本物そっくり!日本独自の技術、食品サンプルづくりに挑戦

  • 1126 |

レストランやそば屋の店頭に並ぶ食品サンプル。
ロウやゴムなどを使い、本物そっくりの質感を再現しています。
実はこれは、日本独自の技術。熟練の職人が作っています。
職人にならなくても、体験で作ることができます。
今回は、冷やし中華、ラーメン、天ぷらづくりを体験しました。

食品サンプルの材料は、ロウやプラスチック。
麺はお湯につけ、やわらかくして丼の中へ。
キュウリや卵、ハムなどは、平たい板をはさみで細かく切っていきます。

天ぷらはお湯の中で衣をつけていくのですが、
なんとなく見た目が油に手を突っ込んでいるような感じがして、ドキドキ。
レタスはロウを伸ばして作りますが、一瞬で魔法のように完成します。

あっという間に美しい料理の完成。
作って楽しい、見て楽しい食品サンプル。
休日のちょっとした遊びにもおすすめの体験です。

■今回体験したのはこちら!

ページTOPへ

このページのTOPへ