国立科学博物館 完全取材レポート!外せない見どころ解説決定版!

  • 13795 |

東京・上野公園内にある国立科学博物館は、明治10年に創立された長い歴史を持つ博物館です。自然・科学に関するさまざまな展示が行われていますが、膨大な展示は何から見ればいいか迷ってしまうもの。そこで今回は国立科学博物館に取材に行き、広報の土屋さんにおすすめのフロアと展示物を聞きながら巡ってきました!

大きなクジラやD51がお出迎え!

国立科学博物館は、上野公園内、国立西洋美術館の隣にあります。1931年に建設された「日本館」と、新しい「地球館」の2つの建物からなっています。

公園の一番外側、道路に面した場所には、ものすごく大きなクジラの像があります。

これは地球上に生息する中で最大の動物、シロナガスクジラの実物大模型。全長30メートルの巨体を海に潜らせている様子です。

1975年まで走行していた蒸気機関車、D51の実際の車両も展示されています。「デゴイチ」の愛称で今も多くの人に親しまれている車両です。近くで見ると大きくて迫力があります。

国立科学博物館の展示は、1年通して展示を行っている「常設展」と、テーマに即した展示を行う「特別展」にわかれています。「特別展」をしっかりと見ると「常設展」を見る気力がなくなってしまうこともしばしば。でもせっかく来たのだから、見ておかないともったいない!という場所を紹介していただきました。

美しい建物も必見「日本館」

まずは「日本館」のおすすめスポットです。この建物は1931年(昭和6年)にできたもので、80年以上の歴史があります。

ネオルネサンス様式の建物

この建物はネオルネサンス様式を基調とした建物で、当時の科学技術の象徴だった飛行機型のデザインです。天井を見上げると、ドーム型になっている白亜の屋根とステンドグラスに気づきます。どこか聖堂のような雰囲気も漂わせる、美しい建築です。国の重要文化財にも指定されています。

ライトにもレトロモダンのセンスを感じられます。「晴れた日には、天井のステンドグラがいっそう美しく見えますよ」と土屋さん。ベンチもあるので、展示を見つつここでゆっくりするのもよさそうです。

2階 日本人と自然

ここで見ておきたい展示が2階の「日本人と自然」。まず目に入るのは、日本の人口の変遷をあらわした展示です。

これは肉眼で見るとよりわかりやすいのですが、どんどんと人が増えていったのだなということがわかります。

日本人と言っても、時代によりその生活様式や服装、身長なども変化していきます。その移り変わりがひと目でわかるのがこちら。港川人、縄文人、弥生人、中世人、近世人、現代人に分かれています。

おや?「現代人」の項目はケースが空っぽです。

実はここ、撮影スポットになっています。というわけでケースに入ってみました。自分が展示の一部になったような、ちょっと不思議な気分です!

人々の生活に密接に関わっている、家畜やペットなどの剥製も展示されています。

可愛い犬がいる、と思ったら、なんとこれは「忠犬ハチ公」のハチそのものの剥製だそうです。こんなところにいたとは!凛々しい姿で主人を待っていた、そのままの姿です。

リニューアルした地球館で自然科学を体感

続いて地球館にやってきました。地球館の北側部分(地下3階、地下1階~3階)は2015年7月にリニューアルし、よりわかりやすく、科学を体感できる展示が増えました。

1階 地球史ナビゲーター

3つの巨大なスクリーンに囲まれた部屋。それぞれのスクリーンには、宇宙史、生命史、人間史の変遷がわかりやすいアニメーションで映しだされています。ここを見るだけで人類の、いや宇宙の歴史をも網羅できてしまいます。

それぞれのモニターの下には、関連する標本などが展示してあります。これは最古の鳥類と考えられている「始祖鳥」の化石のレプリカ。実際に触れるようになっています。

中央に展示されているのは、隕石、恐竜の骨格標本、衛星です。隕石はアルゼンチンで発見された「カンポ デル シエロ隕石」、骨格標本は「アロサウルス」で、これは日本に初めてやってきた骨格標本です。そして衛星は、気象衛星「ひまわり1号」。今も日本の空を観測し続けている「ひまわり」の初代の衛星です。

本物の衛星を間近でじっくり見られる、なかなかない機会です。

土屋さんが教えてくれた「研究者のこだわり」が、中央の台の周りを取り囲む仕切り。これ、実は1枚が1億年という間隔になっています。

よく見ると、周囲のそれぞれの展示から該当する年代の所まで床をラインが走っています。「人間史」のところからはすべてが最後の1枚に集約されていました。こうやって見ると、宇宙や地球に比べて人間の歴史のなんと短いことか!と感じさせられます。

スクリーンの裏には生物多様性に関する展示があります。驚くことにこれらはほとんど標本(昔は生きていたもの)だそうです!すごい数です。そしてジンベエザメの大きさに圧倒されます!

ペンギンやアザラシも。か、かわいい…

2階 科学技術で地球を探る

2階はただ見るだけではなく、実際に体を使って科学技術を体験できるフロアです。まず入るとこの部屋へ。

ここは観測ステーション。様々な手段で地球を観測しているデータを、ほぼリアルタイムで見られます。

流れてくる画像に手をかざすと…

モニターが開き、それぞれのデータを細かく見られます。現在の気温、地震の様子、太陽の状態などなど…様々なデータが次々と流れてきます。

データを見られるのも面白いですが、この「手で映像を動かす」という感じが映画の主人公になったような気分で楽しい!

そして土屋さんが「ちょっとやってみませんか」と誘ってくれたのが、震源を予想する体験展示。

自分の観測所を選び、地震のゆれが伝わる時間の差を利用して震源を当てる、というゲーム感覚の展示です。意外と難しい…!地震が起こった際に震源を特定するメカニズムも学べて、なるほど!と思えます。

他にも、赤外線で自分をサーモグラフィーに映し出してみたり

衛星を使って地球を観測してみたり…などなど、大人でも夢中になってしまう展示ばかりです。

地下1階 地球環境の変動と生物の進化~恐竜の謎を探る~

科学博物館といえば恐竜!とイメージする人も多いかと思いますが、地下1階の恐竜フロアも2015年7月の展示でリニューアルしました。

やはりすごい迫力。ちなみにティラノサウルス、研究の結果から現在では羽毛をまとった姿だったと考えられているようです。イメージと違う!

ティラノサウルスの逆側には、巨大な頭部を持つ草食系の恐竜、トリケラトプスの骨格標本があります。

この展示方法、「実はティラノサウルスがトリケラトプスを狩ろうと狙っている、というシーンを表しているんです」と土屋さんが教えてくれました。確かに!茂みの向こうからやってくるトリケラトプスをじっと待ち構えるティラノサウルス、という構図です。骨格が展示されているだけなのに、ジャングルの中にいるような気分にすらなってきます。

ほかにも、卵を抱いて温めていたと考えられている「シチバチ」や、

 

体重が17トンもあったと考えられている超巨大な草食恐竜、「アパトサウルス」の骨格標本も。アパトサウルスの大きさに圧倒されます!

6500万年前に地球に隕石が衝突し、恐竜が滅びた時の地層もありました。中生代最後の日、「k/Pg境界」と呼ぶそうです。右側は本物の地層です!

オリジナルグッズ満載のミュージアムショップ

博物館や美術館に来たら楽しみなのが、オリジナルグッズ。国立科学博物館にもいろいろなオリジナルグッズや、科学にまつわる書籍やゲームを販売するミュージアムショップがあります。

写真提供:国立科学博物館

その中でも特に人気を集めているのが、忠犬ハチ公グッズ。可愛いぬいぐるみは人気ナンバーワンの商品です。

写真提供:国立科学博物館
写真提供:国立科学博物館

他にも文房具やお菓子など、魅力的な商品がたくさんあります。自分へのお土産にもおすすめです!

金曜は夜間開館も

普段は17時までの開館ですが、金曜の夜のみ20時まで夜間開館を行っています。仕事帰りなどに普段とはちょっと違う世界を覗いてみるのもおすすめです。土屋さんによると、18時以降は人も少なく穴場とのこと!子供に遠慮して体験展示ができない…なんてこともなく、ゆっくりと展示を楽しめます。

歩くたびに新しい発見に出会える、ワクワクが止まらない国立科学博物館。今回紹介したフロア以外にも、球体のスクリーンの中に入って映像を楽しめる「シアター36○」など魅力的な展示ばかりです!新しい出会いを探しに国立科学博物館に行ってみませんか。

アクセスをご紹介!

駐車場は?車を利用して行く場合

首都高速道路上野線「上野出口」から約10分

国立科学博物館に駐車場はないので注意が必要です。近隣のコインパーキングを利用しましょう。

最寄り駅は?電車を利用して行く場合

  • JR「上野駅」公園口から徒歩約5分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩約10分
  • 京成電鉄「京成上野駅」から徒歩約10分

■施設詳細
名称:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)、金曜日のみ9:00~20:00(入館は19:30まで)※特別展等の開催期間中は延長することがあり
休館日:毎週月曜日(日・月曜日が祝日・休日の場合は火曜日)、年末年始(12月28日~1月1日)くん蒸期間(6月下旬頃)
入館料:一般・大学生620円、小・中・高校生は無料※特別展は別料金
公式サイト:http://www.kahaku.go.jp/

取材・文 藤井みさ

ページTOPへ

「上野・御徒町」周辺の関連記事

このページのTOPへ