asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

シュノーケルの使い方 初めてでも安心な3つのポイント

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

シュノーケルを活用すると、息を続けながら海の中をゆっくりと眺めることができます。慣れてくるとそのまま海中に潜ることも可能です。簡単な使い方を覚えることで、海の中を楽に自由に泳げるシュノーケル。ここでは、基本的な使い方をご説明します。

シュノーケルの基本的な装着方法をおさえよう

PIXTA

シュノーケルは正しく身に付けることが大切ですので、まずはその装着方法をおさえておきましょう。

装着前、曇り止め効果を得るために内側に曇り止めを塗りますが、唾液でも代用できます。曇り止め(もしくは唾液)をつけてから手でのばし、海水でさっとゆすいでおきましょう。

マスクの装着時は、ストラップを頭にセットし、マスクをおでこにのせます。この時、バンドの大きさが合わない場合はサイズを調整しましょう。その後、髪の毛(前髪)が入らないように気をつけながら顔の方にマスクをおろしていきます。顔に押し当てると、マスクが吸い付くような感覚を得られるはずです。この吸い付く感覚があれば、マスクのサイズがぴったりで、うまく装着できている証拠です。

水中では強く早く息を吐き、ゆっくり少しずつ吸う

シュノーケルは鼻で呼吸ができず口だけを使うため、慣れないと違和感を持つ方もいるかと思います。まずは、潜る前に地上でシュノーケルを使った呼吸を練習しましょう。

シュノーケルの呼吸方法の基本は、「強く早く息を吐き、ゆっくり少しずつ吸う」です。吐く時は海水をシュノーケルの外に吐き出すつもりで強く、吸う時は海水を誤って吸い込まないようにゆっくり少しずつ、と意識しましょう。

シュノーケル内に水が入ってきた時は強く息を吐き出そう

水の中で姿勢を崩してシュノーケルの中に水が入ってきてしまうと、シュノーケルの中が海水で満たされて呼吸ができなくなってしまいます。その時は「シュノーケルクリア」と呼ばれる、水を外に吹き出す動作を行います。

やり方は簡単です。シュノーケルの先端が水の上に出ている状態で、強く息を吐き、シュノーケル内の水を外に吹き出すだけです。これができれば、再びシュノーケルを使って呼吸をすることができるようになります。この技を身につけられれば、シュノーケルをくわえたまま潜水をした後もすぐにシュノーケルでの呼吸を回復することができます。慣れないうちは、浅瀬やボートの近くなどの失敗しても安心なところで練習を重ねると、万が一失敗しても安心です。

シュノーケルクリア、ぜひ習得しましょう。