上野動物園を2時間で思いっきり満喫!時間がなくても楽しめる方法教えます

  • 377410 |

西園に移動、その直前にカピバラが暮らしています。広い敷地に2匹だけいるという贅沢な空間です。とっても広いのに端っこが好きみたいです。

カピバラは基本的にほとんど動きません。気持ちよさそうにひなたぼっこしています。時々耳が「プルプル」と動きます。見ているとなんともいえない癒やしを感じます。

カピバラは取材時(2015年12月1日)には東園にいましたが、12月6日に井の頭自然文化園にお引越ししました。現在は西園のこども動物園内に1頭いるので、会いに行ってみましょう。

人気急上昇中!ハシビロコウもいる西園

「いそっぷ橋」という橋を渡って西園に向かいます。何がいそっぷなんだろう?と思っていたら、欄干に発見したのは…

寝ているウサギと、今にも動き出しそうなカメです。そう、「ウサギとカメ」の童謡を書いたイソップの名にちなんで、のようです。

そして橋の上からなんと、レッサーパンダがお昼寝をしているところを見られました。橋のところにいたボランティアの方に声をかけられて気づいたのですが、見られてラッキーです!園内にはあちこちにボランティアの方がいて、動物についてのこぼれ話などを教えてくれます。

ケープペンギン

まず向かったのはペンギンのところ。この日は暖かかったので、みんなのんびりひなたぼっこをしていたようです。

なにか会話しているようにも見えます。

ハシビロコウ

西園で今一番注目を集めているのが、サギとコウノトリとペリカンの特徴をあわせもった鳥、ハシビロコウです。パンダと同じぐらいの人気があるのだとか!

ハシビロコウは大きな体、大きなくちばしが特徴です。ずっとじっとしていることがほとんどのため、「動かない鳥」としてテレビやネットで話題になり、人気がじわじわと高まっているとのことです。

あっ。

他の動物とは異なり、ネット1枚を隔てただけの場所にいるため、かなり距離が近く感じます。

カバ、コビトカバ

カバとコビトカバはもとは同じ種だったと考えられています。カバは2~3トンにもなる巨大な動物です。

対してコビトカバは200キロほど。重さが10分の1ぐらいです!コビトカバは、世界三大珍獣のうちの1つと言われています。

気持ちよさそうに昼寝をしていました。

キリン

一心不乱に水を飲んでいるキリン。

やはり背が高いです。

オカピ

キリンの先祖に近いとも言われる動物、オカピ。こちらも世界三大珍獣の1つに数えられています。

こちらも食事中でした。草をムシャムシャと食べ続けています。

ガラパゴスゾウガメ

西園の池之端門の近くには、「両生爬虫類館」があります。ヘビやカメ、ワニ、カエルなどが暮らしています。

中は熱帯を模した雰囲気。湿度も高く暑いです!

ここで見ておきたいのは、ガラパゴスゾウガメ。推定年齢はなんと80歳以上、人間より全然長生きです。

重そうな体をしていますが、意外と素早い動きです。

アイアイ

アイアイは、「おさ~るさ~んだよ~」の歌で名前は知っている、という人がほとんどではないでしょうか。アイアイはマダガスカルに生息するサルの仲間で、日本では上野動物園にしかいません。

夜行性のアイアイは、昼間は寝ています。ここの部屋以外は昼夜逆転展示を行っているため、動き回っているアイアイを見ることができます。素早くてうまくカメラに収められなかったので、ぜひ現地で確認してみてください。

ワオキツネザル

アイアイのいる建物を出ると、不忍池を渡れる浮き橋があります。浮き橋の途中に、なにやらバオバブの木?のようなものが…

近寄ってみると、中に!

ぎっしりとワオキツネザルが入っていました!寒いからなのか、体を寄せあっていました。

ここまでで2時間

たくさんの動物達に会えて、食事をしている様子を見て楽しめて、ここまででちょうど2時間でした!のんびりとお散歩がてらいくのもおすすめです。

次の休日は、まずは朝から動物園に行って癒やされてみませんか?

■施設詳細
名称:上野動物園(東京都恩賜上野動物園)
住所:東京都台東区上野公園9-83
開園時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)
休園日:月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)
入園料:一般600円、65歳以上300円、中学生200円、小学6年生までは無料 ※都内在住、在学の中学生は無料
公式サイト:https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

取材・文・撮影 藤井みさ

ページTOPへ

「上野・御徒町」周辺の関連記事

このページのTOPへ