池の周りを散策しよう!数百年の歴史を誇る「旧安田庭園」

  • 555 |

東京・墨田区にある「旧安田庭園」は、数百年の歴史を誇る庭園です。川の水を引いた汐入回遊式庭園は、現在では数少ない仕組みとなっています。

https://ja.wikipedia.org/

旧安田庭園の「歴史」

「旧安田庭園」は、年号が「元禄」のとき(1688~1703)に建てられたといわれています。庭園内にある「心学池」は、隅田川の水を引いていました。現在は、隅田川の汚染に伴い直接の接続は停止されています。庭園は、明治22年に安田財閥・安田善次郎が所有し、大正11年に東京に寄与されました。しかし、翌年の関東大震災によりほとんどが焼失してしまいました。現在ある庭園は、昭和2年に復元されたものです。

旧安田庭園の「見どころ」

自然豊かな旧安田庭園の一番の見どころは「心学池」です。人工的に作り出された潮入の池には、たくさんの鯉やカメが泳いでいます。時間で池の水位が変化するので、満潮時・干潮時の池の様子を楽しむことができます。池のほとりにある灯篭と魚たちが作り出す景色が魅力的です。
池の周りには橋や散策路があり、歩きながら庭園を楽しむことができます。

スポット情報

名称:旧安田庭園
住所:東京都墨田区横綱1-12-1
開園時間:9:00~16:00(6月~9月は9:00~18:00) 
定休日:12月29日~1月1日
料金:無料
交通案内:JR総武線両国駅より徒歩約5分
     都営地下鉄大江戸線両国駅より徒歩約7分

ページTOPへ

「両国」周辺の関連記事

このページのTOPへ