東京駅 名前の秘密!開業100年目に知りたい命名秘話

  • 655 |

2014年12月20日に開業100周年を迎えた東京駅。
新幹線の発着の起点ともなり、今や東京、日本を代表する玄関口でもありますが、
実は東京の主要駅の中では、かなり新しい駅ともいえるのです。

1872年(明治5年)に新橋~横浜間の鉄道が開通し、
1889年(明治22年)には東海道本線が神戸まで全通。
一方、上野を起点とした東北本線は、1889年に上野~青森間が全通しました。

実は鉄道が日本中に広がった明治時代、東京駅は存在しませんでした。
その後、新橋~上野間の鉄道も建設されることになり、
東京駅が開業したのは、日本に鉄道が開通してから42年もたった、
1914年(大正3年)のことでした。

駅名については、「中央停車場」とするという意見と、
「東京駅」とするという意見で分かれました。
他の駅も東京にある駅なのに、
この駅だけが「東京駅」と名乗るのはおかしい!という主張だとか…。
結局、駅名が正式に決まったのは、なんと開業の2週間前でした。

今や一大ビジネス街となった丸の内も、当時はなにもない原っぱでした。
立ち並ぶビルを見ていると、なんだか信じられませんね。

100周年記念グッズや最新のショップなどもある東京駅は、
休日のお出かけにもおすすめのスポットです。

 

ページTOPへ

「東京駅・丸の内」周辺の関連記事

このページのTOPへ