名護 観光18選!沖縄旅行で外さない定番おすすめスポット

  • 3430 |

沖縄本島北部に位置する名護市周辺には、沖縄の有名観光スポットが数多く点在しています。例えば、人気の定番スポット「美ら海水族館」や「エメラルドビーチ」、「ブセナ海中公園」などは名護からすぐの場所にあります。今回はそんな沖縄県・名護周辺の人気観光スポットをセレクトしました。早速ご紹介していきましょう。

沖縄と言ったらまずはここ!沖縄観光の定番スポット5選

名護周辺には、沖縄観光の代表格ともいえる有名スポットがたくさんあります。特に世界クラスの知名度を誇る水族館「美ら海水族館」や、透明な海と真っ白な砂浜が印象的な「エメラルドビーチ」など、沖縄観光に訪れる人が必ずといってもいいほど訪れる超定番スポットです。ほかにも、「ナゴパイナップルパーク」や「ブセナ海中公園」など、沖縄を訪れたら絶対に立ち寄るべき名護の観光名所をご紹介していきます。

美ら海水族館

http://atamatote.blog119.fc2.com/

沖縄の観光スポットの中で、特に有名かつ人気のスポットが美ら海水族館です。館内の各フロアには、沖縄の海を象徴するテーマが設けられており、沖縄の神秘的な海を間近に体感することができます。なかでも人気なのが、世界最大級の巨大アクリルパネル越しに見る巨大ジンベエザメです。この水槽では、全長8.6mもの巨大ジンベエザメをはじめとした、複数のジンベエザメが飼育されています。これは世界で初めてのこと。世界レベルが揃いに揃った美ら海水族館は、沖縄観光で絶対に外せないスポットです。

エメラルドビーチ

http://plaza.rakuten.co.jp/

沖縄には美しいビーチがたくさんありますが、その中でも特に有名なのがエメラルドビーチです。このビーチは、名前の通りのエメラルドグリーンの美しい海と、真っ白な砂浜が特徴。場所が美ら海水族館のすぐ近くということもあり、水族館とセットで楽しめる沖縄の人気観光スポットです。

ブセナ海中公園

ブセナ海中公園は、海の透明度で有名なブセナ岬の突端にある公園です。視野が360度に開けた海中展望塔からは、海の中の景色を望むことができます。

エメラルドグリーンの海に泳ぐカクレクマノミやツノダシ、サザナミヤッコなどがサンゴ礁の中を泳ぐ姿は、まさに天然の水族館。また海中展望塔以外にも、船の底がガラスになってるグラス底ボートなどで海中の様子を観察することもできます。

ナゴパイナップルパーク

http://blogs.yahoo.co.jp/

ナゴパイナップルパークは、沖縄の定番観光スポットです。園内では、南国の果物や色鮮やかな花々を鑑賞することができます。また自動で動く不思議なカート「パイナップル号」に乗って園内を散策したり、パイナップルを使ったお菓子やワインの試食も楽しめます。

万国津梁館

万国津梁館は、2000年に開催された九州・沖縄サミット首脳会合の議場に選ばれたリゾートコンベンションセンターです。様々な会議や学会、パーティーなどの会場としてのほか、結婚式場としても人気です。施設内のカフェテラスからは、夕方になると綺麗な夕陽を見ることができます。

ここでしか見られない魅力がいっぱい!沖縄の絶景スポット4選

青々とした空と、エメラルドグリーンの海、真っ白な砂浜、亜熱帯の森など、沖縄にはこの環境だからこそ誕生した絶景が山程あります。特に名護周辺でオススメなのが、「古宇利大橋」から望む美しい海です。ほかにも、海に沈む美しいサンセットが望める名所「辺戸岬」、亜熱帯の森の中を散策できる「大石林山」など、名護周辺には絶景スポットがもりだくさん。ここでは、沖縄でひと目見ておくべき絶景を集めました。

古宇利島・古宇利大橋(こうりじま・こうりおおはし)

http://ogurat.at.webry.info/

古宇利大橋(こうりおおはし)は、名護市の屋我地島(やがじしま)と古宇利島(こうりじま)を結ぶ、全長1,960mの橋です。古宇利大橋の両サイドには、沖縄本島でトップクラスといわれる美しい海が広がっており、ドライブにピッタリ。また、橋を渡った先にある古宇利島には、沖縄の古民家集落や古民家カフェ、無料のビーチ、サトウキビ畑などがあるので、リゾート気分を満喫したいならぜひオススメしたいスポットです。

辺戸岬

http://darksazaby.blog.so-net.ne.jp/

辺戸岬は、沖縄本島最北端の岬です。ここからの景色は、沖縄の雄大な自然をぎゅっと凝縮したかのような絶景。そのため、多くのカメラマンが写真に収めに訪れます。天気のいい日には、22km先の鹿児島与論島や沖永良部島まで一望することができるほか、日の出スポットとしても人気です。ぜひダイナミックな自然美を体感してみてください。

大石林山

http://kunpei-kun.blog.so-net.ne.jp/

沖縄有数のパワースポットである大石林山では、4つのトレッキングコースで自然散策が楽しめます。コースに一歩足を踏み入れると、そこはまるで亜熱帯の世界。日本国内でも、ここでしか見ることのできない景色をぜひその目で確かめてみてはいかがでしょうか。トレッキングコースは子供も歩くことができるので、家族での冒険にぴったりです。非日常の世界を楽しみましょう。

轟の滝

http://blogs.yahoo.co.jp/

沖縄で自然を感じられるスポットのひとつに、轟の滝があります。森のなかの橋をわたり、岩場を越えると、目の前に現れるのは高さ約28mの大きな滝。轟々と音を立てながら落ちる滝は、マイナスイオンが感じられ、眺めているだけで癒やされます。那覇空港から、車で美ら海水族館へ向かう途中にあるので、観光の際はぜひ立ち寄ってみては。

沖縄らしい景色との出会い!名護周辺の離島3選

名護には、港からすぐに渡れる離島がいくつか存在します。本部港からフェリーで約30分の場所にある「伊江島」は、島全体にゆったりとした時間が流れ、ここにいるだけでも癒やされていく感覚がわかるはず。また、「水納島」では透明度の高い海でマリンスポーツやバーベーキューを堪能することができます。沖縄らしさがギュッと詰まった名護周辺の離島で、観光を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

伊江島

http://blogs.yahoo.co.jp/

伊江島は、沖縄本島からほど近い場所に位置する離島です。島内では、美しいビーチで遊んだり、戦争の爪痕をめぐったり、動物と戯れたりと、のんびりと流れる時間の中で思い思いの時間を過ごすことができます。特に一番オススメなのは夜景です。夜景と行っても都会的な夜景ではありません。夜になると真っ暗な闇に包まれる伊江島だからこそ見られる、満点の星空や電照菊の灯を、波の音と共に楽しんでみてください。フェリーは本部港から約30分、運行本数は1日4往復です。

水納島

http://www.x-trip.jp/

沖縄本島の本部半島沖に浮かぶ島、水納島。島の周囲はサンゴ礁に囲まれていて、島内ではエメラルドグリーンの透き通った海と美しいビーチでマリンスポーツや海水浴、バーベキューなどが楽しめます。本島から高速船で約15分というアクセスのよさも魅力です。

瀬底島・瀬底ビーチ

http://ishinori01.blog.fc2.com/

瀬底島は、本部半島の西方沖に位置する小さな島です。島内の瀬底ビーチは全長800mほどあるビーチで、海が驚くほど透明な事で知られています。一度海に潜ると目の前には熱帯魚の群れが。また、美しいサンゴ礁群も間近で鑑賞できます。サンセットも美しく、ここから見る夕日が、沖縄での思い出をより美しいものにしてくれること間違いなしです。

沖縄らしい体験や遊びがいっぱい!沖縄のレジャースポット6選

沖縄は亜熱帯気候であることから、本島では見たことのないような植物や生物が生息しています。特に「やんばる学びの森」や「やんばる亜熱帯の森」では、そんな沖縄らしい森の雰囲気を全身で感じることができます。また「森のガラス館」では琉球ガラス作りが体験できます。せっかく名護に観光にいくなら、親子やカップル、友人同士などで冒険や手作り体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

沖縄フルーツランド

http://blogs.yahoo.co.jp/

沖縄フルーツランドは、全天候型亜熱帯体験施設なので雨の日でも観光が楽しめるスポットです。「フルーツゾーン」、「チョウゾーン」、「バードゾーン」など、3つのエリアに分かれている園内は、歩いているだけでもリゾート気分が味わえます。南国ならではの空気感を味わいたい方にオススメなスポットです。

ネオパークオキナワ

http://okiguru.seesaa.net/

ネオパークオキナワは、名護市にある自然動植物公園です、園内では、中南米やオセアニア、アフリカといった熱帯地方の動植物が自然のままに飼育されています。これは豊かな気候と風土をもつ沖縄だからこそできることです。また鳥達が広大なフライングゲージの中で放し飼いにされているため、まるで熱帯地方の森に迷いこんだかのような感覚で展示が楽しめます。

森のガラス館

http://ameblo.jp/

沖縄で琉球ガラス作り体験を楽しめるのが、森のガラス館です。ここでできる体験は、メインのオリジナルグラス作り、手作りとんぼ玉体験、手作りアクセサリー体験などをはじめとした全6種類。小学生から参加できるので、親子で世界にたった一つだけのグラス作りに挑戦してみましょう!

ヘリオス酒造

http://atelierbobbin42.ti-da.net/

ヘリオス酒造は、古酒「くら」を醸造している総合種類メーカーです。ここでは無料で工場見学に参加することができます。工場見学のメニューは、泡盛製造の工程説明や、古酒蔵での映写会、無料の試飲などです。また、併設されているショプではお土産を買うこともできます。試飲コーナーがあるので、味を確かめながら一番お気に入りのお酒を買えるのも嬉しいポイントです。

やんばる学びの森

http://sunagawa-arashiro.blogspot.jp/

やんばる学びの森は、「遊びのゾーン」と「学びのゾーン」からなる森の中のレジャー施設です。遊びのゾーンでは、アスレチックやネイチャートレイル、学びのゾーンではやんばるの自然をよりリアルに体感しながら学ぶことができます。宿泊棟やオートキャンプ場、温泉も完備されているので、一日中ゆっくりと過ごすことができるスポットです。

やんばる亜熱帯の森

http://clubaxis.blogspot.jp/

やんばる亜熱帯の森は、亜熱帯ならではの植物が生い茂る森です。森の中は恐竜が出てきそうな雰囲気が広がっており、まるで白亜紀にタイムスリップしたかのような感覚が味わえます。また、レストランや土産屋も併設されているので、観光にピッタリなスポットです。

ページTOPへ

「名護・本部」周辺の関連記事

このページのTOPへ