昭和のメニューがたまらない。東銀座にある洋食の老舗「レストラン早川」

  • 372 |

「レストラン早川」は、東京・東銀座にある老舗の洋食店です。創業80年ほどのお店で、オムライスやナポリタンなど、流行にとらわれない昔懐かしい味を守り続けています。

http://blogs.yahoo.co.jp/nzm601/30937240.html

昔懐かしい味に舌鼓

銀座4丁目にある古いお店。外観から昭和の懐かしさが漂う「レストラン早川」は、創業80年の老舗です。店内はとても狭く、2人席・4人席・6人席が1つずつのみ。相席になることも珍しいことではありません。
しかし、「レストラン早川」は現在も多くの固定客をもち、人気店の地位をキープしています。その理由は、いまではほとんど食べることのできない、懐かしい味を提供し続けているからです。昭和では定番だった文字情報のみのメニュー表や、陶器や鉄板ではなく銀の皿に乗って登場する料理には、郷愁を感じさせるものがあります。
おすすめメニューは、オムライス700円。外食のオムライスといえば、ライスが半熟のふわふわの卵で包まれているのが一般的ですが、「レストラン早川」のオムライスは、薄い卵に覆われた懐かしい外見。卵の中のケチャップライスには、ハムと玉ねぎが入っています。玉ねぎはみじん切りではなく細切りにされ、ほどよい甘味を感じることができます。
男性には少し物足りない量かもしれませんので、プラス100円で大盛りをオーダーするのもおすすめです。

スポット詳細

名称:レストラン早川
所在地:東京都中央区銀座4-10-7
定休日:日曜・祝日
営業時間:11:30~15:00 18:00~20:00 土曜日は15:00まで

ページTOPへ

「銀座・有楽町」周辺の関連記事

このページのTOPへ