軽井沢の美術館で本格アートや絵本を楽しもう!観光にオススメな軽井沢の美術館10選

  • 1557 |

日本有数のリゾート地である軽井沢は、国内で人気の観光スポットです。特に、自然と融和した美しい街並みが魅力的で、駅周辺の街全体をデザイナーが統一しています。そんな街全体がアートのような軽井沢の観光で特にオススメのスポットが美術館です。軽井沢全体に広がるように点在する美術館は、互いに手を取り合い、現代アートや歴史ある芸術を発信しています。今回は軽井沢の中でも、特にオススメの美術館を厳選して紹介します!

軽井沢観光の定番!森林との融和が美しい現代アートの美術館

軽井沢観光で特にオススメなのが、森のなかに溶けこむように存在する美術館です。リゾート地にふさわしい、美しい建築と森林が調和した姿は建物だけでも一見の価値があります。そのなかでも、特に多いのが現代アートを展示する美術館。なかには、自然いっぱいの庭園を周遊しながら彫刻を鑑賞できるような美術館もあります。ここでは、軽井沢で現代アートが鑑賞できる美術館を紹介します。

軽井沢ニューアートミュージアム

museum.or.jp

軽井沢のおすすめ美術館、軽井沢ニューアートミュージアムでは、日本の現代アートを主に展示しています。日本だけではなく海外で活躍している作家の個展やグループ展なども行われており、美術ファンの期待に応える美術館です。軽井沢駅から徒歩7分なので、観光の際に立ち寄るのもオススメです。

セゾン現代美術館

軽井沢の自然に包まれるように佇むのが「セゾン現代美術館」です。「緑の中の美術館」というコンセプトの通り、軽井沢の森の中に溶けこむような数寄屋造りの佇まいが魅力的です。
美術館の敷地内にある庭園では、軽井沢の自然の中、川のせせらぎを聞きながら彫刻作品を観覧して廻ることができます。軽井沢の森林と、建築と、美術品が織りなす圧倒的なアートは一見の価値があります。

軽井沢現代美術館

軽井沢から車で5分の場所に「軽井沢現代美術館」があります。主に海外で活躍をしている日本人アーティストの作品が、テーマごとに展示されています。軽井沢の光を取り入れた館内ではお茶とお菓子のサービスまであり、ゆっくりと作品を楽しむことができます。

絵本の美術館やトリックアートも!こどもと楽しめる美術館

軽井沢で鑑賞できるのは、現代アートや本格的な絵画だけではありません。世界の絵本が集まる森のなかの美術館や、ちょっとメルヘンなテイストが魅力的なレイモン・ペイネの作品が鑑賞できる美術館など、「可愛い絵画」を鑑賞できる美術館があります。また、トリックアートが楽しめる美術館もあり、こどもと一緒に楽しめるスポットとなっています。軽井沢らしく、森に溶けこむように存在する美術館で、メルヘンの世界を感じてみたり、トリックアートを体験してみませんか。

ペイネ美術館

軽井沢にある美術館の中でも、特にホッと一息できる場所が「ペイネ美術館」です。同美術館ではフランスの有名画家レイモン・ペイネの作品が展示されています。メルヘンなタッチで描かれた「ペイネの恋人たち」というシリーズが有名で、思わず笑みがこぼれてしまうような作品に触れることができる美術館です。

軽井沢絵本の森美術館

軽井沢で人気の美術館「軽井沢絵本の森美術館」は、今から25年前に開館しました。まるで絵本に登場するような森の中にある美術館です。館内には洋書を中心とした1,800冊を超える絵本を収蔵する「絵本図書館」や、絵本の歴史や文化を知ることができる「第一展示場」などがあり、古くて珍しい絵本にふれることができます。また、「絵本のお店」では洋書絵本などを中心にキャラクターグッズなどが販売されています。

旧軽井沢森ノ美術館

軽井沢駅から車で約5分という好立地の美術館「旧軽井沢森ノ美術館」は、珍しいトリックアートの美術館です。ただ眺めるだけの一般的な美術館とは違い、実際に触ったり写真を撮ったりできる体験型の美術館です。不思議なトリックアートの世界に子供だけではなく大人もつい夢中になってしまいます。

本格派の絵画を鑑賞しよう!絵画が鑑賞できる軽井沢の美術館

軽井沢のゆっくりと流れる時間の中で絵画を鑑賞したい方にオススメの美術館を紹介します。自然と調和した美しい美術館の中で、日本が生んだ名画家達の遺志が色濃く残る作品や、世界の名画を堪能してみてはいかがでしょうか。

千住博美術館

美術館は全国にありますが、絵画鑑賞というと敷居が高く感じる方もいるかもしれません。「軽井沢千住博美術館」では、たくさんの方に作品を鑑賞してもらいたいという思いから、初心者でも安心して鑑賞できるような配慮がいたるところにされています。建物自体も軽井沢の森に溶けこむような設計になっており、芸術品だけでなく美術館そのものを楽しめるスポットです。

脇田美術館

軽井沢では、森林の中でゆったりと美術鑑賞を楽しむのが観光の定番コースの一つです。脇田美術館では、現代洋画界を代表する脇田和氏の油彩、素描、版画など約1,000点が収蔵されおり、毎年内容を変えながら展示されています。軽井沢の澄んだ空気にぴったりの美術館です。

田崎美術館

軽井沢にある「田崎美術館」は、文化勲章を受賞した画家の田崎廣助氏の遺志により、作品を永久保存展示するために作られた美術館です。生前、田崎廣助氏が描いた作品の他、幅広い画人文化交友を示す資料が常に展示されています。

軽井沢を愛した文豪たちの世界を感じよう!文芸美術館ならここ

ここまで絵画や現代アートなど、定番の美術館をご紹介してきましたが、軽井沢には日本文学の歴史を感じられる美術館もあります。下記でご紹介する「軽井沢高原文庫」は、軽井沢の文学に触れることができるだけでなく、歴史的な建築も鑑賞することができます。

軽井沢高原文庫

「軽井沢高原文庫」は、軽井沢にある総合リゾート施設である「軽井沢タリアセン」内にあります。軽井沢を避暑地として好んでいた有島武郎や堀辰雄など、文人達の文学の世界を体感できる文学館です。有島武郎が情死した別荘を移築していたりと、作品以外のものについても触れることができます。

 

ページTOPへ

「軽井沢」周辺の関連記事

このページのTOPへ