ブセナ海中公園の海中展望塔を取材散歩!園内の魅力を徹底解説

  • 3963 |

ブセナ海中公園は、その名の通り気軽に海を楽しめる公園でもあります。東シナ海に突き出した部瀬名岬にあり、公園の敷地内には人気のリゾート「ザ・ブセナテラス」などもあります。白い砂に青い海が美しいブセナ海中公園を取材してきました!岬の先端にある海中展望塔を目指して散策スタートです。

ブセナ海中公園へのアクセス

沖縄自動車道を北上し、終点の許田ICで降りて車で国道58号を走って約10分。部瀬名(ブセナ)岬にそびえ立つ名護市のリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」にたどり着きます。
ホテルのプライベートビーチである「ブセナビーチ」の周辺一帯が「ブセナ海中公園」です。ビーチや公園は、宿泊者以外でも利用できます。

スイスイ楽ちん!無料シャトルバスに乗車

ブセナ海中公園は「ザ・ブセナテラス」と同じ敷地内にあります。まず入口にゲートがあります。敷地内は広く、駐車場が数カ所あるため、係員が目的地に合わせて誘導してくれます。「どちらに行かれますか?」と聞かれたら、「海中展望塔です!」と答えると、「ブセナ海中公園の専用駐車場」の場所を教えてくれます。

駐車場に車を停めるとすぐ近くにオレンジ屋根のビーチハウスがあります。「海中展望塔」や「グラス底ボート」のチケットはここで購入できます。

この建物の目の前が無料シャトルバスの乗車場所で、出発時間が近づくと真っ赤なシャトルバスが登場します。小ぶりで可愛いバスです。

レトロ風のシャトルバスに思わずテンションが上がり、心の中でついついはしゃいでしまいました。20分間隔で運行し、片道の乗車時間は5分ほど。バス車中から眺める景色がなかなかに壮快で、暑い時期ならクーラーが効いた快適な乗り物でもあります。

【シャトルバス運行時間】(2015年12月現在)
==========================================
[往き]ビーチハウス前:
始発便9:00、最終便17:40発/11〜3月:最終便17:20発
毎時00分、20分、40分発

[帰り]海中展望塔前:
始発便9:05、最終便18:00/11〜3月:最終便17:25発
毎時05分、25分、45分発
==========================================

シャトルバスに乗っていざ出発!
緑の芝生から始まる遊歩道。奥に見えるのがホテルの「ザ・ブセナテラス」です。


ときどき歩行者がいるため、シャトルバスはゆっくりと走行。そのためビーチや亜熱帯植物など車窓の景色をゆったり見学でき、楽しんでいる間に終点へと到着します。

途中1カ所の乗降所を通過し、終点の「海中展望塔前」に到着。わずか5分ほどの旅路でしたが、快晴時なら何往復でもしていたいほど快適で爽快な気分です。特に暑い日は、シャトルバス内で長時間の昼寝をしていたいくらいの快適さがあります。そしてバスを下車して最初に見た景色が、まだまだ遠く離れた海中展望塔でした。思ったより遠いです…!

バス停の「海中展望塔前」からさらに長さ約180mの橋を渡っていきます。数字的に見るとさほど距離感を感じませんが、実際に端を目の前にするとこんなに遠いのか…と思ってしまいます。

海の上を歩いている気分に

ちょうど夕方の時間帯。西日が真正面から差してきて、見るものすべてをシルエットに変えてしまいます。

せっかくなので記念撮影をしながら歩きます。ふと橋の上から海を覗き込むと、悠々自適に泳ぐ熱帯魚の群れを発見しました!

こんなに海が透き通っているとは、感激です。橋の途中にある自販機で餌(モナカ)を購入でき、餌を投下するとものすごい勢いで魚たちが集まってきます。

これは海中展望塔に入らなくても、じゅうぶん魚を見て楽しめるのでは…?と思ってしまいます。しかし橋を渡ってここまで来たからには入ってみましょう、有料の「海中展望塔」に!

いざ、海中展望塔の中へ!お魚たちのパラダイス

駐車場に車を止めてから、なんだかんだと長い道のりでした。やっと海中展望塔に到着し、係員にチケットを渡して中に入ってみます。いざ、海中展望塔へ!

入口から階段を降り、ぐるぐると螺旋階段を降りていきます。数えてみると50段ありました。目が回る手前で階段を降りきると、海中展望塔の底に到着です。

丸窓の数は全部で24個。それゆえに海中展望塔の収容人数は最大24名までと決まっているそうです。

潜水艦から海中を見ているような気分になる丸窓を覗き込むと、カラフルな魚や珍しい魚が目の前を通り過ぎます。

この魚の動きが意外と速く一瞬で視界から消える魚もいれば、「私を撮ってー」とモデル張りにじっとしたまま動かない魚もいます。魚によって性格の違いもありそうです。

カクレクマノミは人気者なだけに網の中で飼育され、いつでも見学できる配慮がされています。これなら見逃す心配がありません。

ユニークな魚たちを紹介します!

1.オヤビッチャ

自ら積極的に窓へと接近してくる魚がいます。この魚は「オヤビッチャ」といい、縦のしま模様と背びれ付近の黄色が特徴です。

実はこのオヤビッチャ、九州から沖縄辺りでは食用として鮮魚コーナーに並び、特に奄美大島ではヘキという愛称で親しまれています。唐揚げや煮付けにして食べると美味しいです。しかし、親しみのない人には「熱帯魚を食べるの?」とびっくりされるかもしれません。

2.タマン

とぼけた顔のこの魚は、和名を「ハマフエフキ」、沖縄の方言で「タマン」といい、釣り人に親しまれています。沖縄では刺し身やバター焼きとして、主に海鮮系の料理屋で提供されています。濃厚な「バター焼き」は地元では人気のある調理方法。外の皮がパリッ、中はふんわりジューシーな焼き上がりです。お刺身で食べると淡白な味が特徴です。

海中展望塔では、タマンが他の魚を追いかけ回すシーンを見かけ、少しだけ意地悪な魚に見えましたが、愛嬌のあるとぼけた顔だけに面白い光景でした。

3.ヘラヤガラ

線のように細長い魚「ヘラヤガラ」を何度か発見。スタッフさん曰く、海中展望塔でもなかなか見かけないレアな魚だそうです。ゆらゆらと漂いながら泳ぐ様がおもしろく、見かけたらつい目が釘付けになるくらい個性的な姿に映ります。
 
スタッフさんの話によると、季節やタイミングによっては、高級魚のロウニンアジの群れやクマノミの仲間を鑑賞できることもあるのだとか。

スタッフに聞いてみた!海中展望塔の楽しみ方

海中展望塔のスタッフである平さんにお話を伺ってきました。

Q1:まず、スタッフ目線での海中展望塔のイチ押しポイントを教えてください

季節や時間帯で異なる表情を見られるところ。海はもちろん魚や珊瑚など、自然や生き物の表情は1時間単位で変化していきます。ある大学の学生さんたちが調査したところ、140種近い魚が確認できたとか。毎日見ていても飽きないくらいユニークな魚たちと出会えるんです。

Q2:毎日見ていても飽きないとは?

タマンが他の魚を追いかけ回すなど、各々の魚が持つ習性や特徴を知ると、より楽しく鑑賞できます。海中展望塔で見かける魚の中では、アンヌマー(フタスジタマガシラ)が好きです。稲妻のような模様がカッコイイんですよね。ヘラヤガラの独特な泳ぎ方も面白くて好きですね。ぜひ自分好みの魚を発見してみてください。

そして今回最も驚いたのは、この海中展望塔が1970年開業だったこと。2015年の今年、45年目を迎える歴史ある施設でした。もともとここに海中公園があったところ、1997年7月に「ザ・ブセナテラス」と「グラス底ボート」が開業し、ブセナ海中公園が今の姿になったとのことです。

ブセナ海中公園では、グラス底ボートを楽しむこともできます。クジラを模したボートの外観は子どもに人気のようです。ガラス張りの底から覗く海の中には魚たちがいっぱいです。遊覧時間は約20分、海中展望塔と併せて楽しみたいアクティビティです。

www.odnsym.com
www.odnsym.com

沖縄の美しい海を気軽に楽しめるブセナ海中公園と海中展望塔。ドライブの途中に気軽に立ち寄ってみませんか?

ブセナ海中公園内にある、ザ・テラスクラブアットブセナの体験記はこちら!
沖縄でザ・テラスクラブ アット ブセナに泊まってみた。贅沢な大人のためのリゾートを満喫!

■施設情報
名称:海中展望塔
住所:沖縄県名護市喜瀬1744-1 ブセナ海中公園内
定休日:年中無休(荒天時は休業)
営業時間:9:00~18:00(4月~10月)、9:00~17:30(11月~3月)
公式サイト:http://www.busena-marinepark.com/observatory.html

ページTOPへ

「名護・本部」周辺の関連記事

このページのTOPへ