東京 うなぎの名店8選!ランキング上位独占の老舗から安い店まで

  • 5921 |

東京都内には、うなぎの名店と言われるお店が多数存在します。東京のうなぎ屋の双璧ともいわれる老舗、東麻布の「五代目 野田岩」と北千住の「尾花」をはじめ、うなぎ好きなら一度は食べておきたいといわれる池袋の名店「かぶと」、正統派な国産うなぎを使ったうな重がリーズナブルな価格で堪能できる神田の名店「うな正」など、東京で一度は食べておきたいうなぎの名店ばかりを集めました。

五代目 野田岩

http://ramencafe.exblog.jp/

東麻布にある「五代目 野田岩」は、創業から200年以上の歴史を持つ老舗のうなぎ屋です。創業時から受け継がれてきた伝統のタレを使った絶品のうなぎ料理が堪能できます。提供されるうなぎは、天然と養殖どちらも最高の状態です。脂が程よくのっていて、柔らかく深い味わいが楽しめます。東京におけるうなぎ料理店の中でも指折りの名店といえます。

尾花

http://otowaya-style.net/

東京・南千住の老舗うなぎ屋「尾花」。天然のうなぎを取り扱っており、店内のメニューはうな重の小と大がメイン。うなぎはふわっとした食感で、濃い目のタレがご飯とうなぎに絡み、口の中でとろけます。休日には大行列ができる、正真正銘の名店です。

かぶと

http://blog.livedoor.jp/

池袋にある、東京屈指のうなぎの有名店「かぶと」。うなぎ好きなら一度は訪れたい店として知られています。店内では、大将のうなぎ料理へのこだわりと愛情が感じられる、うなぎ料理が堪能できます。取り扱っているうなぎは、天然物と養殖物の2種類がありますが、養殖物も非常に丁寧に調理されていて美味です。蒲焼きや白焼きを始め、えり焼きやひれ焼きなど、多彩な食べ方でうなぎが堪能できます。

川栄

http://syounanlife.cocolog-nifty.com/

東京・赤羽に店をかまえる「川栄」は、創業60年を数える老舗のうなぎ屋です。創業以来継ぎ足されてきた、秘伝のタレが香ばしいうなぎの味わいを最大限まで引き出してくれています。うなぎは1,050円から楽しめるので、リーズナブルさも魅力です。オススメは蒲焼きと白焼きの2品。酒のツマミにすればお酒がすすみ、ご飯のお供にすればご飯がすすむ、万能な逸品です。

うな正

http://blogs.yahoo.co.jp/

東京で安くてうまいうなぎが堪能できる店「うな正」は、神田駅から2分ほど歩いた場所にあります。うな正では、純国産のうなぎを使用したうな丼が980円、ダブルで1,800円と、東京のうなぎ店の中でもリーズナブルな価格で提供されています。ふっくらと焼かれたうなぎと、アッサリ目のタレがご飯とよく合う絶品です。

新宿うな鐵

http://blog.goo.ne.jp/

東京・新宿にある「新宿うな鐡」は、豊富なうなぎ串が楽しめるうなぎ屋です。店内では、レバーやくしまき、しろばらやくりからといったうなぎの部位焼きが堪能できます。もちろん、肉厚なうなぎ使ったうな重もしっかりと用意されています。豊富なうなぎ串をつまみに、全国から集められた地酒や焼酎を堪能してみてはいかがでしょうか。

鰻割烹 伊豆栄 本店

http://ameblo.jp/

うなぎ激戦区の東京で、江戸時代中期からのれんを守り続けている老舗が「鰻割烹 伊豆栄 本店」です。伊豆栄の特徴として、辛口のタレが挙げられます。このタレは、砂糖を使っておらず、醤油とみりんだけで仕上げられた逸品です。うなぎはふっくらと柔らかく、口に入れた瞬間にとけていく感覚が心地いいの一言。宴会や会食などにも好まれる東京の名店です。

神田きくかわ 神田店

http://xeno.at.webry.info/

昭和22年創業の老舗うなぎ屋「神田きくかわ」。神田きくかわのうなぎは、素材から調理法まで、徹底的にこだわられています。神田きくかわでは、注文を受けてからうなぎを蒸し始め、その後タレを付けて炭火で焼き上げます。その際に、竹串ではなくピアノ線を束ねた特注の金串で焼くことによって、中身にもしっかりと熱を伝え、ふっくらと仕上げるというこだわりよう。また、タレにも砂糖やみりんではなく、はちみつを使っていて、丸みのある甘さがご飯やうなぎとよく合います。

 

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ