東京 チャーハンの美味しいお店11選!話題の炒飯専門店もご紹介

  • 28503 |

東京都内のおいしいと話題のチャーハン店をまとめました。大人から子供まで、誰もが大好きなチャーハン。中華料理店ならどこででも気軽に食べられる料理でありながら、これほど奥の深い料理はありません。ここでは話題のチャーハン専門店から、地元で愛され続ける老舗中華料理店まで、東京で食べられる美味しいチャーハンのお店を厳選して紹介します。

こだわりの味を楽しめる!チャーハン専門店

ここ数年の間に都内では、チャーハンのみを扱うチャーハン専門店がいくつも開店して話題となっています。ここでは個性豊かなこだわりのチャーハンを提供する人気のチャーハン専門店を3店紹介します。専門店ゆえのこだわりが光る魅惑のチャーハンです。

チャーハン王 新橋店【新橋】

よし

新橋駅前にあるレトロなたたずまいのビル、ニュー新橋ビルの地下一階にオープンしたチャーハン専門店「チャーハン王」新橋店。もともとは福岡の焼き肉店で提供されていたサイドメニューとしてのチャーハンが大人気となり、チャーハン専門店として東京に進出したのが始まりです。
限定150食のチャーハンは、素材や仕込みまで、こだわり抜かれて作られる絶品メニュー。九州産の黒毛和牛を使い、具材の仕込みには3日をかけて10種の野菜のうまみを凝縮した複雑な味わいに、パラパラとほどける口どけとふんわりした卵の食感もたまりません。 最高のチャーハンの味を引き立てるため、福岡県産の鳥を使用し2日間煮込んで作られる「旨み凝縮の鳥スープ」も絶品。チャーハンとセットでの注文がおすすめです。

かにチャーハンの店 渋谷店【渋谷】

益子 貴寛

渋谷センター街の宇田川交番の近くにある「かにチャーハンの店」は名前の通りカニチャーハンの専門店です。渋谷からセンター街を通り抜けて、東急ハンズの方向に進み、井の頭通りに面したビルの3階にあります。 店の目玉はもちろん「かにチャーハン」(680円)。見事な鍋さばきで作られるパラパラに仕上がったチャーハンは、油もおさえめでさっぱりした味付け。ほどよい塩加減はカニとの相性も抜群で、なにより上に乗せられたぷりぷりのカニの食感がたまりません。 カニの風味をさらに楽しみたい人はカニの量が倍増した「かにかにチャーハン」(770円)や、かにチャーハンの上にカニ玉が乗った「かに玉チャーハン」(770円)もお勧め。単品料理の店だからこそできるリーズナブルな価格が何よりもうれしいお店です。

チャーハン専門店 炒飯の万博【荻窪】

http://ameblo.jp/

荻窪駅北口から青梅街道を越えた先に広がる「ことぶきどおり商店街」。この商店街の一角にチャーハン専門店「炒飯の万博」があります。1970年に開催された大阪万博で、中華民国館が出していた究極の炒飯の味を再現することを目指して名付けられた名前です。
チャーハン専用の粒が小さい国産米を使うことで、もっちりとした食感を残しつつパラパラに仕上げられたチャーハンは、XO醤、干しえび・干し貝柱などのこだわりの食材が醸し出す深い味わいが特徴。
また、常に20種類以上のチャーハンが楽しむことができます。メニューには塩麹で焼いた薄切り豚バラがたっぷり乗った「万博肉焼きチャーハン」、チャーハンに酢豚をミックスした「黒酢豚オム炒飯」、海老とチリソースをチャーハンといっしょに炒めて作る「エビチリ炒飯」など、ここでしか食べられない逸品が並びます。

お腹いっぱいになれる!ボリューム重視のチャーハン

一人前のチャーハンでは物足りないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、おなかいっぱいにチャーハンを食べたい人にお勧めする、ボリューム満点のチャーハンを提供するお店を3店紹介します。お肉がたくさん入ったボリューム満点のチャーハンや、にんにくが効いたスタミナがつきそうなチャーハンなど、お好みのチャーハンを見つけてください!

梁山泊【上石神井】

MeanFrog

西武新宿線上石神井駅南口より徒歩15分と、都心からも駅からも離れ、決してアクセスのよい立地ではないにもかかわらず、常に客足が絶えない中華料理店「梁山泊」。ここの人気メニューは、お客さんの9割が注文するといわれる「肉あんかけチャーハン」です。 あんかけの具は肉のみという潔さ。細切りの豚肉をさっと湯通しして作る醤油ベースのあんを、たまごチャーハンの上に、チャーハンが全く見えないほどにたっぷりとかけて仕上げるチャーハンは、そのボリュームもさることながら、あんとチャーハン織りなすバランスも見事。すこし濃い味のあんが、シンプルなたまごチャーハンと合わせられることで絶妙な味を作っています。がっつりと肉を食べたいときにはおすすめです。

珉珉「ドラゴン炒飯」【乃木坂】

masa

乃木坂駅からしばらく歩き、繁華街から離れた住宅街の一角にある中華料理店「珉珉」。駅から遠くわかりにくいところにあるにかかわらず、店内はいつもお客さんでいっぱいです。
大人気の「ドラゴンチャーハン」(810円)はまかないから生まれたメニュー。ネギの代わりにニラが使われ、すりおろしたニンニクがたっぷりと入ったチャーハンの食欲をそそる香りがたまりません。普通のサイズでも一般的な大盛りのサイズほどのボリュームがありますが、がっつりした見かけによらず、甘めの煮豚が使われたやさしい味付けなので、最後まで美味しく食べられます。しっとり系の家庭的なチャーハンです。 珉珉は、黒胡椒と酢でたべる餃子も有名です。チャーハンと一緒に是非お試しください。

東京肉炒飯【神田】

9101nahccak

「東京肉炒飯」は、今年7月、神田駅南口にオープンしたあんかけ炒飯専門店。一番人気のメニューはあっさり味のチャーハンに細切り肉がたっぷり入ったあんがかけられた「肉炒飯」です。ぱらぱらに仕上げられたチャーハンと、とろとろの肉のあんのバランスは絶妙で、開店まもない店にも関わらず、既に評判のメニューとなっています。お好みに合わせて200g(小)、300g(中)、400g(大)と量を選べるのですが、なんとどのサイズを選んでもすべて680円。たくさん食べたい人にはたまらない価格設定です。
メニューは「肉炒飯」のほかに「麻婆炒飯」と「牛すじ炒飯」の3種類のみ。 サイズの設定も価格も「肉炒飯」と同じ680円。絶品炒飯をリーズナブルな価格で、お腹いっぱい食べられるお店です。

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ