「大田区立龍子記念館」で日本画の巨匠、川端龍子の作品を堪能!

  • 254 |

東京都大田区にある「龍子記念館」大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した女流画家、川端龍子の作品を展示する記念館です。1885年に和歌山に生まれた川端龍子は、もともと洋画家を目指していましたがボストン美術館で見た《平治物語絵巻 三条殿夜討(ようち)巻》に感銘を受け、日本画家への転向を決意。奇抜な発想と躍動感あふれる画風は高い評価を受け日本画壇で活躍します。

http://blogs.yahoo.co.jp/

 

独創的な世界観を楽しもう!「大田区立龍子記念館」

記念館にはこの龍子の活躍を大正初期から戦後にかけて概観できる120点が所蔵されています。文化勲章受章と喜寿を記念して、自らの発想と設計によって作った記念館では、それらの所蔵作品をテーマによって入れ替えながら展示しています。収蔵品の中には縦242.4メートル×横727.2メートルの大作「龍子垣」など、たいへんスケールの大きな作品も見られるのが特徴です。

大田区立龍子記念館へのアクセス

最寄駅は都営地下鉄・浅草線 西馬込駅。南口より南馬込桜並木を通り徒歩15分程で到着します。バスを利用する場合はJR大森駅山王口より東急バス4番「荏原町駅入り口行」に乗り「臼田坂下」にて下車、徒歩2分です。隣地には生前、画家が過ごした旧宅と制作で使われた画室庭園も、龍子公園として画家が生きていた当時のままに保存され、記念館と合わせてみることができます。

スポット詳細
名称: 大田区立龍子記念館
所在地:東京都大田区中央4-2-1
定休日:月曜(祝日の場合翌日)。年末年始。展示替え期間
営業時間:9:00~16:30 最終入館16:00
料金:入館料 大人(16歳以上) 200円 小学生・中学生 100円
   6歳未満及び65歳以上(要証明書提示)無料
公式サイト:http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/ryushi/tabid/218/Default.aspx

ページTOPへ

「大森・大井町」周辺の関連記事

このページのTOPへ