長谷川町子が愛した美術品やサザエさんの原画が鑑賞できる「長谷川町子美術館」

  • 189 |

 東急電鉄「桜新町駅」西口から、サザエさん通りを直進すること約10分。住宅街の中にあるひときわ目立つ赤煉瓦の建物が「長谷川町子美術館」です。漫画・サザエさんの作者である長谷川町子と、姉の毬子が共に収集した美術品を収蔵しています。また、サザエさんの原画なども展示しており、多くのファンが訪れます。

http://blog.livedoor.jp/

漫画家・長谷川町子と、姉の毬子が収集した美術品が鑑賞できる!

「長谷川町子美術館」は1985年に「長谷川美術館」としてオープン。長谷川町子没後に、「長谷川町子美術館」に改名されました。
ここでは、人気漫画・サザエさんの作者・長谷川町子及び姉の毬子が収集した美術品を収蔵、展示。純粋に好きな作品を購入する方法で集められた蒐集作品の種類は日本画・洋画・ガラス・陶芸・彫塑など多岐に渡ります。
また、定期的に収蔵コレクション展を開催。テーマに沿った作品を、作家名やジャンルにとらわれることなく自由な発想で展示しています。

2階の町子コーナーではサザエさんやいじわるばあさんの原画を展示!

ファンの1番のお目当ては、2階の一角にある町子コーナー。国民的漫画・サザエさんを筆頭に、いじわるばあさんやエプロンおばさんなどの原画や、長谷川町子が手がけた陶芸や水彩などの作品も鑑賞できます。また、毎年夏には全館をあげて「アニメサザエさん展」開催しており、サザエさんの原画とアニメの世界が堪能できるイベントとして多くの人に人気です。

美術館周辺には、「サザエさんカフェ」や「サザエさん公園」など、サザエさんにまつわるスポットが点在しています。サザエさんの世界観に浸りながらゆっくりと散策してみるのも楽しいですよ。

スポット詳細
スポット名:長谷川町子美術館
住所:東京都世田谷区桜新町1-30-6
アクセス:東急電鉄「桜新町駅」西口から徒歩約7分
開館時間:10:00~17:30 ※入館締切17:00
閉館日:月曜日(祝日の場合、その翌日)、展示替期間、年末年始 ※詳しい日程は公式サイトに記載
入館料:一般600円、大高生500円、中小生400円
公式サイト:http://www.hasegawamachiko.jp/

 

ページTOPへ

「三軒茶屋・駒沢・池尻」周辺の関連記事

このページのTOPへ