asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

京都 温泉17選。京都市内で日帰り温泉が楽しめる場所がありました。

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

京都で人気の観光地は比較的広範囲に点在しているので、電車やバスに乗り、歩いたり楽しいけどちょっと疲れたという声をよく耳にします。そんな時は、気軽に旅の疲れが癒せる日帰り温泉でゆっくり、のんびりするのもいいのではないでしょうか。京都には情緒あふれる日帰り温泉施設が多数あるので、きっとお気に入りが見つかります。

ホテルモントレ京都

画像提供:ホテルモントレ京都

ホテルモントレ京都は宿泊する以外にも、和洋取り揃えた豪華で質の高いレストランや、ゆったりとリラックス出来るスパといった旅のひと時を楽しむ施設が充実しています。観光の後にのんびりと体を癒やすのにぴったりのホテルです。

鶴の湯

画像提供:鶴の湯

京都市内の気軽に行ける銭湯、鶴の湯。場所は伏見区景勝町、竹田街道の丹波橋北行道路沿いにあります。竹炭サウナも登場し、料金は中学生以上410円です。お風呂のあとはチュウハイや生ビールやたこ焼きなどの飲食も可能です。

玉の湯

画像提供:玉の湯

玉の湯は京都市役所駅前すぐにある銭湯です。サウナやジェット風呂なども揃っており、昔ながらの銭湯を思い起こさせる内装の中で、ゆっくりとくつろぐことができます。貸しタオルなども用意されており、ふらりと立ち寄ることができます。

船岡温泉

画像提供:船岡温泉

船岡温泉は京都の中でも古い銭湯ですが、今でも地元の人々に愛されており、数種類の浴槽を楽しむことができるようになっています。ジェットバスも設置されており、身体の疲れを癒すのに最適です。

仁左衛門の湯

画像提供:仁左衛門の湯

京都市西京区の日帰り温泉、仁左衛門の湯の目玉は2種類の源泉かけ流し露天風呂。日替わりで男女入れ替えになるので最低2日は通ってみたくなります。また岩盤浴は3種類の石から選ぶ事ができるのも楽しいです。また垢すりやマッサージメニューも充実しているので日々の疲れをしっかりと癒せます。

桜湯

桜湯は京都にある銭湯です。あまり目立ちませんが昔から地元の人に愛されてきた場所で内装も古きよき味わいを感じさせるところです。もちろん改装されるべきところは改装されており不便さはありません。日帰り温泉気分を味わえる銭湯です。