物流博物館を見学しよう! 緻密なジオラマにワクワクすること間違いなし!

  • 1481 |

JR・京浜急行「品川駅」から徒歩約7分の場所に建つ「物流博物館」では、江戸時代から昭和までの物流の歴史が紹介されています。資料や模型などが使用され、子供でも分かりやすく学べるのが魅力です。また、クイズやゲーム、体験コーナーもあり、暮らしと産業に欠かせない物流の仕組みを楽しみながら学習できます。

物流に関するありとあらゆる資料が揃う博物館!

1998年に、日本通運株式会社の本社内に設置された「通運史料室」がリニューアルオープンされて生まれた「物流博物館」。所蔵資料は、主に日本通運株式会社が所有している資料。文書史料が約6,000点、美術工芸資料は約200点です。そのほか、実物資料が約1,000点、写真資料約10数万点、映像資料は約200点が収蔵されています。そんな物流博物館は、江戸時代から昭和までの物流の歴史が分かる博物館です。

物流ターミナルのジオラマは必見!

1/150で再現されたジオラマ。トラックターミナル、鉄道貨物ターミナル、港、空港を見渡すことができます。トラックターミナルは、日本通運の中井自動車営業所がモデルになっています。鉄道貨物ターミナルは、東京貨物ターミナル駅が題材になっています。また、港は東京港大井ふ頭、空港は成田空港の貨物地区がモデルになっています。物流の「鍵」になる各地のスポットが一つに収まっています。

体感型の展示も魅力!

天秤棒、米俵を担ぐ体験など、人気なコーナーが盛りだくさん。さらに、現在のシステム化された物流の仕組みを、ゲームやクイズで楽しく学べるのも魅力です。

また、トラックドライバーや貨物列車を操縦する機関士の制服着用体験もあります。ぜひ、お子様と一緒に足を運んでみてください。

割引情報もご紹介!入館料は?

通常料金

  • 大人(高校生以上):150円
  • 65歳以上:100円
  • 小・中学生以下:無料

割引料金

お得に入館する方法をご紹介します。チケット購入サイトasoview!では、大人が50円割引、そしてシニアは20円割引になるチケットが販売されています。事前に購入しておくとお得に楽しめます。

最大50円OFF!物流博物館の割引チケット購入はこちら!

アクセス

最寄り駅は?電車でお越しの場合

  • JR・京急「品川駅」から徒歩約7分
  • 都営地下鉄浅草線「高輪台駅」から徒歩7分

駐車場は?車でお越しの場合

無料の駐車スペースが5台分あります。

ページTOPへ

「品川」周辺の関連記事

このページのTOPへ