石川県・和倉温泉から観光名所をめぐろう!軍艦島など、和倉温泉からアクセス便利な観光名所8選

  • 990 |

石川県の和倉温泉を観光する際に、ぜひ訪れておくべき名所をまとめました。和倉温泉から車で70分ほど移動すれば、魅力的な観光地が数多く見つかります。日本初の世界農業遺産「白米千枚田」や、軍艦のような姿から「軍艦島」とも呼ばれる「見附島」は特に人気です。そのほかにも、アザラシやカワウソと触れ合える「のとじま水族館」なら車で約20分移動すればアクセスできます。それでは、和倉温泉を基点にアクセスしやすい観光名所を、厳選して8スポットご紹介しましょう。

のとじま水族館

www.facebook.com

和倉温泉から車でおよそ20分の場所にある「のとじま水族館」は、動物を身近に感じられる水族館です。ゴマフアザラシの背中に触れる「アザラシとのふれあい体験」や、カワウソと握手できる「カワウソのおやつタイム」などのイベントは特に魅力的。また、のとじま水族館のショップには、この水族館でしか買えないぬいぐるみ「のとじまジンベエ」があり、子供達に人気です。

白米千枚田

Ryoichi Tanaka

和倉温泉から車で約70分の場所にある「白米千枚田」は、日本で初めて世界農業遺産に登録された棚田です。また、白米千枚田の景観は美しく、「日本の棚田百選」や「国指定文化財名勝」にも指定されています。約3.8ヘクタールの敷地に、約20平方メートルの小さな水田が1004枚も連なった風景はまさに絶景。奥能登の代表的な観光スポットとして親しまれています。

能登食祭市場

http://blogs.yahoo.co.jp/​

和倉温泉から車でおよそ18分の近所にある「能登食祭市場」は、獲れたての新鮮な海の幸を堪能できるマーケットです。能登食祭市場の名物「浜焼きコーナー」では、七尾港から入る新鮮な魚貝類や、市場で購入して持ち込んだ魚を浜焼きにして食べることができます。そのほか、能登名物「とり鍋みそ」、天然吟醸水塩「はジめ」などの特産品を購入できるお店「里山里海百貨店・里乃蔵」や、ミニコンサートが楽しめたり、カフェなどがある広場「モントレー広場・モントレーホール」も、観光客に人気のスポットです。

見附島(軍艦島)

Tsuyoshi Nakatani

「見附島」は、平安時代初期の僧「弘法大師」が佐渡から能登へと渡る際、最初に「目に付いた」ことが名前の由来とされています。また、高さは約28mもあり、迫力がある軍艦のような姿から「軍艦島」とも呼ばれる人気スポットです。夜にはライトアップされ、ロマンチックな雰囲気が漂います。

ルミュゼドゥアッシュ 辻口博啓美術館

http://blogs.yahoo.co.jp/​

「ルミュゼドゥアッシュ辻口博啓美術館」は、日本の一流パティシエ「辻口博啓」氏のスイーツとアートが堪能できる美術館です。6mもの飴でできた壁画や、能登をテーマにした飴の芸術作品など、スイーツとアートが融合したさまざまな作品を鑑賞することができます。また、併設されたカフェで、辻口博啓氏こだわりのスイーツを味わえるのも魅力です。

巌門

www.facebook.com

和倉温泉から車で約30分の場所に、奇岩「巌門」があります。景勝地「能登金剛」にあり、波の浸食でぽっかりとあいた洞門が特徴です。洞門の上には老松が生い茂っており、洞門のそばには、源義経が追手から逃れて48隻の舟を隠したと伝わる大きな洞窟があります。

ヤセの断崖

http://blog.goo.ne.jp/​

「ヤセの断崖」は和倉温泉から車で40分ほどのところに位置する高さ約35mの断崖絶壁です。名前の由来は、周辺の土地が痩せていたことや、断崖の先端に立って海を見下ろすと痩せる思いがすることなど諸説あります。また、小説家「松本清張」氏作の推理小説「ゼロの焦点」に登場したスポットとして有名で、映画「ゼロの焦点」の撮影現場にもなりました。

恋路海岸

www.facebook.com

訪れると恋が叶うと言われている「恋路海岸」は、カップルに大人気の海岸です。こちらスポットに訪れたなら、ぜひ見ておきたいのがハート型のモニュメント。モニュメントには鐘がついており、カップルで鳴らすと幸せが訪れるとされています。

ページTOPへ

「和倉温泉」周辺の関連記事

このページのTOPへ