国内外のファンタスティックアートを取り扱う「青木画廊」!多彩な企画展も定期的に開催!

  • 291 |

東京メトロ「銀座駅」から歩いてすぐのビルの一角にある老舗ギャラリー・「青木画廊」は、国内外の幻想的な作風を持つ作家を多く取り扱うことで知られています。日常の喧騒とはかけ離れた独特な世界にどっぷりと浸ってみませんか。

http://noyakki.blog51.fc2.com/

幻想レアリスム作家を紹介する老舗ギャラリー!

「青木画廊」は、1961年9月1日に銀座の地に開廊。以来、国内外の幻想レアリスム作家が手掛けるファンタスティックアートを主に紹介し、ウィーン幻想派、ドイツや北欧系の作家を多く取り扱っています。
同画廊は、世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を得意とした金子國義や人形作家の四谷シモンをはじめとする数多くの画家が古典を開いたことで知られています。また、「O嬢の物語」などの翻訳を手掛けた澁澤龍彦も訪れた歴史ある画廊です。その50年を超える歴史に浸るのもいいですね。
さらに、同画廊では、バライティに富んだ企画展を定期的に開催。3階の第2展示室「ルフト」はレンタルスペースとして開放し、無名の新人や異色で個性的な作家を積極的に紹介しています。自分を好みの作品を見つけに行くのもいいですね。

スポット詳細
スポット名称:青木画廊
住所:東京都中央区銀座3-5-16 島田ビル2・3F
アクセス:東京メトロ「銀座駅」から徒歩約2分
営業時間:11:00~19:00 ※企画展により異なる場合あり
定休日:不定休
入場料:展示により異なる
公式サイト:http://aokigallery.jp/

ページTOPへ

「銀座・有楽町」周辺の関連記事

このページのTOPへ