪れるのなら、このユニークなお祭りも体験してみましょう!

  • 天津神社春大祭(糸魚川けんか祭り)(4月10日)
  • 日光寺けんか祭り(4月第3日曜日)
  • 能生白山神社春季大祭(毎年4月24日)
  • おててこ舞(根知山寺の延年)(8月31日~9月1日)
  • 藤崎観音堂「裸胴上げ」まつり(毎年1月17日)
  • 青海の竹のからかい(毎年1月15日)

糸魚川ジオパークをめぐる、おすすめ観光スポット4選!

糸魚川ジオパークには美しい自然が満載!厳しくも美しい自然を満喫できるジオパークの中でも、特にオススメのスポットを7つ紹介します。フォッサマグナの上にあるからこその自然や、翡翠に関するスポットなど、糸魚川を満喫するのに欠かせない観光地を厳選して紹介します。

蓮華ジオサイト

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

蓮華ジオサイトは、糸魚川ジオパークを構成する24のジオサイトの1つで、噴気帯と氷河がつくった湿原のことをいいます。

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

初夏から秋にかけて、たくさんの高山植物を観察することができる「兵馬平湿原」や、標高1,550mにある露天風呂「仙気の湯」など、なかなか出会うことのできない景色を楽しめる注目のスポットです。

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

特にこの「仙気の湯」は絶対に立ち寄るべき名湯です!とにかく気持ちがいい!ただし、混浴なのでご注意を。

親不知・子不知

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

親不知・子不知は、通行の難所として有名な海岸です。日本の道百選に選ばれています。変わった地名の由来はいくつかあります。「断崖と波のせいで、親は子を、子は親を省みることができない程に険しい道」ということから名付けられたという説や、平清盛の義理の妹がこの地を通ったときに詠んだ和歌が由来になっているという説があります。

現在は鉄道や自動車道のおかげで通行に支障は無くなりましたが、親不知記念広場の展望台から海岸線を眺めると、今でも当時の苦難が容易に想像できるでしょう。

雨飾山

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

「雨飾山」という名前は、「山頂に祭壇を祭り雨乞い祈願をしたこと」に由来すると伝えられています。

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会 

標高2,000mに届かない山ながら「日本百名山」に選ばれており、山頂近くでは多くの高山植物が花を咲かせ、天候に恵まれた際には日本海を望むことができます。

また、近くの「鎌池」は紅葉の名所。秋にはたくさんの登山客が足を運びます。

ヒスイ海岸(糸魚川海岸)

宝石の一種であるヒスイの原石が海岸に打ち上げられることから「ヒスイ海岸」と呼ばれる糸魚川海岸。運が良いと、その名の通りヒスイを拾えることがあります。夏には多くの海水浴客で賑わう人気のビーチとなります。糸魚川ジオパークの1つでもあることから、糸魚川に来た際にはぜ立ち寄ってみたいスポットです。

博物館や美術館で糸魚川ならではの魅力を満喫!

フォッサマグナと呼ばれる地溝帯、つまり地面の割れ目の上に位置する糸魚川。フォッサマグナは、糸魚川から静岡にかけて、日本を縦断しています。そのフォッサマグナについて詳しく知ることができる博物館や、糸魚川で取れた翡翠で飾られた庭園を楽しめる美術館など、糸魚川の魅力を満喫できる施設を紹介します。

フォッサマグナミュージアム

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会

フォッサマグナミュージアムでは、フォッサマグナ上に位置する糸魚川の特質を活かし、地質の時代経過や、地球の自然環境や資源の恵みなどを学ぶことができます。

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会

また、糸魚川の川や海で発見された美しいヒスイ原石や鉱物・岩石・化石が展示されており、見ているだけでも楽しい内容です。

谷村美術館

写真提供:糸魚川ジオパーク協議会

谷村美術館では、日本最高峰の木彫芸術家 澤田政廣氏の仏像等10点を展示しています。特徴的な建物は、建築界の巨匠 村野藤吾氏の遺作といえる建築物です。

館内は、彫刻と建築の空間、光と照明の調和が絶妙で、まるで回廊を経て巡礼を体験するかのような作りになっています。

糸魚川観光ガイド フォトライブラリー

また、70tの青ヒスイ原石が配置された優雅な回遊式庭園「翡翠園」や、自然石の大観音像が一際目を引く「玉翠園」にも、ぜひ訪れてみてください。

糸魚川のグルメを楽しめるオススメスポット!

糸魚川を観光する時に、ぜひ食べておきたいご当地グルメを紹介します。日本海側に面している糸魚川に行くなら、ぜひカニは食べておきたいところ。また、注目度急上昇中のご当地グルメ、ブラック焼きそばもはずせません。観光と一緒にぜひグルメも楽しんでみてください。

マリンドリーム能生のかにや横丁で、ベニズワイガニを満喫!

マリンドリーム能生は、海岸沿いを走る国道8号に隣接する道の駅です。アスレチック広場や展望台、海の資料館などがあります。

糸魚川観光ガイド フォトライブラリー

ベニズワイガニの直売所「かにや横丁」が観光客に特に人気。漁船直売なので鮮度・味・値段が自慢で、試食もたくさんさせてくれる太っ腹なお店が集まっています。

糸魚川観光ガイド フォトライブラリー

おみやげ屋や食堂もあるので、能生漁港でとれた新鮮な海の幸をぜひ堪能してみて下さい。なお、1~2月はカニが禁漁となっているので、訪れる際には注意してください。

糸魚川の人気B級グルメ「糸魚川ブラック焼きそば」

新潟県産のイカを使った焼きそば「糸魚川ブラック焼きそば」。麺を炒める際に、イカスミを使っているため、その名の通り真っ黒なのが特徴です。糸魚川市内には20件以上ブラック焼きそばを楽しめるお店があります。さまざまな個性のあるブラック焼きそばが提供されるので、自分ごのみのお店を探して食べ歩くのがおすすめです。
マリンドリーム能生内「リーフキッチン」でも、「海の黒焼きそば」を食べることができます。

ページTOPへ

「糸魚川」周辺の関連記事

このページのTOPへ