東京駅 パンケーキ9選!ふわふわとろける絶品が食べられるオススメ店

  • 27817 |

パンケーキといえば、表参道や原宿が人気ですが、東京駅周辺にもパンケーキの美味しいお店が意外と多いってご存知でしたか?圧巻なボリュームのパンケーキが自慢の「HENRY GOOD SEVEN」や、ソーセージや野菜のマリネ、ポテトサラダなどが挟んである「パンケーキサンドイッチ」が味わえる「パティスリー キハチ&ルサンパーム グランスタダイニング」など、9選にまとめました。東京駅周辺でランチやティータイムに困ったとき、お役立てください。

HENRY GOOD SEVEN

heads / HENRY GOOD SEVEN

HENRY GOOD SEVENは、新丸の内ビルディングの7階にあります。天井が高く、開放的で明るい
雰囲気のお店です。店内にはソファ席があり、ゆったりとくつろぐこともできます。パンケーキは
圧巻のボリュームです。女性同士のときは、一つをシェアして食べるのもおすすめ。

果実園東京店

果実園東京店のパンケーキは、薄めでまん丸に焼き上げられていて、添えられたフルーツと一緒に食べると上品な味わいを楽しめます。東京駅のキッチンストリート内にあるので、朝の忙しい時間や移動中にも気軽に食べることができるのが魅力です。

VOLPUTAS東京駅グランルーフ店

PASTA&TAPAS VOLPUTAS / DRINK&デザート

「VOLPUTAS東京駅グランルーフ店」は、ガラス張りの開放的な空間で、明るい雰囲気のお店です。
シェフのこだわりパンケーキはしっとりと柔らかく焼き上げられており、コーヒーとの相性抜群。
モチモチした生地の食感を、是非楽しんでみてください。

バビーズヤエチカ店

m・r・s / バビーズ ヤエチカ

「バビーズヤエチカ」は東京駅に直結している八重洲地下街にあります。バビーズのパンケーキは外がカリっとしていて、中はしっとりなアメリカン風パンケーキです。1枚でもかなり分厚くて、食べ応えがあります。

サラベス 東京店

Sarabeth's

JR東京駅の八重洲北口にある「サラベス 東京店」。広々とした店内は落ち着いた照明に照らされていて、居心地の良い空間が広がっています。東京店限定のパンケーキ「ブルーベリー&コーンパンケーキ」は、生地にブルーベリーが練りこまれており、ベーシックな食べ応えのあるパンケーキと相性抜群です。そしてほどよい甘さのミックスベリークリームをつけると、これまた絶品。定番の「レモンリコッタパンケーキ」なども人気があります。

nagomi-NATULURE 日本橋本店

なごみナチュルアオーガニックハーブティーカフェ / Facebook

ティーコンシェルジュのいる店「nagomi-NATULURE 日本橋本店」は、オーガニック、カフェインレス緑茶などの高品質なハーブティーや、世界のお茶を取り扱っているお茶の専門店です。スイーツやフードもできるだけ添加物を使わない工夫がされており、旬のものを取り入れた身体にいい食品を味わうことができます。新鮮な野菜がちりばめられた「チーズのとろとろパンケーキ」は、ナイフに生地がくっつくほどのモチモチとした生地が魅力です。塩気が絶妙のチーズクリームが、弾力のある生地と相性抜群。

茅場町 珈琲家

珈琲家(茅場町) / Facebook

平日のみ営業しているレトロな喫茶店「茅場町 珈琲家」は、超巨大なホットケーキで有名なお店です。その名も「珈琲家特製ホットケーキ」。圧巻の大きさのホットケーキは2枚で500円、1枚のみだと300円と、とてもリーズナブルです。 たっぷりのバターとシロップをかけた甘い生地は、誰もが好きな馴染みのある味。外はカリカリで、中はふわふわ、大きくても不思議と飽きずに食べられます。

The Pantry 丸の内店 新東京ビル

The Pantry 丸の内店 新東京ビル / Facebook

有楽町にある「The Pantry 丸の内店 新東京ビル」は、ハンバーガーが有名なカフェです。こちらのお店では、シンプルな「プレーンパンケーキ」を味わうことができます。ちょうどいい分厚さのしっとりふかふかなパンケーキは、ほんのりした甘さでそのままでも十分美味しいです。メープルシロップをかけるとさらに甘さが広がります。シンプルなパンケーキで勝負していることが感じられるでしょう。

おいしい珈琲とホットケーキのお店 花時計

日本橋のオフィス街にある「おいしい珈琲とホットケーキのお店 花時計」は、平日のみ営業しています。つやつやで小麦色のホットケーキは、見た目から魅了されます。バターとシロップをかけて食べるその味は、どこか懐かしさが感じられるでしょう。ほっと心する美味しさのホットケーキです。

ページTOPへ

「東京駅・丸の内」周辺の関連記事

このページのTOPへ