東京ドームシティアトラクションズ シーン別攻略法を徹底取材&解説!

  • 6028 |

東京ドームシティは、東京ドームや東京ドームシティアトラクションズ、ラクーア、東京ドームホテルなどが集まる総合エンターテインメント施設です。今回は東京ドームシティ アトラクションズに行ってきました。ファミリー、カップル、友達同士など、誰と行っても楽しめるアトラクションの魅力をシーン別にご紹介します。

アクセス◎近くには駅がたくさん!

最寄り駅は水道橋駅ですが、後楽園駅、春日駅からもアクセスできます。今回は後楽園駅を使いました。ラクーアを抜けてアトラクションズのチケット売り場へ向かいます。

ワンデーパスポート(大人3,900円)を買って、さっそく行ってきます!

園内にはたくさんの乗り物があります。シーン別に紹介していきます!

友達とわいわい楽しめるアトラクション!

ブンブンビー

「ブンブンしとく!?」が合言葉のブンブンビー。90秒間ぐるぐると上下左右に回転するアトラクションです。乗ってみると約6メートルの高さは、思ったよりも高く、思わずシートをつかんでしまうほどのドキドキ感です。

みんなで一列になって「ブンブンビー」しましょう!

わーい!

ワンダードロップ

高さ13メートルから水中へダイブするアトラクションです。合言葉は「ヨーホー!」。落ちる瞬間に思いっきり「ヨーホー!」と叫ぶと、何かいいことがあるかもしれません。

いってきまーす!どきどき!

はじめは、ゆったりと竹林のなかを進んでいくのですが、最後はおもいっきり落ちます。ヨーホー!水しぶきがすごい!スリル満点のウォータースライダーです。濡れるのはちょっと…という方には、110円でポンチョを買うことをおすすめします。

ルパン三世~迷宮の罠~

銭形警部の依頼を受けて、ルパンのアジトに潜入します。「A-スキャン」というタブレット型の機材を使い、さまざまな仕掛けがある迷宮で宝探しをするアトラクションです。

説明を受けたはいいものの、実際にどんなアトラクションか想像がつかず、実際にやってみることに。中は写真撮影禁止なので、見せることができないのですが、ただただすごい!普通の迷路とはちょっと異なり、「わあ!!!」と声が出てしまうこと間違いなしです。asoview!編集部イチオシのスリル満点体験型アトラクションです!

小さい子もおもいっきり遊べる!親子におすすめ!

キッズハッカー

3歳から楽しめる小さい子向けのフリーホールです。上下に動くキッズハッカーにちびっこたちは大はしゃぎです。楽しそうな歓声が響き渡っていました。

ニンニンランド

みんなだいすきニンニンジャ―と一緒に楽しめるコーナーです。

「忍術コーナー」には、空中トンネルを進む「くぐり抜けの術」、紐につけられた鈴を鳴らさずに駆け抜ける「忍びの術」、ロープにぶら下がって空を駆ける「空飛びの術」、牙鬼軍団をパンチやキックでやっつける「対決の場」があります。おもいっきりカラダを動かして、ニンジャ気分を満喫できます。

「プレイコーナー」には、ニンニンジャーのキャラクターグッズがたくさん置かれています。おもちゃだけではなく、タブレット端末で楽しめるゲームアプリも用意されています。

空気で厚く膨らんだエア遊具の上で、子どもたちが飛び跳ねられる「ふわふわコーナー」。安全を考慮したつくりなので安心です。

ドキドキ!カップルで楽しみたいアトラクション

お化け屋敷

時期によって内容は異なるのですが、取材時(2015年12月)は「魔界からの恋文」というタイトルでした。
この屋敷の主人に、魔界の女が恋をします。しかし主人には妻と子供がいるため、女が主人を魔界に連れ去ってしまいます。文字がところどころ抜けている一通の恋文だけが残されているというストーリーです。そこで、屋敷に入りその文字を探し、恋文を完成させるというアトラクションです。

恋文をもらって、空いている文字を埋めてきます!

中は暗すぎて写真が撮れなかったのですが、なにこれ怖すぎ…。絶恐!絶叫!!!

思い出すだけで、泣けてきます…。今回は1人で挑戦したのですが、次回は好きな人と挑戦したいです。毎年夏限定でさらに怖いお化け屋敷を体験できるそうです。

ちなみにお化け屋敷の前には「リモートゴースト」という、お化け屋敷の中の仕掛けをコントロールできる部屋があります。

ここで中に入っている人を驚かすのも面白いです!やられたほうはたまりませんが、ぜひやってみてください。

ザ ダイブ

深海の財宝を探しに行く、シューティング型のアトラクションです。ターゲットを打ちながら高得点をねらいます。コース上にはさまざまな仕掛けがされていて、刺激的な冒険を楽しめます。

前に立ちはだかる敵をやっつけていきます。

ビッグ・オー

ビッグ・オーは世界初の直径60mのリング型観覧車です。地上80mから東京のスカイビューを満喫できます。

冷暖房完備で完璧です。乗車中は、タブレットでBGMも好きなものを選べます。最近の観覧車ってこんなに進化していたんですね!素敵!取材時は12月だったので、クリスマス・ソングメドレーで一周(15分)しました。BGMはシーズンによって異なりますので、HPにてご確認ください。

街の明かりが宝石箱みたいです。

記念写真も撮影してくれます。

1枚1000円です。記念におすすめです!

アクセスもよく、東京ドームやラクーアといった施設を多数持つ魅力いっぱいの東京ドームシティ!幼児から大人まで幅広い年齢の人が楽しめます。フリーパスでアトラクションを乗りつくすのもよし、気になるアトラクションのチケットだけを買って楽しむのもよし、休日は東京ドームシティ アトラクションズに訪れてみてはいかがですか。

施設概要
名称:東京ドームシティ アトラクションズ
住所:東京都文京区後楽1-3-61
営業時間:10:00~21:00
料金:ワンデーパスポート・大人(18歳以上)3,900円、シニア(60歳以上)・中高生3,400円、小学生2,100円、幼児(3~5歳)1,300円
ナイト割引パスポート・大人(18歳以上)2,900円、中高生2,400円
※ナイトパスポート…17:00~販売。(当日のみ有効)
※入園は無料で、各アトラクションの乗物券も販売しています。詳しくはHPをご覧ください。
アクセス:都営三田線 水道橋駅より徒歩2分、JR中央・総武線 水道橋駅より徒歩3分
東京メトロ丸の内線 後楽園駅、東京メトロ南北線 後楽園駅、都営大江戸線 春日駅からも徒歩7分ほどで行けます。
駐車場:タイムズ 東京ドーム駐車場(400台)、タイムズ ラクーア駐車場(170台)、タイムズ ミーツポート駐車場(100台)があります。いずれも30分400円です。
公式サイト:http://at-raku.com/

取材・文 遠藤佳菜子

ページTOPへ

「水道橋・後楽」周辺の関連記事

このページのTOPへ