東京にある「日本民藝館」では国内外の工芸品・民藝品を多数展示!本館・西館ともにお見逃しなく

  • 332 |

「日本民藝館」は、東京都目黒区駒場の閑静な住宅街の中にある民藝品専門の美術館です。こちらの美術館では、日本や朝鮮の陶磁器や染織、木漆、絵画などさまざまな種類の工芸品が所蔵・展示されています。今回は、そんな日本民藝館の魅力をご紹介しましょう。

http://nihon-mingeikyoukai.sblo.jp/

古今東西のありとあらゆる民芸品を所蔵・展示する博物館

「民藝品」とは、民衆が日常的に用いた工芸品のことです。「日本民藝館」は、民藝品の美しさに注目した宗教学者「柳宗悦」が1936年に創立されました。
所蔵品総数は約17,000点。そのほとんどは、柳宗悦の審美眼に通されて集められたものです。中でも、朝鮮時代の陶磁器・木工・絵画や、日本の古陶磁、東北地方の衣裳、アイヌ衣裳、沖縄の陶器や染織品、英国の古陶スリップウェアなどは、国内外で高い評価を受けています。そのほか、1926年の民藝運動に参加したバーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、芹沢銈介、棟方志功ら工芸作家の作品も充実。魅力的な民藝品をたっぷり堪能できます。

建築物も工芸品の一部!心地よい時間を過ごせる

「日本民藝館」は、「本館」と本館前にある「西館」で構成されています。本館は、創設当時に竣工された建物部分の「旧館」と、旧大広間に建て替えられた「新館」で構成された建物です。
「西館」は、旧柳宗悦邸です。栃木県から移築された石屋根の長屋門と母屋からなっています。柳宗悦の身辺の品や、アルバム写真、自筆原稿、出版物などの資料を展示されているエリアです。なお、「西館」の公開日は展覧会開催中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜のみですので、ご注意ください。

スポット詳細
スポット名:日本民藝館
住所:東京都目黒区駒場4-3-33 
アクセス:京王「井の頭線駒場東大前駅」西口から徒歩7分
営業時間:本館/10:00~17:00(最終入館16:30)
       西館/10:00~16:30(最終入館16:00)
       ※西館は展覧会開催中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜のみ開放
定休日:本館/月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替え期間、年末年始
     西館は展覧会開催中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜以外が定休日
料金:本館入館料/大人1,100円、高・大学生600円、小・中学生200円
公式サイト:http://www.mingeikan.or.jp/

ページTOPへ

「下北沢・明大前・駒場」周辺の関連記事

このページのTOPへ