学問成就だけじゃない!すべての参拝者にご利益がある「湯島天神」をご紹介

  • 2144 |

東京都文京区にある「湯島天神」は、学問の神様「菅原道真」が祀られている神社です。学問成就のご利益がある神社としても有名で、受験生をはじめ大勢の学生や親が一年中参拝に訪れています。また、学問成就のほかにも病気や金運、開運、縁結びなどのご利益があるパワースポットも点在。ここでは、湯島天神のパワースポットと、そのご利益をご紹介します。

運が開け病は治る!学業成就にとどまらないご利益

http://d.hatena.ne.jp/

湯島天神とは?

東京都文京区湯島にある「湯島天神」は、学問の神様「菅原道真」が祀られている神社です。学問成就の祈願のため、受験シーズンはもちろん、一年を通して多くの学生が訪れています。また、境内にある梅園も見どころのひとつ。約20品種300本もの梅の木が植樹されていて、毎年2月上旬~3月上旬梅まつりが開催されます。一年で特に大勢の観梅者で賑わうお祭りです。

パワースポットとしての湯島天神

東京23区内にある社寺仏閣のほとんどは、天災や戦災に見舞われ場所の移動が強いられてきました。しかし、湯島天神は関東大震災や東京大空襲などの大きな災いから免れ、奇跡的に同じ場所に境内が建ち続けています。そのため、勝運・強運アップのご利益も期待できるパワースポットです。
また、ご利益は学問成就と強運アップだけではありません。湯島天神には、さまざまなご利益があるとされる数ヶ所のパワースポットが点在します。いくつか紹介しましょう。

●撫で牛

手水舎の左右に、石造りの牛の像「撫で牛」があります。自分の体の悪い所と、「撫で牛」の同じ部分を撫でると病気が良くなると言われている像です。

●本殿

本殿は「権現造り」と呼ばれる建築様式で建てられた総檜造りの社殿です。学業と勝運、縁結びのご利益があるとされています。


●戸隠神社

本殿の背後にある「戸隠神社」は、菅原道真公が祀られる前からある湯島天神の地主神です。この地主神様を参拝することで、運が開けると言われています。

湯島天神の文化財・宝物殿

湯島天神に入る正面入り口にある銅製の表鳥居は、1667年に作られた鳥居です。1970年に東京都指定有形文化財に指定されました。また、表鳥居をくぐって右手にある宝物殿には、神輿や絵画などの美術品が展示されています。
 

スポット詳細

名称:湯島天神
所在地:東京都文京区湯島3-30-1
交通:東京メトロ湯島駅3番出口から徒歩約3分、JR御徒町駅北口から徒歩約8分
入場料:境内無料
   【宝物殿】一般500円、高校・大学生300円、小・中学生200円、65才以上300円
開園時間:6:00~19:30(宝物殿は9:00~16:30)
定休日:無休 ※宝物殿は展示替、点検等で休みあり
公式サイトURL:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

ページTOPへ

「上野・御徒町」周辺の関連記事

このページのTOPへ