横浜ランドマークタワーに今だから行くべき4つの理由!みなとみらいのシンボルを満喫しよう

  • 27313 |

横浜・みなとみらい地区のシンボル的存在、横浜ランドマークタワー。1993年の開業以来、多くの人に親しまれてきました。でも実は、ランドマークタワーはいつも見ているけれど、ちゃんと行ったことがないという人も多いのでは?今回asoview!NEWS編集部が横浜ランドマークタワーを取材してわかった、「大人が今だから行くべき」理由をお伝えします!

【最安値!】横浜ランドマークタワーのチケット購入はこちら!

理由1:横浜ランドマークタワーの知られざる歴史が面白い

今でこそたくさんの商業施設が立ち並び、働く人や観光客でにぎわうみなとみらい地区。かつてここはだだっ広い埋め立て地、さらにその前は海でした。もともと1965年の「横浜市六大事業」という都市計画で「都心部強化(みなとみらい21造成)」が方針として決定されてから、この地域の開発が始まりました。

横浜ランドマークタワーの立っている場所にあったのは、三菱重工が造船を行っていた「ドック」。海を掘り込んで、新しい船をつくったり点検したりする場所です。横浜ランドマークタワーの真下には、今でもその名残があります。それがここ、ドックヤードガーデンです。

昔はドックは3つあったそうで、ドックヤードガーデンとして残っているのは2号ドックです。ちなみに1号ドックは現在「帆船日本丸」が停泊している場所、3号ドックは埋め立てられているので、明確にどこにあるかはわからないそうです。上から見た1号ドックはこんな感じ。長いU字型になっています。

全長約107メートル、横幅約29メートル、深さ約10メートルという規模で、1つ1トン以上の重さの石が16,000個も使われています。真ん中に立ってみるとよくわかりますが、とにかく広いです!

このドックは1896年に建設され、1997年には国の重要文化財に指定されました。100年以上の歴史を持つこの場所では、毎日夜にプロジェクションマッピングを開催しています。壁にぐるりと囲まれた場所なので、映像の中に入り込んだ感覚が人気を集めています。整理券が必要ですが無料なので、気軽に楽しめます!プロジェクションマッピングは写真のようなイメージ。上映作品は時期によって変わります。

現代的なビルのすぐそばに、こんなに歴史あるスポットが存在することは驚きです。ただの広場だと思っていた場所も、由来を知るとじっくりと見ていたくなります。

理由2:穴場的飲食店がいっぱい。みらい横丁が魅力的!

ドックヤードガーデンは歴史的建造物でありながら、商業的にも活用されています。静かなように見える石の中の空間には、たくさんの飲食店が入っています。

それが「みらい横丁」。コンセプトは「大人のたまり場」です。もともとドックだった時代には保守のために作られていた空間が、飲食店街に生まれ変わりました。ドックヤードガーデンをぐるりと取り囲むようにお店が入っています。「横丁」という名前にふさわしく、通路ギリギリまで椅子が出ていたり、提灯がたくさん下がっていたり、屋台のような雰囲気です。

横浜ランドマークタワーに併設している商業施設・ランドマークプラザには、多数の飲食店があります。和食から洋食までいろいろと揃うため、地下2階のここは穴場的な空間になっているとのこと。昼から夜まで通しで営業しているので、ふらっと立ち寄ってご飯、ちょっと1杯、という気分の時にもおすすめです。

通路には時折ドックヤードガーデンの石積みが現れます。この石、よく見ると「2」と彫ってあります。2号ドックだったからでしょうか。

世界中のビールを堪能できる「世界のビール博物館」

みらい横丁の中で特に気になったのが、「世界のビール博物館」。入り口にぎっしりと並べられたボトルビールのタワーがまず目を惹きます!

広々とした店内で、座席数は約200席。結婚式の2次会など、立食での利用なら300名まで入るそうです。

ビールは50カ国、200種類以上のビールを常時揃えているそうです!中でもドイツ、チェコ、ベルギー、イギリス、アメリカのビールは、独占直輸入の樽生ビールを扱っているそうです。ちなみにチェコはビールの消費量世界一なんだそうです。知らなかった…。

店内には5つの国をイメージしたカウンターもあり、海外に来たような気分にさせられます。

樽生ビール5種類を飲み比べられる「飲み比べセット」もあり、いろいろな種類のビールを楽しめます。あまりに多くて選べない…という人はどんどん店員さんに聞いてみるのが賢い方法。「さっぱりした感じのがいい」とか「この料理に合わせたい」などの希望に応じて、ぴったりのビールをおすすめしてくれます。

ビールの販売もしているので、飲んで美味しかったものを買って帰ったり、天気のいい日はここでビールを買って外で飲むのもありかも?

理由3:大人の部活「BUKATSUDO」に参加したい!

「世界のビール博物館」の脇から上の階に上る階段があります。

登った先にある空間は「BUKATSUDO」。「大人の部活」をテーマに様々なイベントを開催したり、スペースを利用できる空間です。さまざまな人達が集まって、ここからコミュニティを作ってほしい、という思いで運営されているとのこと。「何かやりたいな」「同じ趣味の友達を増やしたいな」と思っている大人を満足させてくれるスペースです。

店内はさまざまな空間にわかれています。スペースは基本的に時間貸しで、1時間単位で貸し出しています。カウンター周辺の席のみコーヒースタンドになっていて、コーヒーなどを注文すれば通常のカフェのように利用できます。

食材さえ持ち込めば、手ぶらで料理ができる「KITCHEN」。みんなで鍋パーティーをしたり、料理教室を開催することも可能です。1時間5,000円(税別)で借りられます。

最大50人程度を収容できる「HALL」。勉強会を行ったり、ケータリングを使えば結婚式の2次会での利用もできます。1時間12,000円(税別)で借りられます。

セカンドオフィスやコワーキングスペースとして使える「WORK LOUNGE」。デスク席、ソファ席とさまざまなスペースがあるので、気分やシーンに合わせて使えます。すべての席に電源が完備され、仕事もはかどりそうです。こちらは1時間500円(税別)、1日上限2,000円(税別)で利用できます。たくさん利用する人は月額メンバーになったほうがお得です。

すでに活動している人たちのスペース「BUSHITSU」。部屋によって個性が全く違います。ここはデコレーションをしたりしている部活。かわいいものが満載です。

こちらは「伝統芸能部」だそう。整然と並んだ本が几帳面さを感じさせます。

平日は朝7時から営業しています。通勤前の「朝活」で使われたりすることもあるそう。入口のカウンターには12時から19時までバリスタが常駐していて、こだわりの豆を5種類の淹れ方で淹れてくれます。

地下2階の「世界のビール博物館」の脇から行けますが、まだまだ知られていないので、落ち着いて過ごせる穴場的な空間になっています。まずはコーヒーを飲もうかな、というぐらいの気軽さで行ってみてはいかがでしょうか。

理由4:見晴らし最高!スカイガーデンはやっぱり外せない

横浜ランドマークタワーのビルの高さは296メートル。残念ながら大阪のあべのハルカスに高さでは負けてしまいましたが、関東近郊では依然として一番高いビルであることは間違いありません。(スカイツリーはビルではないのでそういうことにしておきます!)

横浜ランドマークタワーは上から

70階…レストラン シリウス、バンケットルーム(横浜ロイヤルパークホテル)
69階…スカイガーデン(展望フロア)
49階~68階…横浜ロイヤルパークホテル
1階~48階…オフィス
地下2階~5階…店舗

という構成になっています。最上階のレストランは利用者のみしか入れませんが、69階のスカイガーデンはチケットを購入すれば誰でもいつでも楽しめます。

今さら展望台?と思っている方にこそおすすめしたい景色。編集部員も10年ぶりぐらいに登りましたが、改めて感激してしまいました。

スカイガーデンの入り口は3階。桜木町駅から動く歩道を利用して横浜ランドマークタワーに向かってくると、右側にあります。

左下には「今どんな景色が見えるか」のインフォメーションが。眺望はこまめにチェックし、最新の情報を反映させているそうです。

カウンターか自動券売機でチケットを購入します。入場料金は大人1,000円。ただし、雨が降っていたり視界がゼロだと判定された場合は、キャンペーンが行われて700円で入れるそうです。しかも1ドリンク付き!それはそれでお得ですね。

チケットを渡したら、エレベーターを待つ列に並びます。この日は平日の昼ということもあってほとんど人がいませんでしたが、休日はここがいっぱいになることもあります。

いよいよエレベーターに乗り込んで上昇!1993年に完成した横浜ランドマークタワーですが、このエレベーターの速度は未だに日本一で破られていないそうです。最高速度はなんと分速750メートル!地上273メートルまで、わずか40秒で到達です。速すぎる!

エレベーターを降りて目の前に広がる景色がこれ!

スカイツリーや東京タワー、東京の街並みが一望できます。

視線を下に転じると、みなとみらいの景色がミニチュアのように見えます。

この方向は「北東」方面。順番に巡っていきます。

次に「北西」方面。横浜駅周辺のビルと、その奥にずっと住宅が広がっているのがわかります。

「南東」から見えるのは、まず丹沢山地。

そして富士山どーん!

「南東」の方向には軽食を楽しめるカフェが併設されています。お茶を飲みながら目の前の贅沢な景色を楽しむなんて、なんとも贅沢ですよね。

「南西」の方角では中華街や磯子、鎌倉、横須賀など神奈川の南側の地域を見られます。

横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムも見えます。野球のシーズン中は、試合がある日の夜はスタジアムが明るく輝いてとても美しいんだそうです。

いつまでも見ていたくなる絶景。この日は前日の嵐のおかげで空気が澄んで晴れ渡っていましたが、少し曇っている日もまた面白い景色が見れるとのこと。展望フロアよりも低い場所に雲がかかり、雲の上から東京タワーとスカイツリーの頭だけが出ている、という不思議な光景も見られるそうです。

夜はこんな感じ。夜はデートで来るカップルが多いそうです。

【最安値!】横浜ランドマークタワーのチケット購入はこちら!

おまけ:よく見ると建物がめっちゃ豪華

横浜ランドマークタワーは1993年に開業したので、建設当時はバブルまっただ中。使われている石やデザインなどが、現在のビルの雰囲気とはかなり異なります。ひとことで言うと「バブリー」。建材などにもいいものがふんだんに使われています。1階から5階の吹き抜けなど、どこの神殿?と思ってしまうぐらいの豪華さです。

美味しいスイーツをおみやげに

スカイガーデンから降りてきたら、お店がたくさんあるのでついつい目移りしてしまいます。食事をするお店はたくさんありますが、意外とケーキ屋さんなど、スイーツのお店は少なめです。甘いものが食べたくなってきたasoview!NEWS編集部員が気になったのは、ランドマークプラザ1階にあるこちら。

「Patisserie 雪乃下」は、鎌倉に本店を置く洋菓子店。マカロンや焼き菓子など、美味しそうなスイーツが所狭しと店内に並びます。

今回は「本和香ロール」を購入しました。やさしい甘さとふわふわのスポンジが絶妙にマッチして、たくさん食べたくなってしまう味でした!

横浜ランドマークタワーへのアクセス

横浜ランドマークタワーの最寄り駅は、みなとみらい線のみなとみらい駅と、JR根岸線の桜木町駅です。今回はみなとみらい駅を利用した場合のアクセスをご紹介します。

ホームから「ランドマークタワー・クイーンズスクエア・マークイズ・美術館方面」の改札へ向かいます。

改札を出て左、「クイーンズスクエア」の中に入ります。ものすごく長いエスカレーターに乗って1階へ。

エスカレーターを登り切ったら、右折。クイーンズスクエアを突っ切って直進します。

クイーンズスクエアを抜けた先がランドマークプラザの入り口です。

改めて魅力を発見できた横浜ランドマークタワー。次の休日にぶらりと横浜散策がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

【最安値!】横浜ランドマークタワーのチケット購入はこちら!

取材・撮影・文:藤井みさ

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ