新大阪 観光スポット3選!気軽に寄れる歴史あるスポットまとめ

  • 1699 |

大阪の玄関口である新大阪駅の利用者は多いですが、近辺の観光スポットはあまり知られていないのではないでしょうか。水の都大阪の淀川右岸を、歴史を感じながら散策するのはいかがですか。
奈良時代の天平年間に行基によって創建された歴史ある寺院「崇禅寺」や、大正3年に完成した大阪最古の浄水場「柴島浄水場」、3つのスポットを紹介します。出張帰りや旅行の途中などに気軽に立ち寄ってみては、いかがですか。

崇禅寺

http://kusunoki.komusou.jp/

崇禅寺は、奈良時代の天平年間に行基によって創建されました。細川持賢が義教を弔うとともに細川家菩提寺として15世紀に再興。細川ガラシャ夫人の墓がある寺院ということで知られています。
他にも、遠城兄弟の墓、足利義教の首塚などがあり、その境内・本堂の大きさは圧巻。新大阪駅から歩いて10分の場所にあるので、待ち時間に気軽に観光を楽しむことができるおすすめの観光スポットです。

柴島浄水場

http://blogs.yahoo.co.jp/

柴島浄水場は、市域拡大による水不足を解消するために大正3年に完成しました。大阪市の浄水場では最も古く、かつ最大の給水能力を持っています。事前予約をすれば、浄水場の中を見学できます。赤煉瓦造りが美しい水道記念館も隣接していて、桜の時期には「桜並木通り抜け」を実施しています。合計160本460mの桜のトンネルは絶景です。

大願寺

http://bittercup.web.fc2.com/

大願寺は、推古天皇の頃淀川の長柄架橋工事が難航した折に、一身を犠牲にし人柱となった吹田垂水の巌氏長者の菩提を供養するため、勅命により建立されました。「釈迦如来金像」「不動明王」「巌氏位牌」「巌氏画像」「長柄人柱橋杭」などを寺宝としています。

ページTOPへ

「大阪市・梅田」周辺の関連記事

このページのTOPへ