東京 商店街7選!食べ歩きや散歩にぴったりなおすすめ人気商店街まとめ

  • 7226 |

東京の魅力溢れるオススメ商店街を7つご紹介します。東京の商店街は、TVや雑誌で頻繁に取り上げられるのでよくご存知の方も多いでしょう。「浅草仲見世商店街」や「上野アメ横商店街」は、いわずも知れた東京の商店街を代表する存在です。他にも若者に人気の「下北沢商店街」や、東京一長い距離を誇る「戸越銀座商店街」など、東京ならではのおいしいグルメや、下町の情緒溢れる風景が味わえる、魅力溢れた商店街ばかりです。

戸越銀座商店街

t.ohashi

戸越銀座商店街は、全長約1.3kmの東京で一番長い商店街です。商栄会ゾーン、中央街ゾーン、銀六会ゾーン、3つの構成からなる商店街には約400件の店舗が軒を連ね、平日でも1万人以上が訪れます。毎月最後の日曜日には、「戸越銀座市場」という全国からたくさんの物産品が届くイベントが開かれるので、ぜひ足を運んでみてください。

谷中銀座商店街

谷中銀座商店街は、東京の下町らしさが残る170mほどの通りに、70店舗もの飲食店や食料品店などが軒を連ねる商店街です。昭和の古き良き風景が色濃く残り、明治41年に創業した竹工芸 「翠屋」や、ユニークな店名の「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」など、目を引くお店がたくさんあります。お店の人たちもみんな笑顔で接客してくれて、暖かい雰囲気を味わえる素敵な商店街となっています。

上野アメ横商店街

上野アメ横商店街は、TVや雑誌で度々紹介される、東京でも有数の知名度を誇る商店街です。正式名称は「アメヤ横丁」。戦争が終わった直後の砂糖を入手できなかった時代に、さつまいもを使って作られた「いも飴」が売られていたことから名付けられました。また、戦後にアメリカ進駐軍の放出物を売るお店が増えたことからその名がついたという説もあります。

現在では魚介類や乾物、衣類、雑貨、宝飾品など様々な商品が揃っており、年末には観光客も含め多くの人でごったがえします。

浅草仲見世商店街

浅草仲見世商店街は、日本の中で1、2を争う古い商店街です。浅草寺への参道として、今も昔も大変賑わっており、特に近年では外国人観光客がたくさん訪れるスポットとなっています。また、仲見世商店街といえば「食べ歩き」というイメージがあるかと思いますが、実は食べながら歩くことは禁止されています。お店の中で、きびだんごやもなか、あげまんじゅうなどの仲見世名物を楽しみましょう。

吉祥寺サンロード商店街

Dick Thomas Johnson

吉祥寺サンロード商店街は、「一店逸品街」をコンセプトに約300m続く大きな商店街です。商店街のアーケードの天井は開閉式のゲートとなっています。昼間は太陽光を取り入れられた明るい商店街となり、夜は天井のスクリーンに映像や色彩などを映し出されユニークな雰囲気を楽しめます。訪れた際はぜひ、頭の上を気にしてみてください。

ファッションや飲食、美容に娯楽等、所狭しと店が入っており、季節ごとに様々なイベントも開催される、吉祥寺のメインストリートです。

下北沢商店街

keyaki

下北沢商店街は、若者にとても人気がある商店街です。下北沢商店街は、下北沢駅を中心に1km圏内にある6つの商店街の総称で、それぞれの商店街に魅力があります。

「下北沢一番街商店街」は、老舗のお店が多く昔ながらの温かみを感じられ、「下北沢南口商店街」では、夜になると飲み屋を探す人でごったがえす人気のエリアとなります。

「しもきた商店街」は下北沢駅北口に広がる商店街です。カフェや古着店などが軒を連ねます。下北沢といえば、この3つの商店街を思い浮かべる人も多いでしょう。

他にも、下北沢東会、代沢通り共栄会、新栄商店会など、それぞれに雰囲気が違う商店街を練り歩いてみてはいかがでしょうか。

高円寺パル商店街

www.facebook.com

高円寺パル商店街は、飲食・食料品店、医薬品店、衣料品店など約100の店舗からなる商店街です。高円寺演芸まつりや、高円寺びっくり大道芸などのイベントも盛んで、多くの人が訪れます。また高円寺名物の阿波おどりはここから始まりました。南口から直結したウエルカムゲートにより、雨に濡れることなく、商店街を楽しめるのも魅力のひとつです。

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ