津山 観光スポット12選!桜・歴史・鉄道・グルメなど見所まとめ

  • 4218 |

観光地として人気の岡山県津山市は、1603年から約400年に渡り城下町として栄えた歴史ある町です。現在も尚歴史的建造物が数多く残り、桜の名所として春には多くの観光客が訪れる津山の観光名所をご紹介していきます。

http://www.tsuyamakan.jp/

観光前に知っておきたい!津山の基本情報

津山について

life-tsuyama.jp

津山市は岡山県北部に位置する町です。津山盆地と周辺地域から構成されており、北に行けば鳥取県と隣接しています。江戸時代には津山城の城下町として栄え、当時の遺構や古い町並みが今もなお数多く残されている観光スポットです。

津山の観光名所

http://blogs.c.yimg.jp/

歴史的な城跡や、大正・昭和からその姿をとどめている駅舎、多くの自然などが見どころの津山市には観光名所がたくさんあります。

歴史・文化のスポット
津山城(鶴山(かくざん)公園)、衆楽園、城東むかし町家(旧梶村邸)、作州城東屋敷、津山洋学資料館、箕作阮甫旧宅、作州民芸館、など。

城跡スポット
岩屋城跡、荒神山城跡、矢筈山・矢筈城跡、嵯峨山城跡、篠山城跡、医王山城跡、神楽尾城跡など。

神社・仏閣スポット
中山神社、高田神社、大隅神社、黒澤山 萬福寺、高野神社(宇那提森のムクノキ)、作楽神社、千代稲荷神社、福力荒神社、徳守神社、貴布弥神社、広戸神社、愛染寺、石山寺、善応寺など。

鉄道スポット
旧津山扇形機関車庫、美作千代駅、南小学校SL、美作滝尾駅、知和駅、松ボウキ橋梁、美作河井駅、手動転車台(美作河井駅)など。

自然スポット
吉井川、横野滝、神楽尾公園、神南備山展望台、22世紀の森、布滝・大滝・白髪滝、尾所の桜、大高下ふるさと村、大ヶ山、阿波森林公園(渓流茶屋・渓流釣り場)、深山渓谷、落合渓谷 (黒岩高原遊歩道)、広戸仙(爪ヶ城山)、塩手池公園、梅の里公園、花と渓流の里公園 (小滝)、ホタルの里・とんぼの里など。

レジャースポット
グリーンヒルズ津山(グラスハウス・サンヒルズ)、アイスランド津山、奥津川ラビンの里、勝北マルシェ「ほほえみ彩菜」、勝北総合スポーツ公園、黒木キャンプ場、レイクパークKAMO、木もれ陽の森、めぐみ荘(百々温泉)、ウッディハウス加茂、もえぎの里(阿波交流館・あば温泉)

津山のグルメ

http://blog-imgs-15.fc2.com/

津山の人気ご当地グルメは、「津山ホルモンうどん」や「干し肉」、「五大北天まんじゅう」など。どれも絶品ですので、津山を訪れた際にはぜひご賞味あれ。

津山に行ったら訪れたい!津山の観光名所12選

津山城

http://blog.livedoor.jp/​

津山城は、岡山県津山市にある日本百名城、日本三大平山城の1つです。広大な敷地に複雑な通路を入り組ませた石垣は、高さが10m前後もあり、見るものを圧倒します。また、日本さくら名所百選に選ばれている名所で、春には数千本の美しい桜が咲き、県内外から多くの観光客が足を運んでいます。

千光寺

http://yayuyayu-puella.blog.so-net.ne.jp/​

千光寺は、境内を覆うように咲くしだれ桜が有名です。高さ約15m、枝張り幅約18mあり、樹齢100年以上とも言われています。桜の季節には夜間ライトアップされ、大勢の参拝者で賑わう津山の一押しスポットです。

萬福寺

http://www.pocketbusiness.jp/​

萬福寺は、日本三所の福地の1つとして有名です。2月最後の金・土・日曜日に「十三参り」が行われ、13歳になる子供がこの日にお参りをすると、威・福・智の3つの得を授かると言われています。また秋から冬の朝には、津山盆地に広がる雲海を見られるスポットとして人気です。

グリーンヒルズ津山

http://maruhen999.exblog.jp/​

グリーンヒルズ津山は西日本有数の大型遊泳施設です。光と緑に溢れた施設内には、温泉水を使用したリラクゼーションプールや、全長90mの長さを誇るウォータースライダー、開放的なレストランなどがあります。家族や友人、カップルで楽しめる人気のスポットです。

もえぎの里 あば温泉 「やすらぎの館」

http://blogs.yahoo.co.jp/​

もえぎの里 あば温泉は、津山市の山間部にある温泉施設です。疲労回復や神経痛、関節痛に効果があります。「にほんの里100選」にも選ばれた、のどかな山里風景の中で入る露天風呂は、ここでしか味わえない癒しがあるでしょう。また隣接する「あば交流館」は、宿泊・食事が出来る施設になっているので、旅行へ行く際はあば温泉とセットで計画を立てられます。

旧津山扇形機関車庫

http://www.tsuyamakan.jp/

旧津山扇形機関車庫は、昭和11年に建設された扇形機関車庫です。この扇形機関車庫は、現在全国13ヶ所に現存しており、岡山県内では津山にあるものだけと大変貴重。その大きさは、奥行き約22.1m、全17線となっており、京都の梅小路に次いで全国2番目の大きさを誇ります。

http://www.tsuyamakan.jp/

転車台は全国的にも珍しく現役として活躍しており、国内に1台しか無いディーゼル機関車「DE50-1」が展示されています。

松ボウキ橋梁

http://www.tsuyamakan.jp/

松ボウキ橋梁は、美作河井駅から知和駅までの間に架かる石造りの鉄橋です。周囲を囲む津山の自然と融和して、四季折々の美しい自然に鉄道が溶け込んだ美しい景色を見せてくれます。

http://www.tsuyamakan.jp/

鉄道ファンにとっては絶好の撮影スポットになっており、スローライフ列車が運行する際には多くの鉄道ファンが撮影に訪れます。

手動転車台(美作河井駅)

http://www.tsuyamakan.jp/

手動転車台(美作河井駅)は、ラッセル車の向きを変える為に使用されていた転車台です。

http://www.tsuyamakan.jp/

使用されなくなってからは土の中に埋まってしまっていましたが、鉄道ファンの協力によって2007年に掘り起こされました。以来、津山の新たな観光スポットとして、多くの観光客が訪れています。

美作千代駅

大正12年に建設された美作千代駅は、今も大正時代の面影を残す駅舎です。

プラットホームや改札にも当時の面影がしっかりと残っているので、歴史の浪漫を感じたい方にピッタリのスポットです。

美作滝尾駅

http://www.tsuyamakan.jp/

美作滝尾駅は、昭和3年建設当時の建物を今もなお使用している歴史ある木造駅です。映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の冒頭シーンで登場したことでも知られています。

http://www.tsuyamakan.jp/

春には駅舎近くの桜の木が満開になり、趣きある駅舎と共に旅情溢れる風景を描き出します。

美作河井駅

http://www.tsuyamakan.jp/

美作河井駅は、昭和6年に建設された駅舎です。周囲の駅舎と同じく、こちらも建設当時の駅舎が今もなお使用されている歴史感じる駅舎となっています。周囲には2007年に発掘された手動転車台があるほか、駅舎内には鉄道ファンによって設置された「美作河井駅ノート」があり、訪れる人同士の交流がノート上で行われています。

知和駅

http://mabumaro.com/

昭和6年の開業以来ほとんど手が加えられていない「知和駅」。秘境駅ランキングにも入っているほどの秘境駅で、秘境駅ファンや鉄道ファンに人気のスポットです。

http://www.tsuyamakan.jp/

利用人数は1日平均約9人、電車も上り5本、下り6本という少なさ。のどかな風景のなかで、時間を忘れてのんびりと過ごしたい人にオススメのスポットです。

ページTOPへ

「津山」周辺の関連記事

このページのTOPへ