那覇空港から25分!沖縄観光の大定番「琉球ガラス村」を徹底取材。

  • 12368 |

琉球ガラス村は、那覇空港から車で約25分。沖縄本島の最南部、糸満市にある県内最大の手作りガラス工房です。戦後の沖縄でうまれ、南国らしさあふれる色彩や、丸みをおびたかわいらしい形が大人気の琉球ガラス。その琉球ガラスの魅力がすべてつまった「琉球ガラス村」を、asoview!NEWS編集部が取材してきました!雨の日でも存分に楽しめる、屋内施設の詳細をご紹介します。


今回案内してくれた方はこちら!

琉球ガラス村の眞榮城啓さんです。もともと琉球ガラスが好きで、沖縄伝統工芸の発展に関わりたいという強い思いから琉球ガラス村に。眞榮城さんのうしろに写っている壁は、ガラス村の建物の外壁です。よく見ると、こんな細かい外壁のタイルもすべて琉球ガラスでできているんです!
 

琉球ガラス村内には、ガラス工房「職人」、ガラスショップ、アウトレットショップ「じゃんがらや」、琉球ガラス美術館、レストランぎやまん館、相田みつを言葉の森の計6施設があります。

琉球ガラスとは

いまや沖縄土産の定番「琉球ガラス」。平成10年(1998年)には、沖縄県の伝統工芸品に認定された沖縄を代表する特産品です。あまり知られていませんが、100年以上も前からつくられている沖縄の伝統工芸・紅型(びんがた)や、やちむんに比べ、琉球ガラスの歴史はとても浅いんです。沖縄伝統工芸の中で最も歴史が浅いともいわれています。

琉球ガラス村をより楽しめるように、〝琉球ガラス〟の歴史や豆知識をご紹介します!
 

琉球ガラスの歴史

琉球ガラスの歴史は、さかのぼること戦後・1950年。現在の那覇市与儀に建てられた一軒のガラス工場からはじまりました。
戦前(明治時代)、長崎や大阪から「廃瓶(一般的な無色透明のガラス)」を再利用し、「ほや(ランプのカバー)」や「投薬瓶」などの製品に作り替える技術が、沖縄に伝わりました。
 



そして戦後、その技術の進歩と共に、アメリカから、コーラやビールなどの、緑色や青色の廃瓶が出回るようになると、透明なガラスの製品だけでなく現在の琉球ガラスのような色とりどりの製品もつくられるようになります。戦前とはちがい、その技術によって日用品も製造されはじめ、現在の琉球ガラスの原型ができあがりました。

琉球ガラスならではの〝謎の気泡〟の正体

琉球ガラスといえば、特有の厚みのあるガラスとその中に浮かぶ独特な〝謎の気泡〟のデザインが特徴的。実はあの気泡の正体にも歴史があるんです!

廃材を再利用しガラスを製造する場合、ガラスと廃材についている「不純物」が混ざる工程で気泡が発生しやすくなります。そのため、沖縄でつくられるガラスの多くは、一般的なガラス製品よりも分厚く、気泡が入ったものになりました。
 

http://image1.shopserve.jp

透明ではないガラスははじめはB級品扱いでしたが、意外にも、当時沖縄に暮らしていたアメリカ人から人気を集めます。それから徐々に日用品やお土産としても需要が高まるようになりました。1975年の沖縄海洋博覧会で観光土産品として売り出したのをきっかけに、琉球ガラスの生産額も飛躍的に増加しました。

現在では、原料や技法も改良され製造方法も大きく変化しました。原料は廃瓶ではなく、水あめ状にとかしたガラスに、炭酸水素ナトリウムを混ぜて気泡を再現しています。無数の細かい気泡がつくりだす、やわらかな印象は琉球ガラスの大きな特徴のひとつです。

それでは、琉球ガラス村内、6施設の詳細をみていきましょう!

 

1300度の窯と職人が目の前に。大興奮の「ガラス工房・職人」

「ガラス工房・職人」では、実際に琉球ガラスを作っている現場、熱気あふれる工房内を見学することができます。熟練の職人たちが日々琉球ガラスの制作をしています。
 

工房中央にある1300度の窯と、沖縄県から認定を受けた「沖縄県工芸士」のガラス職人を間近で見らる迫力満点の工房見学はまさかの無料!琉球ガラスの制作工程のすべてをみることができます。
 

夏場になると涼しい場所でも40度を超える暑さなのだとか…。迫力満点の工房はぜひ訪れてほしい必見スポットです。タイミングがよければ、気さくな職人さんたちとお話が楽しめますよ。
 


職人さんと同じ工房で、グラスとお皿作りの体験もできます!

県内屈指の品ぞろえが自慢。工房直営の「ガラスショップ」

琉球ガラス村内の「ガラスショップ」には、工房直営店ならでは限定商品も数多くならんでいます。県内屈指の品ぞろえが自慢のショップ内には、色や形が異なるさまざまな商品がとにかくたくさん。同じものが2つとないことが最大の魅力である、琉球ガラス。どれにしようか思わず迷ってしまいます。ぜひ、自分だけのお気に入りの一品をみつけてみてください。
 

店内では、購入品の全国発送のサービスも行っています。その後の観光に荷物の影響がでることもありません!ガラス商品以外にも、沖縄の民芸品やお菓子のお土産まで取り揃えてあるのでじっくりと見てみてください。


2233枚で描く沖縄の未来「琉球ガラスドーム」

ガラスショップのエントランスホールにあるドームに入ると、カラフルで壮大な板ガラスが登場します。赤を基調とした7色のガラスで構成されていて、なんと総重量16トン、2233枚のガラスが使われているんです!
 

およそ半年の歳月がかけられて完成したこのガラスは、〝伸び行く沖縄の未来〟をイメージし、デザインされています。中央には沖縄の真っ赤な太陽が描かれています。

体験コーナーも!お得なアウトレット品が並ぶ「じゃんがらや」

わけあり商品や数少ない試作品などの他では手に入りにくい超お得な掘り出しものが手に入る、琉球ガラスのアウトレット専門店「じゃんがらや」。ガラスショップでは手に入らない商品も、お手頃な価格で販売されています。
 

ちなみに、ショップ名の「じゃんがら」とは、「ガラスのジャングル」という意味なのだとか!
 

OUTLETのシールは、同時に〝ONLY ONE〟という意味でもあります!日常使いのガラス商品が30~50パーセントオフのお得な価格で手に入ります。手作り感あふれる素敵な商品は、普段使いの自宅用におススメです。

体験コーナーも超充実。世界に一つの琉球ガラスをつくろう!

店内には、琉球ガラスを使った各種体験コーナーも充実しています。アクセサリー作り・フォトフレーム作り・ジェルキャンドル作り・チューブストラップ作り・万華鏡作り・シーサーの色付け、の計6種の体験ができます。

小さな子どもから大人まで、誰でも簡単に楽しめるのが魅力的。沖縄をおとずれた記念にぜひ体験してみてください!

アートとしての琉球ガラス。見学無料「琉球ガラス美術館」

「琉球ガラス美術館」では、琉球ガラスをアート感覚で眺めることができます。伝統工芸の匠から若手作家まで、それぞれの技が光る作品が並びます。
 


こちらの作品は、ベネチアのガラスとのコラボレーション作品です。海外作家とのコラボ作品も展示されていて、普段なかなか見られない作品の展示は館内最大の見どころ。

ゆったりとした空間の中で、職人の心がこもった作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。作品に合わせて、琉球ガラスの歴史が学べる年表や、昔の琉球ガラス作品も展示されていますよ。

小腹がすいたらひと休み。沖縄料理「レストラン ぎやまん館」

ガラスショップ2階にある「レストラン ぎやまん館」。おいしい沖縄料理の定番メニューから、ここでしか味わえないオリジナルの創作料理まで、豊富なメニューが楽しめます。観光の合間のひと休みに、ぴったりなスポットです!


手軽な500円ランチも!ここでしか食べられない創作料理も多数。



店内には、ここでしか食べられないオリジナルの創作メニューも多数あります。中でも、沖縄料理の大定番「沖縄そば」と「タコライス」がコラボした創作料理「タコそば」はおススメです。タコライスと沖縄そばのちゃんぷるー(炒め物)は、なんだかいつもと違う味が面白い!? 琉球ガラスの器で食べる料理は、さらにおいしく感じられます。

言葉と琉球ガラスのコラボレーション。「相田みつを言葉の森」

琉球ガラス村エントランス内の癒し空間「相田みつを言葉の森」。日本を代表する書家・詩人である相田みつをの言葉と琉球ガラスがコラボレーションした作品が展示されています。自分の弱さや甘えをさらけ出し、人間である自分をあるがままに表現する相田みつをの詩と、美しく澄んだ琉球ガラスの相性は抜群です。
 

http://ameblo.jp

琉球ガラス村でしか手に入らない、相田みつをの詩が彫り込まれた「オリジナル手作りガラス」商品は、大切な人へのおくりものにも最適です。はがきやその他グッズも販売されています。

琉球ガラス村へのアクセス

那覇空港から車で約25分。ひめゆりの塔のすぐ近くにあります。広大な海が臨める「喜屋武岬」と、沖縄戦を今に伝える「ひめゆりの塔」「平和祈念公園」の間に位置しています。
無料駐車場もあるので、ぜひご利用ください。

 

 

琉球ガラス村の周辺の観光スポット!

琉球ガラス村のある、沖縄県本島南部にはほかにもぜひ立ち寄ってほしい観光スポットがもりだくさん!厳選してご紹介します。

ひめゆり平和祈念資料館・ひめゆりの塔

・ひめゆり平和祈念資料館

http://kami373.jp

国内唯一の住民を巻き込んだ地上戦である沖縄戦。戦争体験者が年々少なくなっていく中、戦争の悲惨さを元ひめゆり学徒・教師たち227名の体験を通して伝承しています。

・ひめゆりの塔

http://www.odnsym.com

年間約60万人が訪れる「ひめゆり平和祈念資料館」「ひめゆりの塔」は、琉球ガラス村から車で約5分ほどの場所にあります。


ガンガラーの谷

http://nahalcc.jp

数十年前まで鍾乳洞だった場所くずれてできた谷間「ガンガラーの谷」。谷間には、沖縄らしさあふれる亜熱帯の自然がひろがります。東京ドームとほぼ同じ面積もある壮大な自然には、巨大なガジュマルなど沖縄が満喫できる見どころがたくさん!琉球ガラス村から車で約20分の場所にあります。

全長約1キロ・所要時間約1時間20分のガイドツアーが、毎日4回開催されています。ツアー以外での入場はできませんのでご注意ください。前日までの電話予約制ですが、空きがあれば当日の参加も可能です。気軽に参加でき、子供連れの家族にも大人気なこのツアーの詳細は、公式HPをご覧ください。

 

奥武島(おうじま)

http://dream-kobe.jp

琉球ガラス村から車で約30分の場所にある「奥武島(おうじま)」。150メートルほどの橋でつながったこの離島は、美しい海とボリューム満点のてんぷらが有名です。
 

http://toomilog.com

島内には数軒の天ぷら屋がありますが、なかでも島の入口にある「中本鮮魚てんぷら店」は連日長蛇の列を作る大人気店です。奥武島名物であるもずくやアーサを使ったかき揚げ風の天ぷらは絶品。景色も食も文句なしの奥武島。ぜひ立ち寄ってほしい、おススメ必見スポットです!

 

人気観光スポットが多くあつまる沖縄本島南部エリアにある、琉球ガラス村。屋内施設のため、雨天の観光にもおススメの沖縄らしさを存分に味わえる施設です。無料駐車場も併設しています。職人さんの技が光る琉球ガラスも素敵ですが、自ら世界にひとつだけの作品を作ってみてはいかがでしょうか。旅の思い出になることまちがいなしですよ。

 

ページTOPへ

「沖縄南部」周辺の関連記事

このページのTOPへ