画家、清川泰次のアトリエ「世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー」をご紹介

  • 163 |

世田谷区にある「清川泰次記念ギャラリー」は、画家、清川泰次の自宅兼アトリエを使って作られました。成城の閑静な住宅街に作られたギャラリーでは、清川氏が切り開いた抽象表現の世界感を堪能することができます。

http://cherrybs.exblog.jp/

洋画家であり、立体作家としても知られる清川泰次が世田谷にアトリエを構えたのは戦後間もない1947年。以来、亡くなるまで明快な線と色彩による美しい抽象絵画や、素材感を生かした立体やテキスタイルなどの様々な作品を作り続けました。
自宅兼アトリエは、自らの財産を芸術と文化の振興に役立てたいという生前の画家の遺志に基づいて、多数の作品とともに遺族より世田谷区へ寄託。区はこれを世田谷美術館分館として整備し、一部改築の後2003年に記念ギャラリーとして公開しました。
記念ギャラリーでは、清川泰次の作品を紹介する企画展示を年3回開催するほか、区民ギャラリーも併設し、一般の創作活動の発表の場としても利用されています。
アクセス時間は、小田急線成城学園前駅南口より徒歩3分。ミュージアムショップでは、作品のポストカードなどと共に、清川泰次デザインによるコップやカフスボタンなどの購入も出来ます。

スポット詳細
名称:世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
所在地:東京都 世田谷区 成城2-22-17
営業時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休日:毎週月曜日(休日の場合はその翌日)/展示替期間/年末年始
料金:一般200円、高校・大学生150円、小・中学生・65歳以上100円 
小・中学生は、土・日・休日は無料
公式サイト:http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1264/d00004193.html
 

ページTOPへ

「三軒茶屋・駒沢・池尻」周辺の関連記事

このページのTOPへ