蔦屋家電(二子玉川)取材レポ!コンシェルジュに聞いた魅力を紹介

  • 5749 |

2015年5月に二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット内にオープンした「二子玉川 蔦屋家電」。このお店目当てに二子玉川に来る人もいるほど、今や大人気のスポットです。一体どんな店舗なのか?asoview!NEWS編集部が蔦屋家電の魅力について取材してきました!

二子玉川エリア初めての家電販売店舗

約30年にわたる再開発計画が完了し、新しい街に生まれ変わった二子玉川。事前に行った周辺住民へのアンケート調査によると、二子玉川にほしいもの1位は「映画館」、2位が「家電店」だったそうです。確かにこの周辺には用賀にコジマがあるぐらいで、ほかに目立った大型の店舗は見当たりません。

この地でニーズの高い「家電」と、蔦屋本来の強みである「本」。「二子玉川 蔦屋家電」は、この2つを通して生活提案を行う店舗として誕生しました。

「ワークスタイル」がテーマの1階

1階ではネットワーキング、写真、映像、文具、音楽、モバイルなどがテーマになっています。中心部に本、その周辺に家電や雑貨という陳列です。まずは1階をぐるりとめぐってみましょう。

 

「MOVIE」コーナーにはスター・ウォーズの映像が流れていました。

スター・ウォーズの関連書籍、フィギュア、プラモデルなどもありました。ファンなら思わずテンションが上がってしまうこと間違いなしです。

レーザーで投影されたキーボードを使用してタイピングができる…という近未来の商品も。

音楽・オーディオ・CDのコーナーでは、CDだけではなく懐かしいレコード(LP)の販売も行われています。

LP盤だけではなく、プレイヤーも販売中。これはBluetooth搭載でスピーカーに音を飛ばせるレコードプレーヤーで、アナログと最先端の技術が融合しています。

ちなみにつたや、というとCDやDVDのレンタルを思い浮かべますが、蔦屋家電にはDVDのレンタルはありません。このミュージックコーナーでは、CDレンタルのみ行っています。レンタルのできるTSUTAYAは駅の逆側にあります。

カメラのコーナーで気になったのが、「UVプリントサービス」。写真をキャンバスやiPhoneのケースにプリントしてくれるそうです。キャンバスは1,800円から、iPhoneケースは2,480円からとお手頃価格。自分のために作っても、プレゼントとして誰かにあげても素敵です。子供の写真をiPhoneケースにするお父さんも多いとか。

上質なソファ席やデスク席などさまざまな過ごし方が可能

代官山や湘南などの蔦屋書店と同様、ゆっくりと座ってコーヒー片手に本を読める「BOOK&CAFE」のスタイルです。蔦屋家電では、一度に持っていける本は3冊まで。エスカレーター脇のソファー席が一番の人気で、平日朝でもほぼ満席です。

スターバックス脇のこのエリアは朝7時から開いています。開店直後から多くの人が訪れているそうです。驚き!

エスカレーターの上にあるのは、この蔦屋家電を象徴する作品「秋津島」。何に見えるでしょうか?正解は「トンボ」です。

トンボは素早く飛んで移動できますが、ホバリングしてその場にとどまることもできます。目は複眼で様々なものを映し出します。トンボの姿に「もう少しゆっくりして、自分らしいスタイル、自分のペースで過ごしてほしい」という思いが込められています。

生活の質を上げる、「家」がテーマの2階

2階には生活に密着したテーマの本と家電が並びます。家電も本も、テーマごとにコンシェルジュがいて、商品の選定からユーザーへの紹介、相談、販売まで行っています。今回は「美容」、「健康」、「食」のコンシェルジュの方にお話を伺い、今注目の商品について紹介してもらいました。

「with aging」。トータルビューティーを提案する「美容」コーナー

まずは“美”をテーマにしたコーナーからです。案内してくれたのは、美容コンシェルジュの田口千恵さん。

このコーナーのテーマは、「with aging」。アンチエイジングのように若さだけを追い求めるのではなく、その人の年齢の美しさを引き出していく、という考え方です。家電の他にもコスメ、雑貨なども置いてあり、トータルで美に関する提案を行えるようになっています。

田口さんのおすすめはこちら!

H/C Beaute ピュア水素水スチーマー(飲用ボトルセット)

乾燥が気になる季節に活躍するスチーマー。最近では美容家電の代表として定着しています。このスチーマーは、普通の水を水素水に変えてくれる効果があります。活性酸素を取り除いてくれると話題の水素水を、顔、髪、デコルテなどに浴びることができます。さらに飲める水素水も一緒に作ってくれるので、体の中からも外からもきれいになれます。46,000円(税別)。

TESCOM コードレスホットブラシ​

アイロンのくせつけ力を持ったヘアブラシ、ブラシアイロン。手軽に使えてやけどの心配が少ないうえに、コードレスなので持ち運びができます。ジムやプールの後などのヘアセットにも活躍しそうです。海外対応なので、旅行にも持って行ける便利な商品です。太めのピンは頭皮にほどよい刺激を与え、毛穴のつまりや血行促進に働きかけてくれるという効果も!8,980円(税別)。

鏡の前で試してみたい!

SHAQUDA エシカル メイクアップブラッシュ“UBU”

日本が世界に誇る技術、熊野筆。伝統技術を受け継ぐ職人が1つひとつ丁寧に作る筆は、日本のみならず海外から高い評価を得ています。この「SHAQUDA・UBU」は金具を使用しないという筆の初心に回帰した驚きの技術。軽くてスタイリッシュモダンな佇まいが、毎日のメイクタイムをより上質なものにしてくれます。各4,320円~(税別)。

「毎日を元気に過ごすために」ウェルネスの視点を取り入れた「健康」コーナー

続いては「健康」のコーナーへ。

健康コンシェルジュの上本由記恵さんが案内してくれました。ここでは、「リラックス」と「毎日の健康をチェックする」という2つのテーマでフロアを展開しているそうです。祖父母と孫、親子、夫婦、それぞれが「お互いを思う」気持ちを大切にできるように提案をしていきたいと話してくれました。

元気いっぱいの上本さんがいまおすすめしたい商品はこちら。

パナソニック 骨盤おしりリフレ

今までになかった、骨盤やおしり、太もものマッサージができるというこちらのアイテム。10月に発売されてから大人気だそうです。

編集部員も体験してみましたが、まるでマッサージ師にぐいぐいもまれているような心地よさ!おしりが意外と凝っていることを実感できました。これは欲しいかも…!24,800円(税別)。

パナソニック ビューティトレーニング

お腹に装着して、腹筋を鍛えるアイテムです。運動時に筋肉がひねられた時の動きを感知して電気刺激を与え、効率的に腹筋を引き締めてくれる働きがあるそうです。「ランニングやウォーキングの時だけでなく、家で掃除をしている時や通勤の時もおすすめですよ」とのこと。楽して腹筋が鍛えられるなんて、気になります。34,800円(税別)。

「五感で楽しめる売り場」毎日を楽しくする「食」コーナー

「食」コーナーの入り口には広々としたテーブルがあります。ここでは休日を中心に商品の実演や試食を楽しめるイベントが開催されているそうです。

案内してくれたのは食コンシェルジュの築野由佳さん。「単に売れるからという理由ではなく、ぜひおすすめしたい、この商品を買うとこんなライフスタイルが送れるというところまで提案したい」と話してくれました。

二子玉川 蔦屋家電らしい、おすすめしたい商品はこちら。

ネスカフェ ドルチェグスト ジョビア VERYバージョン

カプセルを入れるだけで本格的なコーヒーが飲めると人気のドルチェグスト。人気雑誌『VERY』とコラボしたモデルは、基本的にはネット販売で、店頭で販売しているのはこの蔦屋家電だけです。デザインが気に入って購入していく人が多いそうです。13,704円(税別)。

バルミューダ ザ・トースター

斬新な家電を作ることで話題を集めているバルミューダが発売したトースター。黒色、白色に加え、グレー(写真)は蔦屋家電のほか少数の店舗でしか買えないめずらしいカラーリングです。水を入れて、蒸気を利用して焼き上げるパンは、外はカリカリ、中はもっちり。「人生が変わる」ほどの美味しさとか!編集部員もずっと気になってはいましたが、築野さんのお話を聞いてますます欲しくなってしまいました。22,900円(税別)。

DUNNETTS プロフェッショナル ブレンダー

DUNNETTSは2015年の2月に日本に入ってきたイギリスのメーカーです。操作部分はタッチパネルになっていてハイテクな雰囲気。6つのモードで、スープからフローズンデザートまで作れる万能ミキサーです。缶詰のコーンを入れ、スープモードで調理するだけで、何も味つけをしなくても絶品のコーンスープができあがるのだとか!レシピ本と温度計もついていて、料理の幅が広がりそうです。63,000円(税別)。

コンシェルジュはその分野のプロなので、「こんなものがほしい」「こんなふうに過ごしたい」と要望を伝えれば、丁寧に対応してくれます。時にはお試しできることも。ちなみにコンシェルジュはみなさん、自分の担当する商品は使っているそうです。経験からしっかりとアドバイスしてくれるので安心です。

本を見て家電に興味を持ったり、家電から本への興味が呼び起こされたりと、蔦屋家電は生活の楽しさを広げてくれるお店でした。家電量販店とは一線を画す、ライフスタイルを提案してくれる場として、これからもたくさんの人の支持を集めそうです!

■施設詳細
名称:二子玉川 蔦屋家電
住所: 東京都世田谷区 玉川1丁目14-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット
営業時間:1FBOOK売場およびスターバックスコーヒー 7:00~23:00・家電売場 9:00~23:00、2F全フロア 9:00~23:00
公式サイト:http://real.tsite.jp/futakotamagawa/

※商品の価格は変更になる場合があります

取材・文 藤井みさ

ページTOPへ

「二子玉川」周辺の関連記事

このページのTOPへ