【林試の森公園】樹齢100年を超える巨樹に出会える都立公園

  • 686 |

「林試の森公園(りんしのもりこうえん)」は、目黒区にある都立公園です。東京都北区にあった農商務省林野整理局樹木試験所の木々を植樹し、1900年に「目黒試験苗圃」が設置されたのが公園の始まりです。当時の広さは45000坪でした。敷地は1978年まで林業試験場として利用されましたが、林業試験場はその後つくば市へ移転。跡地は東京都へ払下げとなり、1989年に「都立林試の森公園」として開園しました。

http://saendon.blog.so-net.ne.jp/

現在の面積はおよそ36000坪。林業試験場として使われていた当時の木々がそのまま残されていて、ケヤキ、クスノキ、プラタナス、ポプラ、スズカケノキなどの巨木を見ることができます。園内で最も太い木ケヤキは、幹周が3.82m。最も長いポプラの木はなんと35.5mです。園内にはそのほかにも外国産樹木や珍しい木などが植えられており、木にはそれぞれ解説プレートも付けられています。
芝生広場や、5月から10月まで利用できるデイキャンプ場、夏休みには水遊びが出来るジャブジャブ池も人気です。
電車を利用する場合は東急目黒線・地下鉄三田線・地下鉄南北線「武蔵小山」駅より徒歩約10分。バスを利用する場合は渋谷駅・恵比寿駅・五反田駅などから東急バス渋72系統に乗り「林試の森入口」で下車となります。

スポット詳細
名称:林試の森公園
所在地:東京都品川区小山台二
公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index003.html

ページTOPへ

「品川」周辺の関連記事

このページのTOPへ