中津 観光スポット10選!大分県中津市に来たら訪れたい場所まとめ

  • 8621 |

福沢諭吉が19歳まで過ごしたことでも知られている中津。そんな中津は、福沢諭吉旧居では生家の母屋と勉強部屋として改造された土蔵や、大江医家資料館、村上医家資料館などの医学や蘭学に関する貴重な資料館や、黒田如水が築城した中津城などがあることでも有名です。他にも、全国11万の神社の中で最も古いと言われている宇佐神宮や、登山スポットとして人気の英彦山など、数え切れない名所であふれる中津の観光スポットを一挙にご紹介します。

宇佐神宮

PIXTA

古代から多くの人々が訪れている神社「宇佐神宮」は、全国11万の神社の中で最も古いと言われています。また、宇佐神宮は全国に4万ある八幡様の総本宮でもあります。夏には1万株もの古代蓮が美しい花を咲かせ、観光客の目を魅了するフォトジェニックなスポットとしても人気を集めています。

英彦山

PIXTA

福岡県と大分県の県境に位置している英彦山は、登山を楽しめる中津の観光スポットです。英彦山には、スロープカーと呼ばれる乗り物があり、これに乗って途中まで山を登ることが可能です。また英彦山にある英彦山花園では、シャクナゲをはじめとする高山植物を鑑賞できますよ。

中津城

PIXTA

中津城は天正16年(1588年)に建設された、黒田官兵衛ゆかりの場所として有名な城です。現在の天守閣は昭和時代に再建されたものですが、石垣とお堀は当初のまま残っており、戦国時代の風情を感じることができます。日本三大水城に指定されており、貫禄あふれる城には日々多くの観光客が訪れ、中津観光にははずせないスポットになっています。

青の洞門

PIXTA

青の洞門は、中津市にある長さ約342mのトンネルです。江戸時代、旅の途中でこの地を訪れた禅海和尚が、険しい難所で命を落とす人や馬を見て工事に取り掛かったと言われています。周辺一帯は紅葉の名所としても知られ、シーズンに入ると多くのひとで賑わいます。

耶馬溪

PIXTA

耶馬渓は中津市を流れる山国川を中心とした渓谷で、景勝地としても知られています。特に八つの景色を眺望できることからその名がついた一目八景は中津観光の目玉。日本三大奇勝や新日本三景のひとつにも数えられる他、一帯は耶馬日田英彦山国定公園(やばひたひこさんこくていこうえん)に指定されています。

姫島

PIXTA

姫島は、岐志漁港から船で15分ほどで着く離島です。人口200名ほどのちいさな姫島は、ゆったりと流れる時間が心地よく、のんびりと観光したい人にぜひ訪れてほしい癒しスポットです。島内にある姫島神社でお参りし、海を眺めながら時間を忘れてゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

羅漢寺

PIXTA

曹洞宗の寺院で日本三大五百羅漢のひとつに数えられる羅漢寺は、645年に法道仙人によって開かれたと言われており、境内には岩の山肌に掘られた無漏窟があります。平成26年に国の重要文化財にも指定され、連日多くの参拝客が訪れる名所です。

宇佐のマチュピチュ

PIXTA

宇佐市院内町にある宇佐のマチュピチュは、棚田の景観が南米ペルーの世界遺産・マチュピチュの「空中都市」に似ていることから名づけられました。秋には紅葉で山が彩られ、紅葉狩りの地としても人気があります。

八面山

PIXTA

八面山という名前は、四方八方どこから見ても同じ形に見えることに由来しています。中津市のシンボルとしても知られる八面山は、登山や金色温泉を楽しむ観光客で連日賑わっています。スカイツリーよりも高い標高659メートルの山頂からの景色は美しく、中津市街を一望することができますよ!

三光コスモス園

PIXTA

23ヘクタールもある広大な敷地の中に2400万本もあるコスモスの花が植えられている、三光コスモス園。秋には敷地いっぱいのコスモスが咲き乱れ、圧巻の光景が広がります。毎年行われるコスモス祭りは、観光客だけではなく地元の人にも愛される中津市を代表するイベントです!

ページTOPへ

「耶馬溪・中津・玖珠」周辺の関連記事

このページのTOPへ