USJに行くのにおすすめの服装は?失敗しない持ち物・服装選びのコツをご紹介!

  • 2809 |

夏は暑く、冬は海風にさらされる大阪ベイエリアのUSJでは、季節に応じて暑さ対策、寒さ対策を万全にすることが楽しく遊ぶコツといえます。夏は凍らせたおしぼりや冷感シート、冬はレッグウォーマーや厚手の靴下を持参してしっかりと身を守りましょう。服装選びも大切ですが、無理をせず、適度に休憩をとることも大事なポイントです。

http://usj.in.net/

必ず持っておきたいもの

水に濡れるアトラクションがあるので乾きやすい服装が前提ですが、レインコートやポンチョ、靴下やカンタンな着替えがあれば安心です。地面に座ってゆっくりとショーを観覧するために、レジャーシートやウエットティッシュを用意しましょう。USJでお土産を買うと紙袋に入れてくれるので、手提げ袋などもあれば便利です。

基本の服装

USJでのアクティブな行動を考えると、スカートよりパンツスタイルの方がオススメですが、どうしてもスカートで遊びに行きたい時は汚れが気にならない素材のマキシ丈スカートを選ぶなど工夫をしましょう。石畳やデコボコ道を歩くことも多いので、ヒールなどは避けたほうがいいでしょう。

【夏】暑い時の服装・持ち物

USJがある大阪は、真夏日の多さで全国トップクラスです。帽子や日傘など、紫外線対策も忘れずに、できるだけ涼しい服装を選びましょう。建物内は冷房が効いているので羽織るものを用意しておくことがベストです。クールタイプの汗拭きシートなど、冷却グッズも欠かせません。リンパ節に当て、身体を冷やしましょう。

【冬】寒い時の服装・持ち物

USJがある大阪は全国でも比較的温暖な気候ですが、冬はやっぱり寒いです。特にUSJ周辺はベイエリアであり、パークの中心に湖を湛えていることから、体感温度はかなり低くなります。おすすめの服装は、重ね着。マフラーやレッグウォーマーをしっかりと装着しましょう。首や足首を守れば、寒さ対策はバッチリです。

仮装はOK?

USJでは自由に仮装できます。さまざまな服装でパークを楽しむことが歓迎されています。クリスマスやハロウィンに限らず、コラボレーションしているアニメ作品のコスプレで遊ぶ方もたくさんいます。公序良俗に反したり、危険であったり、パークのクルーやエンターテイナーになりすました服装でない限りは問題ありません。

ページTOPへ

「大阪市・梅田」周辺の関連記事

このページのTOPへ