東京「杉野学園衣裳博物館」は日本初の衣装博物館!国内外の様々な衣装を鑑賞しよう!

  • 260 |

日本初の衣装博物館として知られる「杉野学園衣裳博物館」は目黒駅から徒歩約7分のところにあります。ここでは西洋衣装を中心に、様々な国の民族衣装やスタイル画を所蔵・展示しており、服飾文化の知識を深めることができます。

http://blogs.yahoo.co.jp/

日本初の衣装をテーマにした博物館!

1957年杉野学園の創設者・杉野芳子によって設立された「杉野学園衣裳博物館」は日本で最初の衣裳博物館です。ファッションデザイナーでもある杉野芳子が夫の繁一と欧米各国を訪れた際に収集した西洋衣装を軸に、日本の着物や女房装束、東アジアや中南米の民族衣装、ファッション・スタイル画など約1400点が収蔵・展示されています。そのほかにも、日本のマネキンの歴史的変遷が学べる1950~70年代の楮製紙製のマネキンを所蔵。さらに、毎年新しいテーマで企画展も開催されています。奥深い服飾の世界を楽しんでみては。

 

スポット詳細
スポット名:杉野学園衣裳博物館
住所:東京都品川区上大崎4-6-19
アクセス:目黒駅から徒歩約7分
開館時間:10:00~16:00
閉館日:日曜、祝日、大学の休業日
入場料:一般300円、高校生250円、小・中学生200円
公式サイト:http://www.costumemuseum.jp/

ページTOPへ

「目黒」周辺の関連記事

このページのTOPへ