横浜・赤レンガ倉庫で初開催「鍋小屋 2016」。4200通りから最高に美味しい鍋を堪能!

  • 7879 |

2016年2月19日(金)から2月28日(日)まで、神奈川県横浜市にある「横浜赤レンガ倉庫」で、「鍋小屋 2016 ~寒い冬は横浜赤レンガ倉庫でホッコリ~」が開催されます。まだまだ寒い時期が続く中での鍋イベントということで、注目を集めそうです。

「鍋小屋 2016」とは?

サブタイトル「寒い冬は横浜赤レンガ倉庫でホッコリ」の通り、「鍋小屋 2016」は、横浜港を臨む観光地・赤レンガ倉庫で寒い時期ならではの体験ができるイベントです。寒い冬だからこそ、暖かい食べ物を食べてほっこり、体の中から暖かくなりましょう。
イベントは「選べる鍋エリア」と「コンセプト鍋エリア」のふたつに分かれています。それぞれご紹介します。

「選べる鍋エリア」の魅力

赤レンガ倉庫内に設営された大型テント「鍋小屋」で、鍋の具材を選んで食べることができます。選べるカテゴリーは、野菜・メイン・出汁と幅広く、具材の組み合わせはなんと約4,200通りにも及ぶというから驚きです。
野菜は、神奈川県産の野菜が4種類、東北産の野菜が6種類の、計10種類から6種類を選べます。
メインは、豚肉「はまぽーく」、おいしすぎる鍋として評判の北海道産の魚「かじか」、白子鍋となる「助宗たら」、北海道知内産の「牡蠣」、「鶏もも肉」の5種類から好みのものを。
さらに出汁も数種類から選ぶことが可能です。

「コンセプト鍋エリア」の魅力

鍋の名店が集結した「コンセプト鍋エリア」は、各店が自慢の鍋料理を提供してくれます。「天然醸造つむぎ味噌の二種豚鍋」は、創業天保三年という茨城県産つむぎ味噌と豚の相性が最高です。また、「ハマのもつ肉店」からは「もつ煮」が登場。1日に500杯の売り上げを記録するという人気鍋が食べられますよ。

そのほか、一品料理も充実しています。岩手県産の蒸し牡蠣や焼きボタンエビ、焼きホタテといった新鮮な海産物メニューも。
ドリンクは、生ビールやハイボール、サワーなど種類が豊富で、中でも注目なのが、岩手県産の「南部美人」という日本酒です。鍋にとても合いますよ。

スポット詳細

名称:鍋小屋 2016  ~寒い冬は横浜赤レンガ倉庫でホッコリ~
所在地:横浜市中区新港1-1
開催期間:2016年2月19日(金)~2月28日(日)
開催時間:12:00~21:30 ※飲食の販売終了時間は21:00
料金:無料(飲食代は別途)
公式サイト:http://www.yokohama-akarenga.jp/event/index#plaza284

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ