「東京おかしランド」は日本を代表する菓子メーカー3社のアンテナショップ!出来たてを味わおう

  • 465 |

「東京おかしランド」は、日本初のお菓子をテーマとしたアンテナショップです。江崎グリコの「ぐりこ・やKitchen」、森永製菓の「森永のおかしなおかし屋さん」、カルビーの「カルビープラス」の3店舗が集結しています。また、イベントスペースがあり様々なお菓子メーカーの期間限定ショップや、色々な催しが開催されています。

http://blogs.yahoo.co.jp/

作りたてのアーモンドチョコレートが味わえる「ぐりこ・や Kitchen」

「ぐりこ・や Kitchen」はポップな赤色を基調としたショップです。グリコのアンテナショップ「ぐりこ・や」の中にお菓子を作る設備が導入されており、作り立てのアーモンドチョコレートを楽しめます。また、ショップ限定商品や全国の地域限定お菓子も販売されています。1番人気の商品は「コロンの棒」で、カットされていないコロンの長さは約265mmです。お土産で手渡したらきっと驚くに違いありません。

出来たてのポテトチップスが楽しめる「カルビープラス」

カルビーといえば「ポテトチップス」や「じゃがりこ」がお馴染みですよね。「カルビープラス」では、揚げたてのポテトチップスや、ポテりこ、また全国の地域限定商品が販売されています。工場さながらに厨房で製造する過程を見ながらポテトチップスを購入出来ます。カルビーの商品が沢山並んでいて見ているだけでも楽しめますよ。

森永製菓初のアンテナショップ「森永のおかしなおかし屋さん」

「森永のおかしなおかし屋さん」は、チョコボールで有名な森永製菓初のアンテナショップです。店内では、ハイチュウなど森永で定番のお菓子を使用したデモンストレーションが実施されます。森永のロングセラー商品「DARS」を贅沢に使用した「DARSのフォンダンショコラ」はオススメです。電子レンジで10秒ほど温めると中からDARSが溶け出してきます。

「東京おかしランド」の中心部分にイートインスペースがあり、購入してスグに味わえます。また、お菓子の他にオリジナル文具や雑貨も販売されています。ちょっとした東京土産にもピッタリです。カルビー・グリコ・森永製菓と言えば、みんなが知っている会社ですよね。「東京おかしランド」では、いつも食べているお菓子だけではなく、ココでしか買えない商品や体験が用意されています。

スポット詳細
名称:東京おかしランド
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階
定休日:無休
営業時間:9:00~21:00 
公式サイト:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/okashi

ページTOPへ

「東京駅・丸の内」周辺の関連記事

このページのTOPへ