郡上 観光スポット6選!意外と知られていない郡上観光の魅力を紹介

  • 8573 |

岐阜県の中部に位置する郡上は、四季折々の自然を楽しむことができる観光地です。郡上の観光で特にオススメなのが、白山連峰や大日ヶ岳を見渡せる「ひるがの高原」。また、日本の滝百選に選ばれている「阿弥陀ヶ滝」では、ダイナミックに流れ落ちる滝を眺めながら大自然が堪能できます。そのほかにも、郡上の城下町を見下ろす「郡上八幡城」など、郡上を観光する上で外せない観光スポットをご紹介します。

郡上ってどんな場所?

「郡上」は岐阜県に位置し、美しい山並みに囲まれた城下町です。郡上には長良川や吉田川、小駄良川などが流れており、水に恵まれた土地として環境省による「名水の町」の指定を受けました。

そしてなんといっても有名なのが「郡上おどり」。「日本三大盆踊り」のひとつに数えられる郡上の伝統的な盆踊りです。毎年7月中旬から9月上旬まで延べ32夜開催され、8月13~16日は、午後8時から明方まで夜通し踊り続けます。その「徹夜踊り」には、およそ25万人の人が訪れるそうです。

それでは郡上観光をする上で、絶対に行っておきたいスポットをご紹介します!

牧歌の里

PIXTA

牧歌の里は、白山連峰や大日ヶ岳が見渡せる、ひるがの高原にあります。四季折々の自然の移ろいや、温泉、おいしい空気を楽しめる他、馬やアルパカ、羊など、動物達とのふれあいも体験できます。また牧歌の里には「花の教会」と呼ばれるチャペルがあり、花に囲まれた美しい高原で挙げる結婚式は、一生の思い出になるでしょう。

ひるがの高原

PIXTA

ひるがの高原には、牧歌の里、キャンプ場、木曽馬牧場など、自然を楽しめるスポットがたくさんあります。春は新緑の香りが心地よく、夏は暑さを忘れるほど涼しく、秋はひるがのの紅葉が綺麗で、冬は辺りの山々が雪に覆われます。また、ひるがの高原は冬になるとウィンタースポーツを楽しめる「ひるがの高原スキー場」へと変身します。主に初心者・中級者向けのゲレンデが用意されており、初めての方でも安心して滑ることができる広々としたゲレンデが特徴的です。

大滝鍾乳洞

PIXTA

郡上八幡から山ひとつへだてた安久田地区にある「大滝鍾乳洞」。日本一といわれる地底の滝があります。全容が分からないほど大きな滝は、見るものを圧倒し、長い時間をかけて出来た鍾乳石は、美しく神秘的で、地球が作り出す芸術に息を呑むでしょう。また鍾乳洞までの斜面を、全国でも珍しい木製のケーブルカーが往来しているのも人気の1つです。

郡上八幡城

PIXTA

郡上八幡城は1559年に、初代城主の遠藤盛数によって建設されました。城郭一帯の石垣全てが県の史跡に指定され、天守閣は市の有形文化財に指定されています。また現在の天守閣は、昭和8年に再建された日本最古の木造天守となっており、その作りは歴史を感じると共にとても立派で、見応え十分です。城下町が一望できる山城では、四季折々の自然を感じることもできます。

阿弥陀ヶ滝

PIXTA

阿弥陀ヶ滝は、「岐阜県の名水50選」や「日本の滝百選」に選ばれている滝です。遊歩道があるので、滝壺のすぐ近くまで行くことができ、落差約60mある滝の迫力を肌に感じられるでしょう。また葛飾北斎の浮世絵「諸国瀧廻り」のモデルにもなっています。

明宝ハム

明宝ハム(明宝特産物加工株式会社)は昭和28年に、農山村の食生活改善と地元の畜産振興を目的に作られました。国産豚を100%使用し、食品添加物を極力控えた明宝ハムは、郡上を代表する特産品です。また工場で、豚肉を部位ごとに解体していくところから、袋詰めにされ、出荷するまでの工程を見学できます。明宝ハムのファンや、子供を連れた親子などが足を運ぶオススメのスポットとなっています。

ページTOPへ

このページのTOPへ