画家・宮本三郎の作品を収蔵する「世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館」をご紹介

  • 192 |

東京都世田谷区奥沢に開館した「世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館」。昭和画壇を代表する画家、宮本三郎が生前1935年から1974年の亡くなる年まで、長きにわたって制作の拠点としたその地に建てられました。頻繁に展覧会が開催され、画家、宮本三郎の作品に触れることができます

http://blogs.yahoo.co.jp/

宮本三郎の作品およそ4000点を収蔵。企画展も開催されます。

世田谷区は1998年に、ご遺族よりデッサンを含むおよそ4000点近くの作品と10000冊を超える蔵書、そして生前居住した土地の寄贈を受けました。宮本三郎記念美術館はこの土地に、受贈した作品の展示施設として建てられた美術館です。建物は鉄筋コンクリート造の2階建てとなっており、1階には講座室、2階に展示室が作られています。作品の展覧会と合わせて、1階講座室ではさまざまなイベントやワークショップを開催。2階展示室では宮本三郎の作品を中心に、世田谷区にゆかりの深い作家たちの作品を飾る企画展も開催されています。
2007年にはボランティアによる組織「宮本三郎記念美術館と地域の会」も作られ、講演会や映画上映会、コンサートなどの催しも行われる人気のスポットです。

宮本三郎記念美術館へのアクセス

最寄駅は東急大井町線・東横線 「自由が丘」駅。駅より徒歩7分ほどです。東急大井町線 「九品仏」駅も徒歩圏です。バスを利用する場合は東急バス(園02) または渋谷駅発の東急バス(渋11) に乗り「奥沢六丁目」 を下車、徒歩1分です。

スポット詳細
名称:世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 
所在地:東京都世田谷区奥沢5-38-13
定休日: 月曜日(休日にあたるときはその翌日)、年末年始、展示替期間
営業時間:10:00~18:00 入館は閉館30分前まで。
公式サイト:http://www.miyamotosaburo-annex.jp/
 

ページTOPへ

「三軒茶屋・駒沢・池尻」周辺の関連記事

このページのTOPへ