東京スカイツリー 120%楽しむ方法を紹介!ツリーの魅力を完全取材

  • 6504 |

東京都墨田区にある「東京スカイツリー」は、世界一高いタワーとしてギネス記録に認定されています。この土地の昔の地名だった「武蔵」にちなんで、高さは634(むさし)メートルです。asoview!NEWS編集部が実際に登ってきたので、その魅力をどどんと写真多めでレポートします!

また東京スカイツリー天望回廊では、現在公開中の「スターウォーズ・フォースの覚醒」とコラボしたイベント「STAR WARS TOKYO SKY WALK at TOKYO SKYTREE」が行われていますので、合わせてご紹介します。

とうきょうスカイツリー駅、押上駅直通

東京スカイツリーのある東京スカイツリータウンは、とうきょうスカイツリー駅、押上駅からすぐです。

チケットカウンターは、東京スカイツリーの4階にあります。当日券・大人2,060円を払って入ります。

エレベーターで高さ350メートルのフロア350まで一気に上がります。エレベーターは4機あり、それぞれ日本の四季を表現しているそうです。天空にのぼるひとときでさえ特別な体験です。天望デッキに上がる際は、どの季節に当たるかぜひ楽しみにしていてくださいね。

東京スカイツリー天望デッキ

エレベーターを降りると、目の前には東京タワーをはじめ、東京の街並みを一望できます。この日はちょっと曇っていたのが残念です。

銀座や日本橋、水道橋から富士山や東京タワーまで見えます!

夕焼けがいい感じにきれいです。

天望デッキの見どころ

天望デッキには、訪れた人が楽しめるようなさまざま仕掛けがありました!

①江戸一目図屏風
江戸時代に画家・鍬形蕙斎(くわがたけいさい)によって書かれた屏風。江戸の街並みと目の前に広がる景色を重ね合わせ、時代の変化を感じることができます。

②東京時空ナビ
52型の大モニターが、天望デッキから見える景色を説明してくれます。

タッチパネル式なので、気になるところを選択できます。新しい!

③SKYTREE CAFE
スタンディングスタイルなので、気軽に飲んだり食べたりできます。ちょっとした休憩におすすめです。

④フォトサービス

できあがった写真は1枚1,300円で購入できます。自分のカメラでも撮影してくれるので、買わなくてもOKです。太っ腹!

カップルや家族連れしかいない中、せっかくなので私も撮ってもらいました!掛け声は「スカーイツリー!」スタッフさんみんなテンションが高く、お一人様にも優しい。

一周回った後は、東京スカイツリー最上階の天望回廊へと向かいます。

東京スカイツリー天望回廊

上がるためには、別途1,030円(大人)がかかります。チケットを買ってエレベーターへ。

正面と天井がシースルーになっているため、外がよく見えます。最上階への期待感が高まります。

現在スターウォーズとのコラボイベント開催中!

12月18日に公開された「スターウォーズ・フォースの覚醒」を記念して、東京スカイツリー天望回廊では2016年2月11日(木)まで「STAR WARS TOKYO SKY WALK at TOKYO SKYTREE」が開催されています。地上450メートルの空間が、まるで宇宙のような雰囲気に。スターウォーズの世界を存分に体感できます。

いたるところにスターウォーズのキャラクターが…!

ライトセーバーを持っての写真撮影スポットもあります。

東京スカイツリーの展望台で上れる高さとして最も高いポイント、451.2メートルの「ソラカラポイント」まであとちょっとです。

わーい!最高到達点!到着!!!

天望回廊でもフォトサービスが行われています。たくさん記念撮影場所があって嬉しいです。

だんだんと暗くなってきました。16時に入って現在17:30頃です。

足元もガラスになっているので、不思議な浮遊感が体験できます。

18:00頃。とってもキレイな夜景を見ることができました。1人で来ているなんて関係なく感動してます。キラキラした宝石箱みたいです。すてき!

帰りはフロア345のスカイツリーショップでおかいもの!

ここでしか手にはいらないスターウォーズのグッズも販売されています。ファン必見です。

あるかな?あるかな!?と思っていたら、やっぱりありました。ガラス床!耐熱強化仕上げのガラス床は、登っても大丈夫!真下に広がるスカイツリーの鉄骨美を楽しめます。

帰り際にも、フォトブースが。こちらはクリスマス仕様です。元気なお兄さん(スタッフ)が写真をとってくれます。

キレイすぎる夜景に1人の恥かしさを忘れて、記念撮影。せっかくなので。
イェイ!小さいフォトカードは無料でくれました。めりーくりすます!

絶景を眺めることのできるレストラン

Sky Restaurant 634
息をのむような絶景の中で、フランス料理をベースに江戸東京を意識した和のテイストを融合させた料理を楽しむことができます。

SKYTREE CAFF フロア340
軽食や東京スカイツリーオリジナルのスイーツなどを楽しめます。落ち着いた雰囲気の中でゆったりとくつろくことができるカフェです。

昼と夜の眺めを楽しみたかったので、16時に訪れました。12月は日が沈むのが早く、2時間ほどで夜景も楽しむことができました。大満足です。東京スカイツリーに登る際は、夕焼けから夜景を見ることをおすすめします。カップルも家族連れも、お一人様もみんなハッピーになれること間違いなしのキラキラと輝く夜景。東京スカイツリーに登ってみてはいかがですか。

施設概要
名称:東京スカイツリー
住所: 東京都墨田区押上1丁目1−2 (チケットカウンターは4F)
営業時間:8:00~22:00(最終入場21:00)
料金:大人(18歳以上)2,060円、中高生1,540円、小学生930円、幼児(4~5歳)620円
アクセス:とうきょうスカイツリー駅、押上駅からすぐ
公式サイト:http://www.tokyo-skytree.jp/

12月25日まで!プロジェクションマッピング開催中

ソラマチでは、ヴァイオリニストの宮本笑里さんの演奏した楽曲に合わせてプロジェクションマッピングが行われています。全幅140メートルのプロジェクションマッピングはソラマチ全体を幻想的な雰囲気で包み込みます。

スカイツリーにもプロジェクションマッピングが映しだされます!すごい!

Merry Christmas!

ページTOPへ

「東京スカイツリー・押上」周辺の関連記事

このページのTOPへ