所蔵数は約5,000点!国宝・源氏物語絵巻や紫式部日記絵巻などもある東京の「五島美術館」

  • 280 |

東京都世田谷区上野毛(かみのげ)の閑静な高級住宅街の中にある「五島美術館(ごとうびじゅつかん)」は、東急電鉄の元社長・五島慶太氏の美術コレクションを保存・展示するために創設された私立美術館です。国宝「源氏物語絵巻」を所蔵することでも知られています。

http://blog.goo.ne.jp/

国宝「源氏物語絵巻」と「紫式部日記絵巻」を所蔵する私立美術館

東京・上野毛にある「五島美術館」は、東京急行電鉄を中心に京浜急行電鉄や小田急電鉄、京王電鉄の出資により1960年に開館されました。敷地面積は約6,000坪。東急電鉄の元社長・五島慶太氏が所持していた美術コレクションの保存・展示が行われています。コレクションは五島慶太が戦前から戦後にかけてした収集した日本と東洋の古美術品を軸に構成。開館後も福井貞憲に所蔵されていた刀剣や五島家旧蔵の近代日本画、宇野雪村の文房具類など貴重なコレクションが蒐集され、現在は国宝5件と重要文化財50件を含む約5,000件の所蔵品総数を誇ります。
国宝に指定されている源氏物語絵巻と紫式部日記絵巻が所蔵されていることでも有名です。源氏物語絵巻は春、紫式部日記絵巻は秋の名品展で毎年公開されており、多くの人が訪れます。

広大な庭は散策にも最適!四季折々の風景が楽しめる

五島美術館は歌舞伎座復興などを手がけた芸術院会員・吉田五十八によって設計されました。平安時代の代表的な建築様式・寝殿造の趣向を外観や細部に取り入れられているのが特徴です。近代建築史における貴重な建造物として注目され、1961には第二回建築業協会賞を受賞。ゆったりとした和の空間が楽しめます。

さらに敷地内にある庭園には、東京都指定天然記念物である「上野毛のコブシ」やツツジ、枝垂桜などがあり季節ごとに違う風景が楽しめます。ゆったりと散策してみてください。

スポット詳細
スポット名:五島美術館
住所:東京都世田谷区上野毛3-9-25
アクセス:東急電鉄「上野毛駅」から徒歩約5分 
開館時間:10:00~17:00 ※最終入館は16:30
休館日:毎月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替期間、夏期整備期間、年末年始
入館料:一般1,000円/高・大学生700円/中学生以下無料 ※特別展は別途
公式サイト:http://www.gotoh-museum.or.jp/

ページTOPへ

「二子玉川」周辺の関連記事

このページのTOPへ