渋谷から新たな文化を発信する中心地「Bunkamura」で感性を磨こう!

  • 273 |

東京・渋谷にある「Bunkamura(ぶんかむら)」は、1989年に開業した大型複合文化施設です。コンサートホール、劇場、映画館、美術館などの施設を併せもち、渋谷から新しい表現を発信する上での核ともいえる存在になっています。来場者数は年間約280万人で、高いレベルの展示やパフォーマンスが行われています。今回は、施設ごとに「Bunkamura」の紹介をしていきましょう。

Bunkamuraの施設紹介

オーチャードホール

総客席数2,150席を誇る日本最大規模のホールで、オペラやバレエ、クラシックコンサートなどが開催されています。世界の三大ホールを参考に作られた「オーチャードホール」はシューズボックス型を採用しており、高い天井と垂直な側壁が豊かな音を生み出します。

https://kinarino.jp

シアターコクーン

総席数747席の劇場です。主に演劇が開催されますが、コンサートやダンスパフォーマンスでも利用されています。舞台面はもちろん、客席の一部も可動式になっており、新たな演出を形にする設備が整っています。

ル・シネマ

6階にある映画館です。「ル・シネマ1」と「ル・シネマ2」に分かれており、最新のシステムが導入されています。ヨーロッパやアジアを中心とした気鋭の作品を単館ロードショー方式で上映していますよ。

ザ・ミュージアム

19~20世紀の西洋絵画展、海外美術館の名品展、女性芸術家の作品展、写真展という4つのテーマを軸に展覧会を開催する美術館です。日本で注目されてこなかった作家の個展も行います。

スポット詳細

名称:Bunkamura
所在地:渋谷区道玄坂2-24-1
定休日:無し
営業時間:10:00~22:30(施設、店舗によって異なる)
公式サイト:http://www.bunkamura.co.jp/index.html

ページTOPへ

「渋谷」周辺の関連記事

このページのTOPへ