普天満宮 境内に洞窟がある神秘的な神社の魅力を徹底取材!

  • 3491 |

那覇空港から車で約40分の場所にある「普天満宮」。那覇から観光地の集まる北部へ向かう途中に位置しているので、ふらっと立ち寄りやすく観光客からも人気を集めています。周辺には、アメリカ軍の普天間基地や、人気沖縄グルメのキングタコス普天間店もあります。宜野湾市文化財「名勝」にも指定されている普天満宮洞穴や、入口に咲く沖縄の桜「緋寒桜」など、みどころも満載!沖縄らしさあふれる神社の詳細をご紹介します。

琉球八社の1つ。由緒正しき「普天満宮」

沖縄県中部最大の神社で、「琉球八社」の1つにも数えられている由緒正しい「普天満宮」。
「琉球八社」とは、琉球王国から特別な扱いを受けていた8つの神社のことをいいます。普天満宮のほか、那覇市に6社、国頭郡金武(きん)町に1社あります。


また、普天満宮は宜野湾市唯一の神社としても知られています。うちなーんちゅ(沖縄の人)からも心のよりどころとして愛され、お正月の時期には毎年たくさんの地元の人が訪れる、沖縄定番の初詣スポットでもあります。地元では「普天間神宮」と呼ばれているようですよ。

普天満宮の歴史

普天満宮は、さかのぼること琉球王国時代、普天間の洞窟(現在の普天満宮洞穴)に琉球固有の多神宗教「琉球古神道」が祀られたことがはじまりと伝えられています。のちに、琉球国の王である「尚金福王」から「尚泰久王」がおさめた時代(1450~60年頃)に、「熊野権現(ごんげん)」のも合わせて祀られるようになり、いまの神社の原型が出来上がったそうです。

「熊野権現」とは、日本全国にある熊野神社の総本山にまつられている仏の化身と考えられている神のこと。創建時期は不明ですが、残っている関連史料によると15世紀中頃から16世紀ごろに建てられたとされています。

琉球古神道神の日の神、竜宮神(ニライカナイ神)、普天満女神(グジー神)と天神・地神・海神といった、沖縄ならではの神様もまつられています。 

沖縄戦も生きぬいた普天満宮

http://plaza.rakuten.co.jp

昭和20年(1945年)に起こった沖縄戦。当時、北から南下するアメリカ軍から逃れようとする人々と共に、本島南部へと普天満宮も避難しました。約30キロ離れた安全な糸満市まで、社掌さんが神体を運んだのだとか。

終戦後もしばらくの間は、アメリカ軍によって敷地が占領されていたため、具志川村(現在のうるま市)に仮設の宮が造られます。その4年後、昭和24年(1949年)にアメリカ軍により現在の敷地が解放され、無事に元の本殿へと戻されました。現在の社殿は、平成16年(2004年)に再建されたものです。

うちなーんちゅ思いのご利益もたくさん

普天満宮のご利益は、地元の人たちに根差したものが多々あります。健康祈願や交通祈願をはじめ、合格祈願・安産祈願まで幅広いご利益をうけることができます。航海安全や豊漁、五穀豊穣の神様としても古くから信仰されています。
中でも、良縁祈願と建築関係諸祈願のご利益が特徴で、県内外からもたくさんの参拝者が訪れるのだとか。

名勝「普天満宮洞穴」は必見!

普天満宮は、神社にも関わらず本殿横に、洞穴が隣接しています。鍾乳洞でできた全長約280メートルの洞穴内には神秘的な空間が広がり、現在はその中の一部、およそ50メートルが一般公開されています。
洞口は二か所、洞窟内や東洞口付近は遺跡となっており、1991年8月1日に「宜野湾市天然記念物」にも指定されたこの洞穴は、普天満宮発祥の場所ともいわれています。

見学をする際は、まず授与所にて受付をすませてください。代表者の名前と住所を書くと、巫女さんが洞穴へと案内してくれます。ちなみに、拝観料は無料です。


洞穴への入口です。本殿の左横にあります。


入口をぬけると、洞穴内や神社にまつわる展示が並ぶ通路があります。ぜひ、展示物もよく見てみてくださいね。


約二万年前に生存していた、琉球鹿・琉球昔キョン・イノシシなどの化石も発見されたそうです。

廊下をぬけると、非日常感あふれる神秘的な洞穴が現れます。

静寂な世界がひろがり、どこかひんやりした空気が漂う洞穴内はまるでパワースポットのよう。

洞穴内には奥宮もあります。首里の桃原(とうばる)に現れた女神がこの洞穴にこもったという伝承も。

洞穴の中から空をみあげる時に見ることのできるこの景色も素敵です。本殿の赤瓦と亜熱帯植物の深い緑のコントラストは美しく、思わずカメラをかまえてしまいます。
すみからすみまで見てもおよそ10分ほどで見て回ることができます。本殿を参拝した後に、ぜひ立ち寄ってみてほしいスポットです。

洞穴デザインのオリジナリティあふれる絵馬



普天満宮がデザインされたオリジナリティあふれる絵馬です。神社から徒歩3分ほどの場所にある、普天間高校の生徒さんも合格祈願によく書かれるのだとか。普天満宮ならではのデザインがかわいらしい絵馬も必見です。

沖縄らしさあふれる境内の見どころ

沖縄の神社は、日本本州の神社とは異なる点がたくさんあります。沖縄らしさが感じられるポイントをいくつかご紹介します。

狛犬ではなく〝シーサー〟がお出迎え


これは、日本本州では決してみることのできない光景です。沖縄の神社では、狛犬ではなくシーサーが本殿前でお出迎えしてくれるんです!シーサーは、沖縄県に古くから伝わる伝説の獣の象です。家や人、村に災いをもらたす悪霊追い払う守り神として信じられています。

紅型デザインの御朱印帳

http://ma2i.exblog.jp

沖縄の伝統的な染色技法「紅型(びんがた)」をイメージしてデザインされた、普天満宮オリジナルの御朱印帳です。日本最南端のオリジナル御朱印帳で、これを手に入れるために訪れる観光客もいるほどだとか。沖縄の真っ青な海の背景に、鮮やかな朱色の普天満宮の社殿が映え、思わず手に取ってしまうほどのかわいさです。

【御朱印のもらい方】

もちろん、御朱印もいただくことができます。本殿にむかって左の社務所でもらうことができます。

社務所の扉には、インターホンがありますので、そこから呼び出し「御朱印をいただきたいです。」と伝えてください。すると、社務所二階の待合室に案内され、授与していただくことができます。

日本一早く咲く、沖縄の桜「緋寒桜(ヒカンザクラ)」

鳥居のすぐ左にある木は、緋寒桜(ひかんざくら)という沖縄の桜の木です。1月から2月にかけて開花するこの桜、本州ではなかなかみられない品種です。

本州の桜に比べ、色が濃く、梅や桃の木に似ているのが特徴的です。鮮やかな桃色の桜と真っ青な空のコントラストが美しく、撮影スポットとしてもおススメですよ。

本殿の沖縄赤瓦

沖縄の神社では、本殿の屋根に沖縄特有の「赤瓦」が使われています。もともと沖縄の赤瓦は、琉球王朝時代に首里城をはじめ、士族の間で使われていました。その後、明治時代頃から一般民家にも普及し、今では沖縄風景の代名詞になりました。沖縄の街を歩くと、あちらこちらにきれいな赤瓦をみかけます。

赤瓦は、世界で沖縄にしか存在しない黒色の泥岩〝クチャ〟を80%と赤土20%の割合し、練り混ぜられつくられています。屋根の瓦以外にも、シーサーや屋根囲い等にも広く活用されています。

沖縄のB級グルメ代表「キングタコス 普天間店」

普天満宮の国道330号線をはさんで、ま向かいにあるのが「キングタコス 普天間店」です。地元民にも観光客にも人気がある定番のタコライス屋さんです。

参拝と合わせて訪れやすいおススメのスポットです。

ひとりで食べられるか不安になってしまうほど山盛りの人気メニュー「タコライスチーズ野菜(600円)」は、沖縄をおとずれたらぜひ一度は食べてほしい一品です。お好みでチリソースをたっぷりかけて食べるのがたまりません。

普天満宮へのアクセス

●公共交通機関を利用する場合

ゆいれーる(沖縄モノレール)旭橋駅を下車し、徒歩3分の那覇バスターミナルへと向かいます。
21・23・27・90番系統などの路線バスを利用しおよそ55分で、バス停「普天間」で下車します。その後、3分ほどあるくと普天満宮に到着します。


●車を利用する場合

車アクセス 沖縄自動車道「北中城IC」から県道29号を通って約5分で到着します。案内標識がでているので向かいやすいです。
本殿にむかって左に、無料の駐車場もあるのでぜひご利用ください。

 

施設情報
名称:普天満宮
住所:沖縄県宜野湾市普天間1-27-10
拝観時間:7:00~19:00(通年) ※洞穴は10:00~17:00になります。
公式サイトURL:http://futenmagu.or.jp/

ページTOPへ

「沖縄南部」周辺の関連記事

このページのTOPへ