雨天決行が基本!野外のライブ会場「日比谷野外大音楽堂」

  • 1291 |

日比谷野外大音楽堂は1923年7月に完成した野外音楽堂です。キャロルの解散コンサートやキャンディーズの解散宣言がおこなわれた、日本の音楽シーンを支えてきた施設です。通称「野音(やおん)」の名前で親しまれており、アーティストのライブが多くおこなわれています。
都会のオアシス日比谷公園の中にあり、緑に囲まれた会場で音楽を聴くことができるため人気があります。近隣にオフィス街があるので、コンサート会場として使えるのは4月から10月までの土・日・祝日限定となっています。

http://perfectmusicjp.blog61.fc2.com/

日比谷野外大音楽堂の楽しみ方

扇型に設置された座席はステージが見やすく、後方には立ち見席も用意されています。座席数は、椅子席は2,664、立見席450、車いす対応席5席です。会場に入れなくても、外まで音もれで音楽が聞こえてきます。アーティストの姿は見えませんが、チケットが手に入らなかった人には嬉しい会場です。
野外会場ならではのマナーもあります。全席禁煙ですが、飲食は自由です。また雨の日は容赦なく濡れてしまいますが、傘をさすのは禁止。野音のコンサートにいくなら雨合羽は必須アイテムです。

スポット詳細
名称:日比谷野外大音楽堂
住所:千代田区日比谷公園1-3
Tel:03-3591-6388
公式ホームページ:http://hibiya-kokaido.com/

ページTOPへ

「神保町」周辺の関連記事

このページのTOPへ