【くり山】伝説のラーメン店「大勝軒」と「六厘舎」の味を継承する本格つけ麺の店

  • 699 |

東急東横線白楽駅から徒歩10分。ファミリー通り商店街の中にあるラーメン店「くり山」。看板もなく、「つけめん」とだけ書かれた小さな暖簾だけが目印のお店は、知る人ぞ知るラーメン店として多くの人々から愛されています。

http://itot.jp/14102/108

店主の栗山さんは、つけ麺の名店「東池袋大勝軒」で4年間修業し、さらにその後、埼玉の名店「六厘舎」で3年程修業を行ったという経歴を持つ職人。「大勝軒」閉店の際に譲り受けたという製麺機が、今でも「くり山」で使われています。
大勝軒と六厘舎の中間を目指したというスープは、魚介系のスープと鶏ガラやゲンコツなどを12時間煮込んだ動物形のスープを足し、濃厚でありながら口当たりの良い味に仕上げられました。国産小麦を中心に作られた自家製面はもちもちとした歯に食い込むような食感で、スープとの相性も抜群です。
つけめんは800円(300グラム)、あつもりや大盛りも選べます。チャーシューや味玉、メンマなどのトッピングや持ち帰り用のつけ麺も用意されています。昼と夜でスープの濃厚さに違いがある「中華そば」(700円)も人気メニュー。本来は店の定休日となる火曜日には、シチクロイワシの煮干を使った濃厚なスープが特徴の「煮干醤油蕎麦」(700円)を味わうこともできます(火曜日は通常のつけめんは提供されませんのでご注意ください)。

スポット詳細
名称:くり山
所在地:神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
定休日: 無休
営業時間:月・水~金 11:30~15:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
     土・日・祝 11:30~18:00(L.O)
公式サイト: http://blog.livedoor.jp/jintan01/

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ