asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

駒ヶ根の人気観光スポット10選!駒ヶ根の千畳敷カールで標高2,600mの世界を体験しよう!

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

駒ヶ根市は、中央アルプスの雄大な自然に抱かれた長野県の観光名所です。そんな駒ヶ根には雄大な自然が感じられる観光スポットが多数あります。駒ケ岳ロープウェイを使って標高2,600m地点まで一気に登ると、そこには「千畳敷カール」や「木曽駒ケ岳 」をはじめ「空木岳 」など、中央アルプスの荘厳な自然を体感できるスポットが満載!気軽に登れる標高2,600mの世界で見る景色はまさに絶景です。

千畳敷カール

「千畳敷カール」は、標高2,500mを超える高山帯に広がる駒ヶ根のに人気観光スポットです。夏になると高山植物が咲き乱れ、大変美しい花畑を作り出します。また、千畳敷カールの魅力は夏だけではなく、秋の紅葉や冬の白銀の世界など、四季折々の自然の美しさを全身で感じられるスポットです。一周約40分の遊歩道が整備されているので、中央アルプスの清々しい自然美を楽しみながらの散策も楽しめます。非日常が味わいたい方におすすめです。

木曽駒ケ岳

中央アルプスの最高峰「木曽駒ケ岳」は、日本百名山の1つ。標高は2,956mにもおよびますが、ロープウェイを利用すると一気に標高2,600m地点まで移動できます。老若男女問わず気軽に高山の散策が楽しめます。

駒ヶ岳ロープウェイ

「駒ケ岳ロープウェイ」は、木曽駒ケ岳や千畳敷カールといった駒ケ岳の主要観光スポットと地上を結ぶロープウェイです。地上2,600m地点まで一気に登ることができるとあって、多くの観光客が利用します。

空木岳

中央アルプスのほぼ中央にある名峰「空木岳」。標高は2,864mあり、最寄りの倉本駅からは山頂までおよそ9時間弱かかります。ルートはいくつかありますが、比較的気軽に登れるルートは、千畳敷までロープウェイを利用して、極楽平から縦走して山頂を目指すルートです。標高3,000m近い山なので、登山の際には十分な準備が必要です。

宝剣岳

宝剣岳は、標高2,931mを誇る中央アルプスの主峰です。駒ケ岳ロープウェイを利用して、千畳敷カールまで登れば、そこから登山することも可能です。ただし、険しい登山道となるため、観光気分で登ることはできません。ある程度登山になれた方が挑戦する山としてはオススメのスポットとなっています。

光前寺

杉林の中に佇む「光前寺」は、「蘭渓道隆式池泉庭園」、「築山式枯山水」、「築山式池泉庭園」と3つの庭園を有する寺です。これらの庭園は国の名称にも指定されており、美しい庭園をひと目見ようと多くの観光客が訪れます。

早太郎温泉

「早太郎温泉」は、アルプスの麓に湧く温泉郷です。無色透明の湯は、泉質が良く「美肌の湯」として知られています。高原地帯の自然に囲まれたロケーションから、四季折々の自然美を楽しみながらの入浴が魅力です。周囲にはホテルや旅館が軒を連ねており、いくつかの施設では日帰り入浴も楽しめるので、駒ヶ根観光の際にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

駒ヶ根シルクミュージアム

駒ヶ根シルクミュージアムは、養蚕・シルクに関する展示物満載の博物館です。館内には、反物のトンネルや大正昭和期の養蚕農家を再現したもの、世界各国のシルク製民族衣装などが展示されています。体験工房では、まゆクラフトや染色、機織りなどが体験でき、観光客に人気です。

本坊酒造信州マルス蒸留所

中央アルプス山麓に位置する、本坊酒造の蒸留所「本坊酒造信州マルス蒸留所」。この本坊酒造信州マルス蒸留所では、ウイスキーの蒸留設備が見学できます。また、併設されている駒ヶ岳醸造所で生産されている長野の地ビール「南信州ビール」の製造工程も見学できるなど観光客に人気です。試飲・売店コーナーもあり、ウイスキーの無料試飲なども楽しめます。

養命酒 駒ヶ根工場 健康の森

中央アルプスの豊かで濃密な自然の中に佇む「養命酒 駒ヶ根工場 健康の森」では、「養命酒」や「ハーブの恵み」などを生産しています。この駒ヶ根工場では、養命酒の製造工程見学が人気です。製造ライン見学では、案内担当者による解説付きで養命酒ができあがっていく様子を見学できます。