【大阪】堺市観光を楽しむためのオススメ観光スポット7選!大仙古墳で歴史ロマンにふれよう!

  • 1261 |

大阪府堺市の観光地といえば、「仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)」が有名です。そのほかにも、32万本の樹木が植えられている、癒やしとスポーツの公園「大泉緑地」や、方災除けの力があるとされる「方違神社」、堺市の歴史や仁徳天皇陵古墳をはじめとした百舌鳥古墳群について深く知ることができる「堺市博物館」など、堺市観光は見どころがたくさん。ここでは、歴史ロマンの息吹く街、堺市の観光名所をご紹介していきます。

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘

http://aozoracafe.exblog.jp/​

「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」は、大阪府堺市にある農業公園です。園内では、陶芸体験や動物とのふれあいが楽しめます。ほかにも、季節ごとに旬の野菜が収穫できる収穫体験が開催されていたり、バーベキューが楽しめるバーベキューレストランがあるなど、家族や友達、カップルなどで楽しめる観光スポットです。

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)

http://blogs.yahoo.co.jp/​

堺で最も有名な観光地のひとつ、仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)。地元の人々から「仁徳さん」の愛称で親しまれているこの古墳は、日本国内で第一位の規模を誇る巨大古墳です。江戸時代や明治時代には石棺などが発見され、その時に書かれた絵画が今も残っています。

浜寺公園

www.facebook.com

浜寺公園は、大阪で最も古い公園のひとつで、名松100選にも選ばれている程の美しい松林がある公園です。園内には全長100mのジャイアントスライダーがあるプールや、駅も汽車も本物そっくりに作られた子供汽車に乗れる交通遊園などがあります。

大泉緑地

http://blogs.yahoo.co.jp/​

大泉緑地は、約32万本もの樹木が植えられている巨大森林公園です。園内には、憩いのゾーンと呼ばれるエリアと、スポーツゾーンと呼ばれるエリアがあります。憩いのゾーンには、花壇、大泉池、大芝生広場などがあり、散策をしたりのんびり過ごしたい時にオススメです。

方違神社

http://blogs.yahoo.co.jp/​

方違神社は、古くから方災や方違え除けの神様として親しまれている神社です。地元の人々からは、「ほうちがいさん」と呼ばれています。摂津・河内・和泉の境である三国山に社地があり、いずれにも属さない地であったことが、地相や方位、家相などにご利益があるとされる所以です。現在でも、転勤や転宅、海外旅行などの際に参拝に訪れる方が多く見られます。

堺市博物館

http://osakacityview.blog.fc2.com/​

堺市博物館は、堺市を代表する観光スポット「仁徳天皇大仙陵古墳」をはじめとする百舌鳥古墳群の中に位置する「大仙公園」内にある博物館です。館内では、堺の歴史や美術、民族などに関する資料の収集、保存、展示がおこなわれています。博物館のロビーに設置されている200インチのスクリーンでは、CG技術によって制作された映像で、雄大な百舌鳥古墳群の魅力について学ぶことができます。

自転車博物館サイクルセンター

http://blogs.yahoo.co.jp/​

堺市で注目を集めている観光スポット、自転車博物館サイクルセンター。この博物館は、自転車の歴史について展示するほか、自転車によって健康や環境保全を発信するための博物館です。また、様々な世界の自転車などが展示されています。

ページTOPへ

「堺」周辺の関連記事

このページのTOPへ