【写真36枚】浅草で話題のうさぎカフェ徹底取材!外国人9割の穴場もふもふ癒やしスポットへ!

  • 5276 |

26匹のかわいいうさぎたちに会えるうさぎのテーマパーク、うさぎカフェが浅草にあります。外国人が多く訪れていることで話題のうさぎカフェとは、いったいどんなところなのでしょうか。asoview!NEWS編集部が訪れてきましたので、その魅力をお伝えします!

うさぎカフェを訪れる9割が外国人!

オープンから3年目の今では訪れる人の9割が外国人で、なんと世界50ヶ国以上から遊びにくる観光名所となっています。その理由は、海外では法律でうさぎの飼育を禁止されていたり、動物に触れ合えるお店がなかったりするからです。中にはうさぎカフェへに来るために日本へ訪れる方たちもいるそうです。

うさぎカフェの利用方法

基本料金は1,500円(入館料+撮影し放題+おやつ体験代含む)です。入口で好きなプランの料金を支払い、手の消毒を済ませて、いざうさぎさんとのふれあいタイムです。 プランの詳細はHPをご確認ください。

もふもふ!26匹のかわいいうさちゃん

ここでは珍しい品種からピーターラビットでお馴染みのネザーランドドワーフという種類までたくさんのうさぎに触れ合えます。一般的なペットショップや専門店でも珍しい種類や、高級なうさぎたちにも会えるのが特徴です。かわいすぎるうさちゃんたちの中からasoview!NEWS編集部がピックアップして何匹かご紹介します。

風ちゃん

まず入ると入口のところで出迎えてくれたのが元気いっぱい風ちゃん。看板娘っぽいです。(男の子だけど)

雷ちゃん

風ちゃんのお兄ちゃん、雷ちゃん。毛並みが上品すぎます。もふもふ!

オター

つぶらな瞳で見つめてくるオターにきゅん。

しんちゃん

ピーターラビットと同じ種類のうさぎ、しんちゃん。見た目とは違ってカラダはとっても小さいです。キレイな毛に覆われてて素敵。

くいーん

首周りの毛がもふもふしていてまさに女王(クイーン)みたい!ゴージャスな見た目が特徴的です。

ほと

真っ白な毛にくっきりとしたアイラインが魅力的なほとくん。

正面からもなんとも言えないかわいさ!

きんぐ

たてがみがキングっぽい!

き、きんぐ…?

ちっぷ

asoview!NEWS編集部イチオシなのがこの子。上品なもふもふさ、くりっくりおめめがたまりません。

もうメロメロです。

びび

!!!きゃわわ!!!

おめめどこだろう?ちゃんと見えてるのかな?

寝ているびびくんもかわいすぎる。

えさをあげよう!おやつ体験

基本料金におやつ体験が含まれていて、ここでうさぎたちに直接エサをあげることができます。今回はお気に入りのチップにエサをあげました。くりっとした目で見つめてくる姿はとっても愛らしくて、ずっと見ていたくなります。スタッフのテンションは上がりまくりです。

だっこもしてみました♡触れてエサをあげられてもうしわあせ!帰りたくないです。飼いたくなっちゃいます。

うさちゃんとお部屋であそぼう!

うさぎカフェは、5階建てのビル1棟がまるごと店舗となっていて、屋上含む全6フロアあります。個室を貸し切ってプライベートな空間でうさぎとおもいっきり楽しむことができます。

2階

4階

5階

屋上

屋上からはスカイツリーを見ることができます。最高の立地ですね!

キレイで清潔感溢れるお部屋でうさちゃんを抱っこしたり、エサをあげたり、終始癒されっぱなしでした。今回うさぎカフェで普段はめったに触ることのできない、もふもふとしたかわいすぎるうさちゃんたちと間近で触れ合えてとっても楽しかったです。帰り際にうさぎの折り紙をプレゼントしてくれました。嬉しい!また会いにきますっ!

うさぎと間近で触れ合えて、たくさん写真も撮れて大満足のひとときでした。せっかくこんな素敵なところが日本にあるんですから、ぜひみなさんももふもふのうさぎたちに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

浅草駅7番出口から徒歩1分、アクセスも便利

うさぎカフェは東京メトロ銀座線「浅草駅」7番出口から徒歩1分の場所にあります。こちらの5階建の建物です。

■施設情報
名称: With Bunny 浅草店
住所:東京都台東区花川戸1-7-1
営業時間:12:00~19:00 最終受付 18:30
定休日:不定休
公式サイト:http://www.usagi-cafe.info
公式FB:https://www.facebook.com/With.Bunny.Asakusa.Usagi.Cafe

取材・撮影・文:遠藤佳菜子

ページTOPへ

「浅草」周辺の関連記事

このページのTOPへ