太宰府 観光8選!定番の太宰府天満宮から自然を感じる穴場スポットまで

  • 1025 |

太宰府を観光する際に、おすすめのスポットをご紹介します。学問の神菅原道真の廟所で天満宮の総本社「太宰府天満宮」を中心に8つ厳選しました。また、日本で4番目に設立された国立博物館であり、「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」というコンセプトを持つ「九州国立博物館」もご紹介します。太宰府観光の際に参考にしてみてください。

太宰府天満宮

Tetsuya TOYODA

西鉄太宰府駅から歩いて5分程の場所にある「太宰府天満宮」は、菅原道真公を永久にお祀りしている神社です。日本全国から年間約700万人の参拝者が訪れています。昔から地域ぐるみで、また個人単位で、お慕いする集いがあり、住所・年齢・性別を問わず、誰でも簡単に参加することができます。

http://community.c.yimg.jp/

2月~3月頃は梅の名所としても有名で、多くの観光客が訪れます。

http://blog.goo.ne.jp/

太宰府天満宮の人気者「なで牛」。この牛の頭を撫でると知恵がつくといわれており、身体に悪いところがある人はその部分を撫でると良くなると伝えられています。

九州国立博物館

dreamcat115

平成17年10月16日に福岡県の太宰府の地に開館した「九州国立博物館」。こちらは、独立行政法人国立文化財機構に属し、東京、奈良、京都に次ぐ4番目の国立博物館として建設されました。季節に応じた展示と作品保護の観点から、月に30〜50点ほど文化財の展示替えが行われています。また、常時800〜900点の展示がされており、その都度特別なテーマを設定した「トピック展示」も観覧することができます。年に4、5回の特別展が開催されている「特別展示室」も見どころです。

ちびっこ、ファミリー大歓迎の入場無料・体験型展示室「あじっぱ」。こちらには、日本の歴史の中で交流のあった主にアジアの国々の屋台が並んでおり、各国の伝統的な衣装や生活用品、おもちゃなどを紹介しています。

http://www.360navi.com/

1階のエントランスホールには、インフォメーションをはじめカフェやミュージアムホールの設置がされており、イベントなども行われています。

宗像大社

http://blogs.yahoo.co.jp/​

「宗像大社」は、 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)という天照大神御神の三柱の子どもの三女神を祀っている神社です。交通の神様として知られており、交通安全のご祈祷にたくさんの方が訪れています。

http://punktouring.blog68.fc2.com/

約800台収容できる第一駐車場前の祈願殿にて交通安全をお祈りし、安全運転の誓いを行います。

http://hiroonechan.fc2web.com/

儀式殿は昭和56年に東京の靖国神社より移築された建物。ご皇族の行在所(お休み処)として使用された一室を含む由緒ある建造物です。車のお祓いは祈願殿で行われますが、人生儀礼のお祭である家内安全、初宮、厄年祓などの祈願は、この儀式殿にて執り行われます。

http://sweetomyan.exblog.jp/

「宗像大社」にある秘宝館では、数多くの貴重な秘宝や文化財を観覧することができます。

竈門神社

yuki5287

1350年の長い歴史が息づく「竈門神社」は、古来から「縁結び」「方除け」「厄除」の神様として信仰されてきました。2012年に立て替えられた社務所・参集殿は、伝統的な神社建築と現代的なデザインとが融合した空間になっており、内装を見るだけでも楽しむことができます。また、宝満山のふもとに位置していることから、桜や紅葉、銀杏やシャクナゲなど四季折々の自然を堪能できるのも魅力です。

http://kamadojinja.or.jp/

豊満山の豊かな自然に囲まれた御本殿で、神前結婚式を挙げることもできます。

http://kamadojinja.or.jp/

春には桜が咲き誇り、圧巻の絶景を望むことができます。

光明禅寺

gtknj

太宰府天満宮の参道を登りつめ、右へ曲がるとつきあたりにある「光明禅寺」。「苔寺」の名で親しまれており、その名の通り苔の美しい庭が特徴のお寺です。白砂で大海を表現した一滴海庭と石を配して「光」の字を書いた仏光石庭も見どころ。枯山水の庭を彩る紅葉も魅力的です。

http://blogs.yahoo.co.jp/

秋になると、色鮮やかな紅葉が庭園を彩ります。最高の景色を堪能できるでしょう。

http://blogs.yahoo.co.jp/

風情のある和室を観覧することもできます。窓から見える美しい庭園を眺めながら、ひと休みできるのが魅力です。

宝満山

http://blogs.yahoo.co.jp/​

竈門神社のわきに、「宝満山」の登山口があります。福岡県で最も登山者が多いことで有名な山です。志賀島や能古島、長崎県壱岐などを見渡すことができる山頂からの眺めは絶景。日本の自然百選の一つに選ばれており、山全体が国の史跡となっています。

http://fumi-imai.at.webry.info/

豊満山山頂には心地の良い風が吹いており、眼下に広がる眺めは最高です。

http://fumi-imai.at.webry.info/

春頃には、山頂直下にピンク色の綺麗な花をつけたミツバツツジが咲き誇ります。行き交う登山客の心を癒してくれることでしょう。

観世音寺

gtknj

「観世音寺」は、源氏物語にも登場するお寺で、天智天皇が母君斉明天皇の冥福を祈るために創建されました。平安期に造立された数多くの仏像がいまだに残っており、その姿は見る人々を魅了します。特に、収蔵庫内の高さ5メートル級の仏像が立ち並ぶ光景は圧巻。ほとんどの仏像が国の重要文化財に指定されています。

http://www.dazaifu.org/

寺院建築の際、塗料として用いた「朱」を粉末にするために使用していたとされる石臼を見物することができます。

http://hiroonechan.fc2web.com/

「観世音寺」の周辺にある菜の花畑では、春先に菜の花が一面に咲き誇る美しい景色を眺めることができます。

相島

http://blogs.yahoo.co.jp/​

万葉集や続古今集にも歌われている「相島」は、新宮漁港から町営渡船でわずか17分の海上に浮かぶ島です。また、江戸時代に鎖国政策をとるなかで、唯一国交を結んでいた朝鮮からの「朝鮮通信使」を相島で接待したことから、文化交流の舞台にもなりました。

http://arukoukai.syokyu.com/

島内には、島を一周することができる全長5.4kmの周回道路が整備されています。この道路は、珍しい鼻栗瀬(通称めがね岩)や、柱状節理の絶壁など、大自然の造形美が眺められるハイキングコースとして多くの観光客に人気です。

http://hagi.or.jp/

また、多数の野鳥が確認されているため、バードウォッチングを楽しむこともできます。

ページTOPへ

「太宰府」周辺の関連記事

このページのTOPへ